【詳細解説】クリケットベッティングの賭けの対象・オッズの種類などについて

多くのブックメーカーで「クリケット」に賭けることが可能です。

私たちの住む日本では、今のところクリケットの知名度は高いとは言えませんが・・・

英国・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカでは、夏に注目されるスポーツのひとつ!

また、インド・パキスタン・スリランカ・バングラディッシュなどでは、国民的スポーツとも呼べるものです。

そこで今回は、クリケットのルール概要・ブックメーカーでのクリケットベッティングの詳細(賭けられるリーグ・大会・オッズの種類など)をわかりやすく解説しています。

参考にしていただければ幸いです!

「クリケット」とは一体どんなスポーツ?

クリケットとはどんなスポーツか?

日本では知名度が低いものの・・・世界の多くの国でクリケットはプレーされ、非常に人気のあるスポーツです。

特にインドでは、国民全員がプレーできるとされるほどにクリケットの普及率が高く、インドのプロリーグのプレミアリーグ(IPL)はクリケット界の最高峰リーグと称されています。

そもそもクリケットの起源はイギリスで、昔は上流階級の社交の場としての側面がありました。

そのことから別名「紳士のスポーツ」と呼ばれます。

一試合のプレー時間がとても長いスポーツ(伝統的な試合形式の場合、最長5日!1日ごとに時間を区切りって対戦)で、社交的側面の名残として試合中にランチタイム・ティータイムが現在も設けられており、その時間中は選手も審判も談笑を交わします。

クリケットのルールの概要について

もしもあなたがクリケットについて全然知らないなら、最初に以下のポイントをおさえると理解がぐんぐん進みます。

・1チーム11人で2チームが勝敗を争う球技
・大きな丸い球技場でプレー
・攻守は交代制。片方のチームが攻撃(点を得る側)で、片方が守る(点を阻止する側)
・コイントスで先攻・後攻を決める
・攻撃側が全員アウト、もしくは守備側が規定の投球数に達すると攻守交替(ただし、試合形式により対応が異なるので注意)
・より多くスコアを取ったほうが勝ち

簡単にクリケットの競技としての全体像を示してみました。

クリケットの全体の流れは、野球に似ていると思います。

片方が投げ、片方が打つ・・・交代は規定のタイミングで攻守交代します。

ただし、野球と同じように9回までイニングが続くわけではありません。

クリケットは、長い試合形式で2回の表裏までです。

しかし、短いものなら1回の表裏で終わります。

・・・それでも数時間~1日、もしくはそれ以上かかります。

これは、攻守交替のルールが野球と全く違うためです。

攻守交替のタイミングの違い・試合形式

クリケットの攻守交替は、打者全員がアウトになったら攻守が入れ替わります。

打者は2人ペアでフィールドに出るため、11人中10人がアウトになるともうペアとなれないために交換となります。

つまり、10アウトが基本的な攻守交代のタイミングとなります。

投手側にもルールがあり、投手は6球ごとに次の投手と交代となります(6球=1オーバー)。

オーバー数の制限の有無で試合形式が分かれています。

例えば、ワールドカップでの採用形式は50オーバー(50×6=300球)制、つまり300球に達した時点で打者側が10アウトになっていなくても攻守交替となります。

一方、伝統的なテストマッチにはオーバー制限がありません。

なので10アウトになるまで片方の攻撃(得点チャンス)が続きますので、300対0点なんて酷い点差の状況も珍しくありません。

クリケットの主な試合形式は、次の3つが挙げられます。

ワンデイ・インターナショナル(ODI)

ワールドカップなど国際大会での採用ルール。

50オーバー(6×50=300球)の1イニング制。

ちなみに1試合は数時間~半日程度。

テストマッチ(Test Match)
伝統的な国別対抗戦のルール。

球数無制限の2イニング制。

ちなみに、1試合が最長5日間。

トゥエンティトゥエンティ(Twenty20)
短時間で決着がつくIPLなどで採用されている形式。

20オーバー(6×20=120球)の1イニング制。

ちなみに1試合は数時間。

試合の流れについて

上で説明した試合形式を理解しておけば、具体的にどう試合が進行するか?どんな行為が得点になるか?どんな行為がアウトになるか?をしっかり把握すれば、十分にクリケットの観戦・クリケットベッティングを楽しめるでしょう。

クリケットのルールは非常に細かいため、今回は最も重要なピッチ周辺部分のことに絞って解説しています。

・フィールド中央の縦長のエリアは「ピッチ」
・ピッチの両端にはウィケット(Wicket)と呼ばれる杭が刺さっている

・ウィケットの前に打者が1人ずつ、ピッチに2人が立つ(バッツマンという)
・第1打者がストライカー、第2打者がノンストライカーと呼ばれる
・ボウラーは片方のウィケット側に立ち、ストライカー側にボールを投げる
・第1打者がアウトでピッチを去ると、第2打者がストライカーになり、第3打者がノンストライカーになる
・ボウラーは6球投げて次のボウラーに交代する

ボウラーの目的は、打者からアウトを取ることです。

バッツマンがアウトになる10通りのパターンがあり、主に「直接ウィケットをボウラーの投げたボールで倒す」「守備がバッツマンが打ったボールをノーバウンドでキャッチ」「バッツマンが打ったボールが送球でフォールダー(捕手)に戻され、ウィケットを倒す」など。

つまり、ボウラーの直接的な一番の目的は、ボールを投げてウィケットを倒すこと。

一方、バッツマンはウィケットを倒されないよう防ぎながら得点するのが目的です。

ボウラーの投げたボールがウィケットに当たらないよう、バットで防ぐもしくは打ち返します。

打ち返した球が遠くまで転がったときが得点のチャンス!

もう1人のバッツマン・ウィケット間を往復します。

お互いが反対のウィケットまで走ると1点、往復なら2点、さらに反対へ走ると3点・・・と言う感じで加算されていきます。

返球の具合を見て、その時の判断でアウトにならないように止まります。

打ち返した球をバウンダリー(フィールドの境界)を越えて飛ばすと6点、ゴロで越えると4点。

クリケットはフィールドの360度どこへ飛んでも有効打、野球みたいなファールの概念がないんです。

ウィケットを守り続けてアウトにならない限り、見送りの回数は自由です。

打球の距離に対してあなたが走るか否かは、2人のバッツマンの判断次第です。

ブックメーカーで賭けられるクリケットの主なリーグ・大会

ブックメーカーで賭けられるクリケットのリーグや大会

冒頭で挙げたイギリス・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ・インド・パキスタン・バングラディッシュなどで開催されるリーグ戦およびカップ戦、国際大会にも賭けることができます。

具体的な例を挙げるなら・・・イギリスのイングランドとウェールズのチームによるリーグ戦のトゥエンティ・トゥエンティ・ブラスト(T20 Blast)、カウンティ・チャンピオンシップ(County Championship)の1部・2部リーグ、カップ戦のワンデイ・カップ(One Day Cup)、インドのプレミアリーグ(India Premier League)、ランジ・トロフィー(Ranji Trophy)、オーストラリアのビッグ・バッシュ・リーグ(Big Bash League)、ワンデイ・カップ、シェフィールド・シールドなどです。

国際大会は、ICCクリケットワールドカップICCチャンピオンズトロフィーICCワールドトゥエンティ20、イギリスとオーストラリアの代表チームによる対戦のジ・アッシズ(The Ashes)、他の国別のテストマッチ(伝統的な国別対抗戦)も、もちろん賭けの対象です。

ブックメーカー提供のクリケットの主なオッズについて

クリケットのベッティングオッズも他のスポーツと同じく「リーグ・大会全体が対象」「試合ごとが対象」「インプレーオッズ(試合中の賭け)」3つに分けられます。

国別対抗戦のテストマッチは専用の賭け方があります。

リーグ戦・大会全体が対象のオッズについて

リーグ・大会全体が予想対象となる場合、他のスポーツと同じく優勝予想が一般的です。

あなたが賭けたチームがもしも優勝すれば、賭けた時点のオッズできっちりと払戻しを受け取ることができます。

カップ戦・国際大会なら決勝に進む2チームを予想するザ・ファイナリスト(The Finalists)もあります。

リーグ・大会全体が対象のタイプの賭けの場合、個人単位のオッズもあります。

シーズン最多得点のバッツマン予想・1試合における最多得点者予想も同様にあります。

【大会全体が対象のオッズ例】

ICCチャンピオンズトロフィーの大会全体を対象とするオッズ例が以下になります。

To Win Outright
優勝予想。

Group Betting
グループステージの各グループの1位予想。

Top Batsman
大会全体で一番成績が良かったバッツマン予想。

Top Bowler
大会全体で一番成績が良かったボウラー予想。

Top Team Batsman
チームごとの一番成績が良かったバッツマン予想。

Top Team Bowler
チームごとの一番成績が良かったボウラー予想。

Name the Finalists
決勝の対戦カード(2チームの組み合わせ)予想。

Team with Highest Innings Score
1イニングで一番多く得点するチームの予想。

Player of the Tournament
大会の最優秀選手予想。

To Reach the Final
決勝に進むか?Yes・Noの2択で予想。

大会全体に対する賭けで、William Hillには「敗退ステージ」オッズもあります。

ブックメーカーで賭けられるクリケットのオッズの種類2

チームの成績(どの時点で大会から敗退するか?)を予想するもので、グループステージ敗退・準決勝敗退・準優勝・優勝などの選択肢があります。(優勝の選択肢を選ぶことは、実質的に優勝予想オッズと同じ)

シリーズ対象のオッズについて

国別対抗戦のテストマッチは、1試合がなんと最長5日間かかる最もクリケットの伝統的な試合形式で行われます。

クリケットのテストマッチは、1つの対戦カードが1~2週間おきに数試合行われ(例を挙げるなら、イングランド代表vsオーストラリア代表のThe Ashesは5試合)、この期間のことをシリーズと呼びます。

シリーズとは、通算成績が何勝何敗かを予想するオッズ(例えばThe Ashesならイングランド3勝・オーストラリア2勝の3-2に賭けるなど)、最多得点バッツマンの予想などがあります。

各試合ごとのオッズについて

試合ごとのオッズの対象は、勝敗・スコア・選手の成績が分けられています。

多様な賭け方があり、中でも勝敗の基本的な賭けは、勝つか負けるかの2択予想です。

スコアに関しては、合計得点を予想する・チーム単位で予想する・イニング単位で予想するなどがあります。

「試合中に100点を超えるか?(Century To Be Scored?)」なんてオッズもあり、スポーツの中でもスコアが動きやすいクリケットならではの賭け方です。

【各試合ごとに賭けられるオッズ例】

To Win the Match
どちらのチームが勝つかを予想する2択。

To Win the Toss
試合前に先攻・後攻を決めるコイントスにどちらのチームが勝つか予想。

Top Team Batsman
チームごとの最多得点バッツマン予想。

Top Team Bowler
チームごとの一番成績が良かった予想(アウトを取った)

Player Performance
プレイヤーごとの得点数を予想。

Man of the Match
名前どおりマンオブザマッチに選ばれる選手を予想。

Total Runs in Match
ブックメーカー側が設定した数値を試合中の両チーム合計の総得点数が上回るか下回るかの2択で予想。

1st Innings Score
第1イニングの得点数を予想。

1st Over Total Runs
第1オーバー(1人目のボウラー投球時)に動く得点数を予想。

Highest Individual Score
設定された数値を最も得点する打者の得点数が上回るか下回るかの2択で予想。

Race to Ten Runs
どのバッツマンが最初に10得点するかを予想。

Match Handicap
ウィケット数・ラン数(得点数)の両方にハンディキャップをあらかじめ設定、そのハンデを試合終了時の成績に足し引きして勝敗を決める賭け。

Highest Opening Partnership
どちらのチームの最初のバッツマンが多く得点するかを予想。(引分けもある3択)

ブックメーカーでできるクリケットへの賭けに関するまとめ

世界的に人気があるスポーツのクリケットは、ブックメーカーでのオッズの取扱いも豊富です。

ワールドカップなどの国際大会、IPLやT20ブラスト、ビックバッシュなどの各国リーグ戦、クリケットの賭けの対象はたくさんあります。

また、一試合あたりの競技時間が長いクリケットは、特にインプレーベッティングでは、「現ボウラー中に打者が何点取るか?」などのわずか数分ほどで決着がついて払戻される賭けが何度も長時間楽しめることが魅力となっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*