ブックメーカー「バスケットボールベッティング」のオッズや賭けの対象について

バスケットボールベッティングというのは、とても多くのファンから世界中で愛されています。ブックメーカーというのは世界各国のバスケットリーグや大会を、賭けの対象にしていますので、様々なオッズに賭けて楽しむことができます。

そこで今回は、バスケットボールのオッズについてお話をしていきたいと思います。オッズの種類や賭けの対象となるリーグや大会について、参考にしてみてくださいね。

ブックメーカーで賭けられる主なリーグや大会

バスケットボールの賭けの対象例

賭けの対象となる試合は「リーグ戦」と「国際大会」の2種類となります。

各国のプロリーグを紹介!

やはりバスケットと言ったら北米のNBA(National Basketball Association)ですよね。NBAはほぼすべてのブックメーカーが賭けの対象にしています。

それから、ヨーロッパ各国で開催されるプロリーグにも賭けることが可能です。具体的に紹介すると・・・

スペイン(リーガACB)、イタリア(セリエA)、ドイツ(ブンデスリーガ)、フランス(LNB)、オランダ(エールディビジ)、ギリシャ(A1エスニキ)、オーストリア(ABL)、スウェーデン(バスケットリガン)、ポルトガル(LCB)、ウクライナ(スーパーリーグ)、デンマーク(バスケットリガエン)、トルコ(BSL)、イスラエル(プレミアリーグ)、クロアチア(A1リーガ)、ベルギー(BLB)、リトアニア(LTL)、スイス(LNB)、ラトビア(LBL)そして、ロシアをはじめ旧ソ連圏の国のチームによるVTBユナイテッドリーグなど。(他にもありますが、ブックメーカーによって取扱いは異なります)

その他の地域で言えば、オーストラリアとニュージーランドによるNBL、フィリピン(PBA)、韓国(KBL)、そして、日本のBリーグも対象となっています。それから、プロリーグではないのですが「全米大学リーグ」のNCAAもNBAと同じように取り扱いが豊富なので、面白いですよ。一部のブックメーカーでは、北米の女子リーグWNBAにも賭けることが可能です。

国際大会の種類

4年に一度のFIBAバスケットボールワールドカップ、クラブチームによる欧州ナンバーワンを決めるユーロリーグ、欧州の各国代表によるFIBAヨーロッパ選手権、これらの大会はNBAに次ぐ規模の取扱いとなっています。

バスケットボールのオッズについて

バスケットボールのオッズは、試合が対象リーグおよび大会全体が対象インプレー(試合中)のオッズ特殊な事情が対象、に分けることができます。バスケットボールの1試合は、ルール上4クウォーターに分割されていますので、中でもインプレーオッズは各クォーター単位で予想ができますから、色々なオッズに賭けることができて、とても楽しいですよ。下記は主にNBAに提供されているオッズの解説になります。

シーズン全体が賭けの対象になっているもの

NBAのシーズン開幕前から賭けることができるのは、イースタンカンファレスとウェスタンカンファレスそれぞれの優勝予想、6つの地区ごとの1位予想、NBAファイナルの勝敗結果による優勝予想、どの地区のチームが優勝するか、どちらのカンファレンスのチームがファイナルを制するか、MVP予想、最優秀監督予想、新人王、などなど様々あります。

他国のリーグ戦では、優勝予想のオッズが提供されています。国際大会では優勝予想オッズだけではなくて、グループごとの1位予想なども賭けの対象となっています。大手のブックメーカーでは、こういったシーズン全体に関連したオッズがたくさん用意されています。

NBAのシーズン全体が対象のオッズ例

ウィリアムヒルなどの大手ブックメーカーでは、シーズン開幕前に下記のようなオッズが提供されます。

・優勝予想(NBAファイナルによって決まるシーズンチャンピオン予想)
・イースタンカンファレンス優勝予想
・ウェスタンカンファレンス優勝予想
・アトランティック・ディビジョン1位予想(EC)
・セントラル・ディビジョン1位予想(EC)
・サウスイースト・ディビジョン1位予想(EC)
・ノースウェスト・ディビジョン1位予想(WC)
・パシフィック・ディビジョン1位予想(WC)
・サウスウェスト・ディビジョン1位予想(WC)
・MVP(最優秀選手賞)予想
・ルーキーオブザイヤー(新人王)予想
・ディフェンシブプレイヤーオブザイヤー(最優秀守備選手賞)予想
・コーチオブザイヤー(最優秀監督賞)予想

試合が対象となっているオッズ

試合が対象となっているオッズというのは、ハンディキャップを加算して結果を判断することができる「スプレッド」というオッズや、勝敗予想や、何ポイント差でどちらが勝つか予想するオッズ、試合中の総得点を予想する賭け、総得点が奇数か偶数か、後半(3、4クォーター)のみの結果予想、前半(1、2クォーター)での結果予想、延長はあるか?と言ったオッズが一般的となっています。

そのほかにも変則的な勝敗予想もありますし、試合が始まる前に発表されるので賭けを楽しむことができます。スプレッドは、バスケットボールのように得点がたくさん動くスポーツでは、かなり高度な予想が必要となりますので、玄人相手に人気のある賭け方となっています。

各試合に対して賭けられるオッズの例

下記は、多くのブックメーカーで試合前に発表されるオッズの一部の紹介です。

Money Line
とてもシンプルな2択の勝敗予想をMoney Line(マネーライン)と言います。ブックメーカーによってはMatch Bettingとも表記されています。

Totals
試合中の両チームあわせた総スコア数が、設定された数字を上回るか下回るかという予想をする賭け方で、例えば「Over / Under 215.5」というオッズであれば、合計で216点を超えると予想したらO(Over)に、下回ると予想したらU(Under)に賭けます。

Spread
ハンディキャップをつけた勝敗予想になります。賭けたチームにつけられているハンディキャップを結果にプラスして勝敗を判断する方法です。ルールは上記のTotalsと同じになります。

Race To 20 Points
先に20点を超えるのがどちらのチームかを予想する賭け。

Double Result
ダブルリザルトという名の通りなのですが、2つの結果を組み合わて予想する賭けです。具体的に言えば、第1クォーターと第2クォーターを合わせて前半とします。そして、前半のみの結果と最終的な結果を組み合わせるのです。前半は引分け(Tie)もあるので、全部で6通りのパターンから予想することになります。

Winning Margin
得点差を予想する賭け方になります。何点差でどちらが勝つのかを予想し、たくさんの選択肢が用意されています。

Team With Highest Scoring Quarter
ひとつのクォーター内で最も多く得点するのはどちらのチームなのか?と予想します。

Team Total Odd/Even
得点が奇数(Odd)かEven(偶数)かをチームごとに予想する賭けです。

Game Total Odd/Even
両チームあわせた合計得点が奇数(Odd)かEven(偶数)かを予想する賭けです。

インプレーオッズ(試合中のオッズ)

試合中の賭けは、クォーター単位での賭けの種類が増えます。1クォーターのみの特典で判断をする勝敗予想や、スプレッド、総得点予想、奇数化偶数か、などがあります。それらに賭けると、クォーター終了時点で払い戻しとなります。

特にスプレッドでは、様々なハンディキャップが用意されていますし、試合中にも変動していきますので、好きなタイミングで好きなハンデのオッズに賭けることができるのです。1つのクォーターは10分単位(NBAは12分)になりますので、短時間で結果がわかるというところが大きな魅力です!

ブックメーカーのバスケットボールベッティング解説まとめ

バスケットボールベッティングでは、世界中で行われている主要プロリーグ戦やカップ戦、国際大会を対象とした賭けになります。中でも北米のNBAやNCAA、欧州各国のリーグやユーロリーグは、多くのブックメーカーで取り扱いがあります。NBAは10月から6月までのシーズン期間で、ユーロリーグは10月から5月のシーズン期間なので、ほとんど重複しています。ですからこの期間は、各ブックメーカーのサイトでバスケットボールベッティングを楽しむことができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*