【詳細解説】バレーボールベッティングのオッズの種類・賭けの対象について

バレーボールもブックメーカーの賭けの対象です。

とある調査によると・・・バレーボールには約9000万人のファンがいる世界で5番目に人気のスポーツ、そして実際に世界各地でプロリーグ戦・国際大会などが開催されています。

なのでブックメーカーの多くが賭けの対象としていて、用意されているオッズの種類も豊富です。

今回は、バレーボールベッティングで賭けられるリーグ・大会、オッズの種類、賭け方などをわかりやすく解説していきます。

バレーボールが好きな方でブックメーカーでの賭けに興味がある方は、参考としてお役立て下さい!

ブックメーカーで主に賭けられるリーグ・大会

ブックメーカーで賭けられるバレーボールのオッズや対象大会

バレーボールは、サッカーや野球などの球技と同じく世界各地でプロリーグが開催されています。

また、FIVB(Fédération Internationale de Volleyball:国際バレーボール連盟)主催の大きな国際大会もあります。

ブックメーカーでは、そういった多くのリーグ・大会に賭けることができます。

各国のクラブチームによるリーグ戦・大会について

バレーボールのプロリーグ開催地域がこちら

イングランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ポルトガル、オーストリア、アゼルバイジャン、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、エストニア、フィンランド、ギリシャ、モンテネグロ、イスラエル、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、ロシア、セルビア、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、日本、中国、香港、韓国、フィリピン、台湾、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、プエルトリコ、アルゼンチン、ブラジル、チリ、パラグアイ、ウルグアイ、ペルー、ベネズエラ、アルジェリア、チュニジア、エジプト、ケニア、カメルーン、ルワンダ

これら多くの国々で開催され、男子リーグ・女子リーグの多くがブックメーカーで賭けの対象となっています。

そして国々のリーグに所属しているクラブチームが集う国際大会もブックメーカーでは賭けの対象です。

具体的な例を挙げるなら・・・男子世界クラブ選手権、女子世界クラブ選手権、欧州チャンピオンズリーグ(CEV Champions League)、CEVカップ、CEVチャレンジカップ、欧州リーグ、AVCアジアクラブ選手権(AVC Club Volleyball Championship)、南米クラブ選手権(South American Club Championship)、バレーボールアフリカ選手権など。

各ブックメーカーでオッズ提供しているリーグ・大会にはばらつきがありますが、リーグ戦より国際大会の方が対象としているブックメーカーが多いようです。

ナショナルチームによる国際大会について

各国代表選手のナショナルチームによる大会は、オリンピック世界選手権(世界バレーとも呼ばれます)、ワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンとも呼ばれます)、モントルーバレーマスターズ(Montreux Volley Masters)、ワールドリーグ(男子)、ワールドグランプリ(女子)など。

ちなみに、これらはクラブチームのリーグ・大会より注目度が高いので、ブックメーカーの多くで賭けることができます。

バレーボールのオッズの種類&賭け方について

ブックメーカーが用意しているバレーボールのオッズは、サッカーやテニスなど他のスポーツと同じく「大会やリーグ全体が対象」「各試合が対象」「インプレー(試合中の賭け)」に分類できます。

リーグ全体が対象の場合、基本は優勝予想、国際大会ではグループ単位の賭けも用意されています。(ワールドリーグはグループをプールと呼ぶので、Group BettingではなくPool Bettingと表記)

各試合ごとのオッズの場合、勝敗予想、試合中の両チームあわせた総ポイント数のハイロー(Over/Under)予想、セット数にハンディキャップを課した勝敗予想が基本的な賭け方で、取り扱っているブックメーカーも多いです。(上画像)

その他の賭け方は、次のようなものがあります。

バレーボール:試合ごとのオッズの場合

ワールドリーグの試合に対して大手ブックメーカーが提供しているオッズの抜粋がこちら。

Match Handicap-Points

試合終了時のポイントにハンディキャップを課して勝敗を予想。

Correct Set Score

試合結果のセットカウントを予想。

Match Total Odd/Even

試合終了時の両チーム合計のポイント数が奇数(Odd)もしくは偶数(Even)かを予想。

Double Result

2つの結果を組み合わせた選択肢が用意され、どの展開で試合が進むかを予想。

例えば、選択肢「Japan to Win First Set and Win Match 1.72」に賭けた場合、日本が第1セットを取って試合にも勝ったら的中です。

Team Total Points

チームごとの総得点が設定された数値を上回るか下回るかの2択で予想。

Score After 2 Sets

2セット終了時点でのセットカウントが何対何かを予想。

これは2-0、1-1、0-2の3択。

同様にAfter 3 Setsというものもありますが、こちらは3-0、2-1、0-3、1-2の4択で予想。

1st Set Lines

第1セットのみの結果を予想。

基本の勝敗予想、ポイント総数のOver/Under、ポイントのハンデ予想が用意されます。

第1セットの結果予想には、これ以外にもいろいろな賭け方があり、Winning Margin(ポイント差予想)、Correct Score(正確なポイントカウント予想)、Go to Extra Points(決着がデュースまでもつれるか?)、第1セットの総ポイントの奇数/偶数予想、など。

バレーボールのインプレーベッティングオッズ

インプレーベッティング(試合中の賭け)の場合、試合前に第1セットのみの結果予想が用意されているのと同じように、第2セット、第3セット限定のオッズがいろいろと提供されます。

テニスのように次のポイントをどちらが獲るか予想、点差を予想など、試合開始から短時間で決着がつくオッズが多く、試合中に何度も賭けが楽しめます。

ブックメーカーのバレーボールベッティングに関するまとめ

バレーボールの各国リーグ戦のシーズン中は、ブックメーカーのサイトでいつでもオッズを見ることができ、国際大会のオッズは開催前になると随時発表されます。

バレーボールの3大大会と称される注目度の高いオリンピック、世界選手権、ワールドカップは、それぞれ4年に一度です。

開催時期を直近の年数でまとめると・・・オリンピックが2016、2020、2022、その中間年の2018、2022に世界バレー、そしてワールドカップは2015、2019。

ワールドリーグは、毎年5月開催です。

バレーボールが大好き・賭けに関心がある方は、居住国のリーグ戦や応援しているクラブチーム・ナショナルチームのオッズをチェックして、試合をよりお楽しみ下さい!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*