【これは便利!】ブックメーカーの入出金に使える「Entropay(エントロペイ)」ガイドはこちら

インターネットでおこなうオンラインブックメーカーとの入金・出金のやりとりには何種類か方法があります。

そんな中でも特に重宝するのが「Entropay(エントロペイ)」です!

今回は、エントロペイの特徴・便利な使い方・利用開始手続きなどについてわかりやすく解説していきます。

「初めてブックメーカーのアカウントに登録したけど、入金はどうすればいい?」「エントロペイってどんなサービス?」など情報をお探しの方は、ぜひ目を通してお役立て下さい。

Entropay(エントロペイ)会員登録・カード作成・入金までをわかりやすく解説
(早速利用したい方はこのページへ)

Entropay(エントロペイ)とはどんなサービス?

Entropay(エントロペイ)とは

Entropay(エントロペイ)は、「VISAバーチャルプリペイドカード」を提供するサービスです。

あまり耳慣れないバーチャルプリペイドカードとは、文字どおり訳すなら「架空の・前払い式の・VISAカード」となります。

Entropay(エントロペイ)を使うと、インターネットで使える自分のクレジットカード(みたいに使えるカード)が存在するようになり、自分で決めた金額をそのカードに入金でき、入金金額の範囲でVISA対応のウェブサイトでの決済可能になります。

Entropay(エントロペイ)とは

Entropay(エントロペイ)に会員登録して、このようにカードを作成します。

通常のクレカ・デビットカードのように16ケタのカード番号・名義・有効期限、そしてCVVコード(ネット支払い時に必要な数字、通常カード裏面に記載されている3ケタの数字)が発行されます。

Entropayの利用イメージ

使い始める前に、まずは全体像をご確認下さい。

Entropay(エントロペイ)利用イメージ

Entropay(エントロペイ)内には、先ほどのバーチャルプリペイドカード(Card)とウォレット(wallet)という二つの機能があります。

ウォレットとは、ネット上の口座みたいなもののことです。

バーチャルカード・ウォレット間で資金移動が自由にできます。

ブックメーカーとの入出金に使用したい場合、Entropay(エントロペイ)内に作ったバーチャルカードに、手元のクレジットカード・デビットカードからまずは送金します。

そしてウォレットに銀行送金で資金を送ります。

Entropay(エントロペイ)が指定する口座(アカウント内にある入金ページに記載)に振り込むと、大体数営業日でウォレットに資金が届きます。

そして資金をウォレットから今度はカードに移し替えます。

カードに資金を入金後、今度はブックメーカーのサイトでEntropay(エントロペイ)を使って入金手続きしましょう。

発行カード番号・有効期限・CVVコードなど必要事項を入力し、入金額を打ち込みます。

プレイ後、ブックメーカーで出金手続きすれば、Entropay(エントロペイ)のカードに資金が戻ります。

この資金を別のブックメーカーに入金することも可能ですし、維持してプールしておいても構いません。

VISA対応ネットショップでも使用可能です。

もしも手元に現金として戻したい場合は、カードからウォレットへ資金を移動、それから指定銀行口座(アカウント内で登録する)に引き上げることもできます。

つまり、Entropay(エントロペイ)はネット上の資金移動を仲介するサービス、ですからブックメーカーとの入出金に使う場合は、上の図のような関係になるんですね。

なぜEntropay(エントロペイ)を仲介させる必要があるのか?

多くのブックメーカーがクレジット・デビットカードから直接入金が可能なんですが、国・地域によって制限されている場合があります。

ですからEntropay(エントロペイ)のバーチャルカードは、言わばその代わりの手段なんですね。

Entropay(エントロペイ)の特徴・詳細について

さらに具体的にEntropay(エントロペイ)の特徴をご紹介します。

企業情報・サイトの特徴について

名称 エントロペイ
サービス開始 2003年
運営企業 Entropay Limited
認可 イギリスのFCA(金融行為規制機構)の規制のもと、決済サービス規制2009(Payment Services Regulations 2009)の下で決済サービス機関として認可
総カード発行数 6,670,298枚
サイトURL www.entropay.com
対応言語 6言語(英語, スペイン語, フランス語, イタリア語, ポルトガル語, 日本語 )
対応通貨 ユーロ、米ドル、英ポンド
日本語サポート あり

運営企業・認可などは、利用にあたって特に必要ない情報ですけど、気になる方もいるかもしれませんし掲載しました。

信頼性の方は、まったく問題ありませんね!

また、サイトは日本語対応もしているため、日本語ページで会員登録・入出金手続きが可能、英語が苦手でも利用にあたって言語の壁はありません。

日本語サポートもあり、なにか困った時でも安心です!

使用可能通貨は、ユーロ・米ドル・英国ポンドの3種類です。

アカウント登録時に自分の使用しやすいいずれかの通貨を選びます。

Entropay(エントロペイ)会員には3つの区分が存在する

Entropay(エントロペイ)会員には3つのグレードがあり、各グレードごとに入金・出金上限額が異なります。

もし条件を満たすと、上位へアップグレードされていきます。

Basic(ベーシック) Standard(スタンダード) Pro(プロ)
資金入金上限 EUR 250まで 2,500 / 年 15,000 / 月
GBP 200まで 2,000 / 年 10,000 / 月
USD 300まで 3,000 / 年 20,000 / 月
銀行への出金上限 EUR 不可 800 / 年 45,000 / 月
GBP 不可 800 / 年 35,000 / 月
USD 不可 800 / 年 60,000 / 月
アカウント内で作成可能な
バーチャルカードの枚数
1枚のみ 5枚 10枚
アップグレード
条件
会員登録時の最初の状態 メールアドレスの認証・住所登録 顔写真付き本人確認書類&住所確認書類の提出

会員登録した最初の状態「ベーシック」での入金は、最大3万円程度(日本円換算)しかできず、出金もできません。

そこで、ベーシックからスタンダードへ格上げするためには、アカウント内の「アップグレード」ページへ進み、メールアドレスの認証・住所をアカウントに登録します。

ベーシックからスタンダードへは、大体5分程度で済む簡単な手続きでOKなんですね。

しかし、

スタンダードからプロへは、指定された書類を写真に撮り、案内に沿ってアップロード。

大体1~3営業日程度で受領され、提出書類などに不備がなければOKです。

最上位名称はプロとなっていますが、実質的にはプロが「最も標準の状態」と言えますので、もし会員登録した場合はアップグレードも順にお手続き下さい。(認証をおこなう詳細手順は、別ページで詳しく説明しています)

利用時に関する主な手数料一覧はこちら

ユーロ 米ドル 英ポンド
エントロペイに会員登録 無料
バーチャルカード作成 無料
バーチャルカード支払(決済)利用時の手数料 無料
決済時の両替手数料 2.75%
バーチャルカードへの入金手数料 4.95%
ウォレットへの送金手数料 1.95%
自分の銀行口座への出金手数料 €1.99~€9.99 $2.99~$14.99 £1.49~£7.99
バーチャルカード間の資金移動手数料 €0.15 $0.20 £0.10
アカウントの管理費(6ヶ月以上利用無しの場合) €3.75 $5.00 £2.50
アカウントの閉鎖 €4.50 $6.00 £3.00

ブックメーカーの入出金に使う場合の関係項目を太字にしています。

銀行送金で引き出す時の手数料は、出金額に応じて上記の範囲で変わります。

必要なアカウント管理費は、過去6ヶ月間に一切利用が無かった場合のみ、アカウントに残高がある時にのみ徴収されます。

ですから残高をカラにさえしておけば、長期間利用が無くても費用は発生しません。

Entropay(エントロペイ)を使い始めるなら

ここから利用の流れをわかりやすく説明します!

Entropay(エントロペイ)利用イメージ2

と、言っても流れは簡単で、最初にEntropay(エントロペイ)サイトで会員登録(無料アカウント作成)します。

次にバーチャールプリペイドカードを作成しましょう。

所要時間は、ここまでで大体約5分。

そして手元のクレジットカード・デビットカードで作成したカードに資金を入金します。

これも数分です。

クレジットカード・デビットカードをあなたが持っているなら、金額制限はあるもののその日から早速ブックメーカーに資金を送り、スポーツベッティングが可能です

同時にメールアドレスの認証・住所登録・証明書の提出手続きなどをアカウント画面で進めてください。

登録直後のベーシックからスタンダードまでの変更は数分で完了しますが、プロまでは数日かかります。

各手続きの解説

Entropay(エントロペイ)の会員登録・カード作成・入金までわかりやすく解説

Entropay(エントロペイ)の認証手続き(本人確認)とアップグレードの詳細解説

Entropay(エントロペイ)の出金方法・銀行口座登録・送金手続きの詳細解説

Entropay(エントロペイ)からブックメーカーへの入金手順まとめ

Entropay(エントロペイ)が使用可能なブックメーカー一覧表

Entropay(エントロペイ)利用ガイドのまとめ

ここまで目を通していただき、いかがだったでしょうか?

Entropay(エントロペイ)のサービスの特徴・利用の流れが、なんとなくイメージできましたか?

多くのブックメーカーでEntropay(エントロペイ)は使用可能なので、資金をネット上で管理する時にとても重宝します。

ちなみに、ブックメーカーとの入出金はもちろん、ネットショッピングに使用するのも便利なので、「スポーツベッティングで稼ぐ→買い物」などでうまく活用して下さい。

Entropay(エントロペイ)関連の情報は、このページが別のページに解説を追加していきます。

みなさんの利用のお役に立てば幸いです!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*