ブックメーカーのアカウントを管理する費用、退会方法について詳しく解説

スポーツベッティングを少し休憩したいと思ったときに、選択肢が2つあります。

1つ目は「アカウントをそのまま置いておく」というもので、2つ目は「退会申請をする」というものです。こちらのページでは、これら2つの方法についてお話をしていきたいと思います。

ブックメーカーのアカウント維持費とは?

アカウントの作成は、どのブックメーカーでも完全無料ですし、使っている限りは何の費用も掛かりません。しかし、ログインをしなくなってきた、飽きて賭けをやめたなど状況はどうであれ、『一定期間アカウントを放置』してしまった場合”Inactive account fee(不活動のアカウント費用=維持費)”というものが発生します。そして、アカウントに残高があれば一定のタイミングで徴収されることがあるのです。

ブックメーカーのアカウント維持手数料解説
(ウィリアムヒルのFAQ画面より)

こういった措置があるのは、単純にブックメーカーがあなたに対して『アカウントを使ってほしい』というお報せですね。それから、大手ブックメーカーは世界中に何百万人のプレイヤーを抱えているので、サーバー上でデータを管理するコストを、それで賄うのかもしれません。

具体的に言えば・・・

「残高があって1年間1度もログインが無ければ、それ以降1ヶ月ごとに€2相当額を引き落とします」「半年間1度もログインしなければ、残高があれば€5徴収します」などのルールが決められています。(このような費用がないブックメーカーもあります)

ここでポイントとなるのが、たとえ費用がかかるブックメーカーだとしても、アカウントを空っぽにしておくと1円も取られないということですね。維持費というルールが用意されていることに対して抵抗感を抱くかもしれませんが、実質的には何の負担もありませんので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

一定期間アカウントを放置したら、管理費として手数料が課金されてしまうことがあります。しかし、アカウントを使わなくなる前に残高を空っぽにしておけば、お金を取られることはありませんし、たまにログインをすれば徴収を回避できますので、さほど気にしなくて大丈夫です。

完全にやめるならアカウントの閉鎖・退会手続きを

ブックメーカーのアカウント閉鎖方法(退会手順解説)

ブックメーカーの利用やスポーツベッティングを完全にやめるという事であれば、アカウントを閉鎖するという方法もあります。アカウントを閉鎖すれば、基本的に同じユーザー名とパスワードで、今までのようにログインをすることはできなくなります。

退会手続きの手順はブックメーカーによって異なります。基本的には、アカウント管理画面内に「閉鎖」に関する記載があります。例を1つ挙げてみましょう。ウィリアムヒルでは、このような感じの流れになります。

「ログイン⇒アカウント管理画面⇒アカウント・コントロールをクリック⇒アカウントの閉鎖⇒閉鎖に伴う残高の扱いなどを確認し、パスワードを入力して確定」

残高が最低出金額以上であれば、退会をする前にしっかりと引き上げておくことを忘れないようにしましょう!

スポーツベッティングをしばらく休みたいときの対応まとめ

いかがでしたか?ブックメーカーから離れたいという場合には、このように2つの方法があります。

『残高を空にしてアカウントを置いておく』もしくは『退会する』という方法ですね。前者はただただ放置をしておくだけですが、後者は手続きをする必要があります。ブックメーカーによっては、メールで申請をする場合もありますし、管理画面から基本的には申請ができます。

日常的に使っていないアカウントがたくさんある人もいますが、それらはすべて残高を空っぽにしておけば、維持費を徴収されることはないので、放置していても何も問題はありません。そして、良いプロモーションが提供されたときだけに、利用をするということもできます!

スポーツベッティングへの取り組み方というのは、個人によって様々ありますよね。毎日のように賭けている人もいれば、週に2回くらいって人もいますし、週末だけとか、とにかく色々あります。ちなみに、特定の大会にだけ、つまり年に数回しか賭けないアカウントを作っているプレイヤーもいます。

そういったプレイヤーのほとんどは、長期間アカウントを放置しています。スポーツベッティングへの関心が薄れてしまった時は、アカウントを放置しておくといいでしょう。ただ、またやりたくなった時のために、ユーザー名とパスワードだけは忘れないようにしてくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*