ブックメーカーの「テニスオッズ」の賭け方、種類、対象の大会など!

ブックメーカーでは「テニス」にも賭けることができるのをご存知でしょうか。ルール上、特に試合中の賭けである「インプレーベッティング」では、とても細かい区切りのオッズが用意されているので、短い時間で何度も賭けを楽しむことができるのです。

ということで、このページでご紹介していきたいのは、『テニスベッティング』の特徴、賭けの対象、オッズの種類などなど!賭けを始める前の参考としてお役立ていただければと思います。

ブックメーカーで賭けられるテニスの大会

ブックメーカーでは、「ATP主催」の男子プロテニスの大会すべて(ATP World Tour)と、「WTA主催」の女子プロテニスの大会すべて(WTA Tour)そして、「ITF主催」の大会すべてデビスカップ(Davis Cup)フェドカップ(Fed Cup)などなど、国際対抗戦や国際大会「IPTL」、さらにエキシビジョンの大会に賭けることもできるのです。

全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンといういわゆる四大大会というのは、テニスベッティングの中でも1番注目されている大会です。そして賭けられるオッズの種類も1番豊富になっています。マイアミ、インディアンウェルズ、上海などの9か所で開催されている「マスターズ」の大会も、グランドスラムの次に規模が大きいので注目度が高くなっています。日本で開催される男子「楽天オープン」や、女子「ジャパンウィメンズオープン」なども、賭けの対象になっていますので、日本人でも楽しむことができますね!

テニスのオッズの種類を紹介!

ブックメーカーで賭けることができるテニスのオッズというのは、『試合ごとのオッズ』もしくは『大会全体が対象のオッズ』になります。試合ごとのオッズというのは、試合開始前に発表されるものと、試合中に賭けられるものがあります。試合中に賭けられる方が、オッズの種類ははるかに多くなっています。いくつかのブックメーカーでは、特定の選手に注目をした『スペシャルオッズ』も発表されているので、魅力的です。

大会全体に関するオッズ

テニス優勝予想オッズ例

大会全体のオッズとして、代表的なのが『優勝予想オッズ』です。ほとんどすべての大会で用意されている賭けで、開催の数日前に発表されています。予選を終了した時点や、1回戦が終了した時点、2回戦が終了した時点・・・と、試合を消化するたびに『倍率』が再調整されて、新しく発表がありますので、あなたの好きなタイミングで賭けることができるのです。

ちなみに、四大大会の優勝予想オッズというのは、『半年前』から発表されています。上記の画像は2014年12月にウィリアムヒルで提供された、2015年のウィンブルドン男子優勝予想のオッズになります。

試合ごとのオッズ

テニスの試合ごとに賭けられるというオッズは、セット予想と勝敗予想が一般的となっており、この2つの賭け方は多くのブックメーカーで提供されている方法です。大手のブックメーカーでは、マスターズや四大大会にて、1セット目のゲーム差の予想、そうゲーム数の予想、タイブレークの有無予想などのオッズを試合前に発表するケースもあります。

テニスの試合ごとのオッズ例

Match Betting
どちらが試合に勝つかを予想するシンプルな勝敗予想。

Set Betting
試合結果のセット数が何対何か予想する賭け。

Handicap Betting
試合結果のゲーム数にハンディキャップを加算して勝敗を決める賭け。例えばジョコビッチvsフェデラー戦に「ジョコビッチ(-2.5)、フェデラー(+2.5)」というオッズが提供されているとします。結果が3-1(6-4,7-6,2-6,6-3)でジョコビッチの勝利なら、ゲーム数としてはジョコビッチは6+7+2+6=21、フェデラーは4+6+6+3=19で21対19となります。この結果だと、もしもジョコビッチに賭けていたらハンデを引くと21-2.5=18.5となり、フェデラーの19を下回るので賭けは負けとなります。一方でフェデラーに賭けていれば、ハンデを足すとジョコビッチの21を上回るため、賭けは勝利となります。

Total Games
試合中の総ゲーム数予想。設定された数値を上回るか下回るかで予想します。

Total Sets
試合中のセット数が計何セットになるか

1st Set Betting
第1セットの勝者を予想する賭け。

1st Set Result
第1セットの結果をゲーム数まで正確に予想する賭け。

2nd Set Betting
第2セットの勝者を予想する賭け。

2nd Set Result
第2セットの結果をゲーム数まで正確に予想する賭け。

テニスのインプレーオッズ(試合中のオッズ)

テニスのインプレーベッティング

試合中に勝敗予想と最終的なセット予想というものが用意されます。しかし、それ以外にも、テニスというのは試合結果が「ゲーム数、セット数、ポイント数の差」によって決まりますので、プレー中にそれぞれの結果に対して賭けることも可能です。

例えば、どういった賭けがあるかというと・・・

現在のセットをどちらが取るか」「現在のゲームの最終的なポイント予想」「次のゲームをどちらが取るか」「次のセットをどちらが取るか」「次のポイントをどちらが取るか」「次のゲームのポイント予想」「現在のセットがタイブレークまで続くか」このように、細分化されたオッズとなっています。

これらのオッズに賭けると、結果が出た時点で即座に払い戻しが行われて、残高に反映されます。例えばですが、『次のゲームを、どちらが取るのか?』というオッズであれば、数分~10分程度でポイントの予想に至って言えば、数秒で決まりますので、短い時間で賭けた楽しむことができるのです。

ちなみに、画像は10betjapanのライブベッティングページになります。画面の左には試合中のデータ情報が出ておりますので、試合観戦をするだけという時でも参考になる情報ですよね。もちろん賭けをするときにも予想に役立つ情報です。特に、試合の展開を横方向に可視化しているカラーグラフは、ブレイク・エースのタイミングや試合の流れを把握するのに役立っています。

テニスの特殊なオッズについて

テニスベッティングにには特殊なオッズがあります。その代表的なものは、「ある選手がそのシーズン中に四大大会をいくつ優勝するのか?」というオッズになります。ウィリアムヒルや大手のブックメーカーで、こういった賭けを楽しむことができます。

例えばジョコビッチ選手が今季の四大大会すべてにおいて優勝するというオッズは〇倍とか、3つなら〇倍とか、2つなら・・・もちろん優勝しないという選択肢もあります。男子であれば、フェデラーやマレーも同じようにオッズが用意されており、女子であればセリーナが毎年のように対象となっています。

その時のランキング上位の選手が対象となっており、シーズン中の最初の四大大会「全豪オープン」の直前まで賭けることができます。

ブックメーカーのテニスベッティング・まとめ

ATPワールドツアー、WTAツアー、ATPチャレンジャーツアー、ITF男子サーキット、フェドカップ、デビスカップ、その他世界各地で開催されるほぼすべてのプロ大会に賭けることが可能です。

そしてオッズは、優勝予想から各試合ごとのセット予想、勝敗、そして試合中の限定された結果予想などなど、とてもたくさんのオッズが用意されています。

テニスのシーズンは「12月末から11月までほぼ一年間」となっていますので、ぜひテニスベッティングを楽しんでみてくdさいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*