【詳細解説】ブックメーカーでのハンディキャップオッズの特徴・ルールについて

スポーツの試合に対してブックメーカーでは、勝敗予想・スコア予想など様々な切り口から賭けることができます。

特にスポーツファンの関心を集めている賭け方が、ハンディキャップ関連のオッズです。

そこで今回は、ブックメーカーで賭けられるハンディキャップオッズ2種類、ヨーロピアンハンデ(European Handicap)アジアンハンデ(Asian Handicap)について、特徴・ルール・違いなどをわかりやすく解説していきます。

ブックメーカーハンディキャップオッズの基本的ルールについて

はじめに、ハンディキャップオッズへ賭けた場合の大原則から説明します。

ブックメーカーのハンディキャップベットの原則

ハンディキャップオッズにプレイヤー(あなた)が賭けた場合、賭けたオッズに付加されているハンデの数値が試合終了時のスコアに足し引きされ、最終的な結果が判定されます

ただし、試合中のハンデにプレイヤーが賭けた場合、賭けるまでの間のスコアは一切無視、賭けたあとに動いたスコアに対してハンデを足し引きして最終的な結果を判定します。

ヨーロピアンハンディキャップもアジアンハンディキャップも、そしてどのブックメーカーのサイトで賭けても同じこと、共通ルールとなります。

また、ブックメーカーのサイトに並ぶハンディキャップオッズを見てみますと、対戦する両方にハンデがついています。

ここで初心者は間違いやすいので注意しなくてはいけないのですが、あくまで自分が賭けたオッズのハンデのみが意味を持ちます。

ハンディキャップオッズの基本ルールがこちら

・自分が賭けたオッズのハンデのみを計算(それ以外のハンデは無関係)

・試合終了時のスコアに、あなたの賭けたハンデを加えて最終的な結果を判定

・試合中のハンデに賭けた場合、Bet後~試合終了までのスコアにハンデを足し引きして結果を判定

ヨーロピアンハンディキャップ(European Handicap)-EHについて

ブックメーカーのヨーロピアンハンディキャップオッズの例

ヨーロピアンハンディキャップとは、サッカーに対して基本的に提供されるホーム勝利・アウェイ勝利・ドローの選択肢3つが用意されたハンディキャップの賭けです。

選択肢が3つですから、スリーウェイ・ハンディキャップ(3way-Handicap)もしくはマッチ・ハンディキャップ(Match Handicap)、さらにハンディキャップとも表現されます。

画像のハンデ-1点のアーセナルに賭けた場合、キックオフ時に「-1点から試合が始まった」のと同じこととなり、賭けが的中と判定されるためには2点差以上が必要です。

1点差で勝った場合、ハンデ分を差し引いてドローという結果になるので、賭けは不的中です。

反対にリヴァプールに賭けた場合、「0-1で試合開始」となるので、結果が0-0でも勝利扱いになります。

中央のTie(タイ・・・引分け)に賭けた場合、説明書きにある条件が適用され、アーセナルが1点差で勝利(リヴァプールが1点差で負けた)場合のみ的中です。

アジアンハンディキャップ(Asian Handicap)-AHについて

ブックメーカーのアジアンハンディキャップオッズの例

アジアンハンディキャップとは、古くはインドネシアのギャンブルでおこなわれていたのでこの名です。

ブックメーカーがオンライン化を開始した2000年前後から、サイト上でサッカーへの賭けに導入されはじめ、そこから世界中へ広がりました。

前述のヨーロピアンハンデは、アジアンハンデと分けて判断するために”ヨーロピアン”という呼称が使われているそうです。

ヨーロピアンハンデと仕組みは基本的に同じ、オッズにハンデの値が付加され、賭けた方のハンデを最終スコアに足し引きして結果を判断するものです。

ヨーロピアンと異なる部分も有り、こちらにはドローの選択肢がありません

この点が重要なポイント!

画像のようにハンデは0.5単位が基本なので、スコアに足し引きするとドローが消え、必ずどちらかが勝ちます。

そして、アジアンハンデの方には「-2」「+1」のように整数、そして「-1.5,-2」や「0.0,+0.5」のように2つセットになっているものもあります。

これが整数の選択肢しかないヨーロピアンハンデとは違う、アジアンハンデならではの特徴です。

アジアンハンデの特徴・・・整数ハンデを足して引分けなら返金される

アジアンハンデの決着には、ドローがないため、ハンデ計算後の結果が引分けになッ束愛は賭けが無効で返金となります

スポーツのスコアは、1・2・3のように整数なので、整数のアジアンハンデに賭けた場合のみこの結果が起こる可能性が生じます。

画像にある0の選択肢は、ハンデなしということです。

つまり、試合結果がそのまま賭けの的中・不的中の判定材料になるんですね。

アジアンハンデのハンデ0への賭けは、試合結果が引分けなら返金になるドローノーベット(Draw No Bet)というオッズと意味が同じなんです

アジアンハンデの特徴・・・2つハンデが付いているオッズは賭け金二等分で勝負する

そして面白いのが、「-1.5,-2」や「0.0,+0.5」などの2つのハンデがついているオッズへ賭けた場合の計算です。

これに賭けると、賭け金を二等分し、それぞれのハンデで計算することになります。

例えば、100ドル賭けた場合、自動的に50ドルずつそれぞれの条件に割り振られ、「両方的中で利益獲得」「半分は的中で50xオッズの払戻し、半分はドロー扱いで返金」「半分は的中で半分は負け」「半分は負けで半分はドロー扱いの返金」「両方負けで100ドル失う」のいずれかになります。

アジアンハンデのこのようなオッズのことを、ツーウェイ・ハンディキャップ(2way Handicap)もしくはスプリットハンデ(Split Handicap)などと呼びます。

ヨーロピアンハンデとアジアンハンデの違いについて

今一度、ヨーロピアンハンディキャップとアジアンハンディキャップの違いを簡潔にまとめておきましょう。

【ヨーロピアンハンディキャップ】

ドローの選択肢がある・ハンデの値は整数のみ。

【アジアンハンディキャップ】
ドローがない・0.5単位・整数ハンデへの賭けならハンデを足して引分けなら返金・2つハンデが付いている場合は賭け金二等分。

こうして見ると、アジアンハンデの方が特殊な賭け方なのが分かります。

どちらのオッズが良いということはありませんが、アジアンハンデの方がハンデの区切りが細かい分、自分の予想に適したオッズを探せる楽しみがあると思います。

ハンディキャップベッティングの魅力とは?

ハンディキャップオッズへ賭けること(ハンディキャップベッティングと呼ぶ)の魅力は、単純な勝敗予想オッズへ賭けるより予想を奥深く楽しめることです。

スポーツベッティングのスキルは養えるのか?

運任せに賭けたり、オッズが低い=確率的に的中しやすいだろうと闇雲に賭けていては、スポーツベッティングで長期的に稼ぐことは不可能です。

対戦する両者の実力差をあらかじめ分析・考慮して最適なハンデを選ぶ事が、スポーツベッティングで長期的に稼いでいくためのトレーニングにもなります

多くの収益を見込めるのか?

賭ける試合によっては、勝敗予想オッズへ賭けるより収益が多く見込めます。

日本 1.8倍
ドロー 3.6倍
豪州 4.75倍

これらは、ワールドカップ予選の日本vsオーストラリアで、日本が2-0で勝った試合の勝敗予想オッズです。

同じ試合のヨーロピアンハンデの-1は3.4倍、アジアンハンデの-1.5は3.1倍。

勝利オッズの1.8倍は良いオッズと言えますが、日本が2点差で勝つと予想した(それだけリスクがあった)なら、さらに多くの利益を得ることができました。

この対戦カードで、日本が2点差で勝つ予想は難しいところではありますが、以下のような試合の場合は明確にハンディキャップを狙うべきでしょう。

ポルトガル 1.025倍
ドロー 26倍
フェロー諸島 76倍

格上と格下が明確な試合の場合は、一度ハンディキャップオッズを確認してみましょう。

この試合もワールドカップ予選のものですが、結果は5-1でポルトガルの勝利でした。

ヨーロピアンハンデならポルトガルの-3まで、フェロー諸島の+5以上、ドローのフェロー諸島+4、アジアンハンデならポルトガルの-3.5以下と、フェロー諸島の+4.5以上は的中、ポルトガル側はハンデの分だけリスクが高くなっていくためにオッズも高くなり、フェロー諸島側はリスクが下がる分オッズが小さくなります。

ポルトガル勝利のマイナスハンデを見極め、オッズをうまく選べば、1.025倍に賭けるよりも多い利益が得られます。

勝敗オッズが低い方(格上)が順当に勝ちそうな試合の場合、何点差の勝利となるかを予想して適切なハンデを選べば、的中時に得られるリターンも多くなります。

その分だけリスクも高まりますが、「リスクとリターンのバランス」をしっかりと考えながら、より際どいハンデを狙うべく、予想したスコアになりそうな根拠を探す(過去データ・得点源の選手の直近のパフォーマンス・戦術など)ことが、ハンディキャップ賭けのおもしろさです。

ハンディキャップオッズに関するまとめ

ここまでお読みいただき、いかがだったでしょうか?

ブックメーカーが提供するハンディキャップオッズ2種類、ヨーロピアンハンデアジアンハンデの特徴・違いなどがご理解いただけましたか?

ハンデに関する概要・ルールについて、それぞれのより詳しい情報は各解説ページにてご確認下さい。

ハンデオッズへの賭けは、スポーツベッティングの醍醐味のひとつでもあります。

今回は、サッカーを例にしていますが、野球・ラグビー・テニス・バスケットボール・その他のスポーツでも賭けられるポイントスプレッド(Point Spread)」というオッズもあり、ルールはアジアンハンデと同じになっています。

ですからサッカー以外に好きなスポーツがある方も、こちらの解説をお役立て下さい。

スポーツベッティングを一層楽しむ参考にしていただければ幸いです!

関連ページはこちら!

ヨーロピアンハンディキャップ(3wayハンデ)の賭け方・ルールについて

スリーウェイハンディキャップ払戻早見表はこちら(賭けたオッズと結果の対応確認にどうぞ)

アジアンハンディキャップの賭け方・ルールの詳細解説はこちら

アジアンハンデ払戻し一覧表&オッズと試合結果の対応早見表はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*