ブックメーカーの出金方法を解説!引き出しの手順、手数料の比較など基礎知識をしっかりと!

ブックメーカーでプレーをした後は、アカウントに残っている資金をそのまま置いておくか、手元に出金をするか選ぶことができます。

次に賭けるときのために取っておくのであれば、そのままアカウントに資金を残しておくこともできますし、手元に引き出したいという場合にはいつでも好きな時に引き上げることができます。

今回は、ブックメーカーから「出金する方法」や「手続きのポイント・流れ・手数料」などについて解説をしていきますので、出金をするときに参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーのアカウントから出金する手順

ブックメーカーからの出金方法

アカウントからの出金手続きを簡単にまとめると

  • 1. アカウント管理画面へ
  • 2. Withdrawを選択
  • 3. 出金手段を選択
  • 4. 出金額を入力
  • 5. 確定させて完了

このような5つのステップで出金が完了となります。ブックメーカーのアカウント管理画面にある『Withdraw(ウィズドロー)』というメニューが、出金手続きを行うページとなります。日本語対応のサイトであれば『出金』『お引き出し』と書かれていますので、分かりやすいですね。

出金のページで出金した金額を入力し、出金先を確認して『確定』させれば手続きは完了です。出金額はブックメーカーにて決められた1回あたりの最低・最高出金額や、残高の範囲内であればいくらでも出金ができます。例えば、残高が€10,000あるならば、€2,000だけ引き出して、€8,000はそのまま置いておくことも可能です。

手続きを終えてしばらくすると、指定したネット口座・バーチャルカードなどに資金が戻ってきます。『出金処理にかかる時間は、ブックメーカーによって、出金手段によって異なりますので、注意してください』具体的な時間は、ネット口座・バーチャルカードであれば数時間~1営業日以内で、銀行振り込みの出金では数日かかります。

補足:ブックメーカーによっては初回出金前に本人確認があります

他人がなりすましをして利用していないかどうか、本人の意思による出金申請なのかという確認をするために、初めて出金手続きをする前に「本人確認」を求められるのが一般的となっています。ブックメーカーの利用前に気になることでも解説をしていますが、免許証やパスポートなど1つを用意して指示に従ってお手続きをしてくださいね。基本的には、スマホやデジカメで撮影をして画像データ化をして指定メールアドレスに送付すればOKです。

ウィリアムヒルで出金手順を具体的に解説

それでは実際に、ウィリアムヒルの出金手続き例をご覧いただきましょう!

ウィリアムヒルは日本語に対応していますが、日本語非対応のブックメーカーでの出金方法も覚えていただきたいので、敢えてウェブサイトを英語の状態のままで説明していきます。(ただ、日本語対応サイトであれば説明などいらないくらいに簡単ですからね!)

アカウント管理画面へ

まずアカウントにログインをして、管理画面に進みましょう。(画像の赤枠のところをクリック)

ブックメーカー出金方法解説1(ウィリアムヒルの具体例1)

Withdrawをクリック

管理画面に進んだら、次はWithdrawをクリックしましょう。(日本語版サイトでは引出しと書かれています)

ブックメーカー出金方法解説2(ウィリアムヒルの具体例2)

金額を入力

このような画面が表示されますので、金額を入力する場所に出金希望額を入力して、Continueをクリックします。

ブックメーカー出金方法解説3(ウィリアムヒルの具体例3)

確認

次のページで出金先を確認しましょう。ここには入金に使った方法が自動的に表示されるようになっています。前回の入金にEcopayzを使用しているので、今回の出金先はEcopayzになっています。(参照:ブックメーカー入金方法解説)

ブックメーカー出金方法解説4(ウィリアムヒルの具体例4)

出金額、出金先を確認して、Process Withdrawalをクリックします。

確定させたら完了

この画面が表示されたら手続きは完了となります。Continueをクリックすると、アカウント画面に戻ります。

ブックメーカー出金方法解説5(ウィリアムヒルの具体例5)

出金の処理にかかる時間は1 working day(1営業日)。1日後、Ecopayzにアカウントに無事着金していました。

ブックメーカー出金方法解説6

補足:入金手段と出金手段は原則同じものを使うことになります

ブックメーカーにある残高というのは、『原則的に入金元にしか出勤できない』という決まりがあります。例えば、エコペイズから入金したらエコペイズに出金となり、エントロペイから入金したらエントロペイに出金となります。

ブックメーカー出金方法(要点)

こちらは、€100を出金しようとしている画面になります。入金解説でEcopayzから€20入金したため、「Ecopayzに€20、残りの€80はその前に利用していたEntropayへ分割して出金する」という注意が出ていますね。ウィリアムヒルでは、こういった対応になりますがブックメーカーによっては入金元と違う出金手段を選ぶと『この手段は利用できません』と表示されることがあります。いずれにしても、『入金元=出金先』という基本的なルールがあるという事を覚えておいてください。ちなみにその理由は、マネーロンダリングなどの犯罪に使われるのを防ぐためです。

ただし!「クレジットカードで入金した場合はネット口座へ引き出し」という扱いをしているブックメーカーもありますし、「エントロペイとエコペイズの両方で入金履歴があれば、どちらに出金しても構わない」という対応をしている例外サイトもありますので、上記の説明はあくまで『原則ルール』として覚えておいてください。

ネット上の残高を現金化するには?

ウィリアムヒルから出金手続きをする方法を見て、イメージはできましたでしょうか?手続きにかかる時間は、わずか1~2分程度なのでとても簡単です。そして、数時間~1日程度でネット口座に戻ってきます。

とはいっても、このままでは資金はインターネット上に数字として存在しているだけになりますので、最終的にはこの数字を現金化して、初めて出金手続きがすべて完了すると言えるでしょう。

ブックメーカーの残高を手元に引き上げるには?

上記のウィリアムヒルからの出金例は、こちらの図の「1、出金」にあたります。口座から手元に出金するという手続きは、ネット口座のアカウント上で行います。エントロペイもエコペイズも出金は銀行送金が基本となっています。

他のブックメーカーに入金するためにネット口座の中に資金をそのまま残しておく、必要に応じて振り込み手続きをして手元に戻す、どちらにするかはプレイヤー次第となります。上野画像の「3、出金」はネット口座側での作業になります。

ブックメーカーごとの出金手数料と出金にかかる時間の比較

こちらの表では、当サイトで紹介している大手ブックメーカーによる出金手段に対して『Skrill(スクリル)、Neteller(ネッテラー)、Ecopayz(エコペイズ)、Entropay(エントロペイ)』を使ったときの、出金手数料と処理時間をまとめてみました。(注:SkrillとNetellerは日本では利用不可)

Ecopayzへの出金手数料無料。数分〜1時間程度で出金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。Skrill, Neteller, Ecopayzは1営業日以内(実際は数時間程度)で返金。Entropayは3-5営業日内で返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて月に1回まで出金手数料無料。月に2回目以降は15ドル相当額の手数料がかかります。数分~1時間程度で返金。
Skrill, Neteller, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerは12時間以内の返金、Entropayは3-5営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数分~3時間以内の返金、Entropayは3-5営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数時間以内の返金、Entropayは3営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数時間以内の返金、Entropayは2-4営業日内の返金。

『どのブックメーカーも基本的に、出金時に手数料は取らない』というメリットがあります。ピナクルでは、月に2回以上出金をするときには手数料がかかってきますが、そんなに頻繁に出金は行わないので、使用中に気にするようなことではないと思います。『SkrillとNetellerとEcopayz』では、ネット口座で出金処理にかかる時間は、ほとんど同じくらいです。『Entropay』はバーチャルカードなので、処理に少しだけ時間がかかります。

補足
こちらの表で理解していただきたいのは、各社の厳密な処理時間の違いではなくて、ブックメーカーから出金したあとに「必ずすこし待つ必要がある」ということです。出金の申請をしてすぐにネット口座を見ても、残高には反映されません。目安の時間を待ってから着金の確認をしてみてください。

ブックメーカー出金方法のまとめ

最後に、ブックメーカーのアカウントから出金する手続きをまとめておきましょう!

  • 1. アカウント管理画面へ
  • 2. Withdrawを選択
  • 3. 出金手段を選択
  • 4. 出金額を入力
  • 5. 確定させて完了

こちらの5つのステップで簡単に出金ができます。ブックメーカーの利用に対して、ちゃんと出金ができるかどうかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。しかし安心していただいて大丈夫です。サイトごとに画面のデザインなどは異なりますが、流れを把握さえすれば困ることはありません。

特に日本語に対応しているブックメーカーであれば、画面上の案内に従って必要事項を入力するだけなので、とっても簡単に出金手続きができます。

こちらで解説した基本情報に沿わない状況や、トラブルの解決方法などもサイト上で解説をアップしていきますので、何か困ったことがあればお役立ていただければと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*