ブックメーカーの「本人確認方法」について!対応書類と送付方法など基本情報を解説

ブックメーカーを利用するときには、『免許証・パスポート・政府発行のID』などから、いずれか1点を用意します。利用中に本人確認(年齢確認)をしなければならないからです。(スポーツベッティングをはじめる前に気になることのページでも触れています)

こちらのページでは、本人確認の手続きを『簡単に済ませるためのポイント』についてお話をしていきたいと思います。ブックメーカーごとに手続きの流れは異なるとしても、要点を抑えておけばスムーズに手続きができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーの本人確認手続きとは?

本人確認や年齢確認というのは、かなり面倒なイメージがあったり、情報を提出して大丈夫なのか?と心配になりますよね。しかし、ブックメーカーの本人確認は「安心・安全にプレーするために必要な手続き」だと考えてください。

ブックメーカーはギャンブルの機会を提供していますが、お金を扱うという点でいえばFX口座や銀行口座を開設するのと同じようなものなのです。つまり、『アカウントを乗っ取られ勝手に賭けられることを防ぐ、本人の意思ではない出金手続きを防ぐ』ためにも必要不可欠な手続きなのです。

本人確認のおおまかな流れ

本人確認の手順を簡単にまとめましたので、ご覧ください。

  • 1. 確認書類を1つ手元に用意
  • 2. 書類の写真を撮る
  • 3. 写真を担当部署に送る

こちらの3ステップで本人確認の手続きができます。詳しくは後述していますが、免許証やパスポートなどの中から1つを用意して、スマホやタブレットやデジカメなどで撮影をします。その画像データを指定された担当部署のメールアドレス宛に送ります。すると数時間~2日程度で『完了しました』という通知が届くので確認してください。

それからブックメーカーによっては、アカウントの管理画面内に本人確認用のページが用意されていることもあります。ページに記載された案内に従って手続きをして、必要に応じて画像をアップロードします。

いつ本人確認があるのか?

本人確認を行うタイミングというのは、ブックメーカーによって異なります。ただ、ほとんどの場合はアカウントを作成してから数日以内にメールで通知、もしくはログイン時に画面表示される、または初回出金時にメールで求められるなどがあります。

『基本的に確認手続きは1回のみ』になっていますので、一度手続きをしてしまえば何度も求められることはないので安心してください。ただ、初回出金前に確認をしていたとしても『100万円』を超えるような高額出金を申請すると、その出金が本当に『本人の意思によるものなのか』ということをチェックするために、再度本人確認を求められるケースがあります。

本人確認の流れは、証明書を写真撮影してデータにして担当にメールや専用画面からアップロードをして送ります。確認のタイミングは、初回出金前もしくは、アカウント作成から数日以内となります。

確認書類の用意の仕方

もう少し詳しく確認書類について見ていきましょう!

対応する書類

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

既に前述していますが、確認に使える身分証明書は「免許証・パスポート・政府発行のIDカード」などがあります。これらのうち1つを用意してください。上記の画像は、ピナクルの証明書のアップロード画面です。

証明書の写真撮影・データ化の方法

ここが一番重要なポイントちなります。とはいっても決して難しいことではありません。

ブックメーカーの本人確認書類(免許証の撮影例)

証明書をテーブルに置いて、スマホやデジカメなどを使って真上から全体的に撮影をしましょう。この時に『四隅が写真内に納まっていること』『鮮明な状態(文字が読める)こと』が重要になります。角の一部分が欠けていたり、光が反射して文字が読めないということがないかどうか、確認をしてください。

免許証は裏と表(表だけでも大丈夫な事がありますが、念のために両方撮影しましょう)を、パスポートやIDカードであれば顔写真が載っているページを撮影してください。上記の画像は日本の免許証の撮影例になります。免許証以外でも、この例と同じように注意をして撮影をしましょう。

撮影した画像データは「jpg」「png」などのファイルでないといけないという条件がありますが、スマホやデジカメで撮影したものは基本的に「jpgファイル」なので気にしなくても大丈夫です。

身分証明の四隅がしっかりと収まっている、文字が読める、jpgやpngなどブックメーカーが指定するファイル形式である、これら3つのポイントを抑えておけばOKです。

スマホorパソコンどちらで手続きするのか?

普段からスマホでブックメーカーにアクセスをして賭けをしているのであれば、その端末からも本人確認ができますので、スマホで撮影した写真データを添付、もしくは専用画面から送信します。

しかし普段からパソコンでプレーをしているのであれば、スマホやデジカメなどで撮影をした写真をデスクトップに移動(パソコン内に保存)する必要があります。この場合、クラウドサービスを使うと簡単なのですが、アナログな方法で写真データを移し替えるという方法もあります。

その方法は、スマホで撮影した写真をメールに添付してそのメールを自分の持っている、GmailやYahooメールのアドレスに送ります。そしてパソコンからそのメールにログインをして、スマホから送られてきたメールをチェックして添付された写真を保存します。

デジカメであれば、写真データが入ったメモリーカードをパソコンに挿入して、必要な画像を移し替えればOKです。

担当部署へのメールの送り方と雛形

写真データの準備ができたら、手続きの半分は終わったようなものです。あとは写真のデータを送るだけです!

メール添付であれば、指定されたメールアドレスに送信をしてください。この時、『ブックメーカーのアカウント作成時に登録したメールアドレス』から送ってください。そしてメールの文面には『名前、ユーザー名』なども記載しておきましょう。

下記は、日本語非対応のブックメーカーにメールで確認依頼を送る時のサンプルになりますので、参考にしてみてください。ちなみに()部分は訳を表しています。

件名:Request of verification(確認依頼)

↓以下本文

Dear customer support,
(担当者様)

I’m Taro Yamada.
(私は山田太郎です)
My account username is “taro777“.
(私のユーザー名はtaro777です)

I send you an email with photo data of my identification document for account varification.
(アカウントの確認のため、本人確認書類の写真データをメールでお送りします)

Please find attached a file.
(添付ファイルをご確認下さい)

Kind regards,
(敬具)

Taro Yamada
taro1234@gmail.com

↑ここまで

割とシンプルなのですが、これで全然大丈夫です。このままこのサンプルを使うのであれば、太文字になっているところを、あなたの情報に変えてくださいね!日本語対応のブックメーカーであれば、日本語でメールを送っても大丈夫です。

アカウント画面内の本人確認専用ページでアップロードをする場合には、こういったメールの送信は必要ありませんので、案内に従ってアップロードをしてください。

本人確認が済むと通知が届きます

手続きが終わり書類が受理されたら、あなたの元に完了通知が届きます。もし書類に不備があれば、改めて送ってくださいという連絡がきますので、その時には再度写真を撮り直して送ってください。

ブックメーカーの本人確認方法まとめ

いかがでしたか?ブックメーカーの本人確認手続きは、なんとなくイメージしていただけましたか?文字にすると長くなってしまうのですが、実際の手続きはとっても簡単です!ブックメーカーごとに『メールで送るか』『専用画面でアップロードするか』という違いはありますが、そのほかは同じ!

つまり『対応している証明書を1つ用意して、スマホやデジカメで写真を撮影して画像データにして送る』という作業は共通しています。そして、証明書の写真を撮影しておけば、他のブックメーカーでもそのデータを使う事が出来るので、何度も撮影する手間がなくなります。

ただし!引っ越しをして住所が変わった、結婚をして姓が変わったなど新しい情報でアカウント登録をした場合には、古い証明書では証明にならないので、新しい写真を撮影しなおさなければなりません。

アカウントの開設後、初回の出金前には本人確認を求められるのですが、面倒だと思わずにササっと手続きができますので、安全にブックメーカーを利用するためにも速やかに本人確認を済ませておきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*