【詳細解説】ラグビーベッティングの賭けの対象&オッズの種類について

ラグビーもブックメーカーでは賭けの対象となり、世界中のプレイヤーを魅了する市場となっています。

ラグビーと一口に言っても、ラグビー・ユニオン(Rugby Union)とラグビー・リーグ(Rugby League)というルールが異なる2つの競技があり、どちらも世界各地で普及しているからです。

ブックメーカーでは、基本的にユニオンとリーグという見出しで別々のページが設けられています。

今回は、違い・賭けの対象・オッズの種類などをわかりやすく解説していきます。

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違いについて

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違い

基本的にラグビーユニオンとラグビーリーグは、どちらもラグビーという競技ではありますが、ルールのさまざまな部分が全く異なっています

ユニオンとリーグという違いについて歴史を紐解くと・・・理解が進みます。

ラグビーの原型は、1863年にイギリスでサッカーから分化し誕生、1871年に競技運営を統括するラグビー・フットボール・ユニオン(RFU)が発足。

そこから選手への補償や金銭面での問題などが噴出し、イギリス北部地域のラグビークラブがRFUに反発、1895年にノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン(NRFU)発足・・・という流れです。

これと同様の分裂がオーストラリアやニュージーランドでも起こり、ラグビー・リーグの起源となり、2つの競技へと別々の道へと進んでいくことになったんです。

RFUから分化したNRFUが独自ルールへと進化していったのですが、一番の方針は「ケガを減らす」ということ。

当時、多くの選手が他に仕事を持つ兼業者であったための方針であり、ラグビーリーグでは密集戦となるラックやモールやラインアウトなどが廃止されています。

しかし、形式的にスクラムは残されています。

タックル成立時もユニオンで起こるボールの奪い合いはなく、一旦プレーは止まります。

そしてタックルが6回成立すると攻守交替です。

その他にユニオンが15人でリーグは13人、フィールドの大きさなどの違いもあります。

そうして密集戦が起こらなくなった結果、ラグビー・リーグはスピーディーな展開になり、観客にとても分かりやすいスポーツとなりました。

現在、ラグビーユニオンの方がどちらかというと世界的普及率が高く(日本で言うラグビーもラグビーユニオン)、一方でラグビーリーグはイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、トンガ、パプア・ニューギニアなどの地域で人気があります。

どちらも世界中でプレーされ愛されているスポーツなため、オンラインブックメーカーにとって良い賭けの対象なんです。

ラグビーユニオンで賭けられるリーグ・大会の主なもの

主なラグビーユニオンの賭けの対象には次のようなものがあります。

ワールドカップ、シックスネイションズ、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、欧州ネイションズカップ、アジアラグビーチャンピオンシップ、ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ、スーパーラグビー、ライオンズツアー、プロ12、トップ14、プレミアシップ(イギリスのリーグ戦)

ラグビーリーグで賭けられるリーグ・大会の主なもの

主なラグビーリーグの賭けの対象には次のようなものがあります。

NRL(ナショナル・ラグビー・リーグ:オーストラリアとニュージーランドのクラブチームによるリーグ戦)、欧州スーパーリーグ、ワールドカップ、チャレンジカップ、ステート・オブ・オリジン、その他の国際試合

ブックメーカー提供のオッズの種類について

用意されているラグビーのオッズはとても多彩です。

ラグビーユニオンもラグビーリーグも大手ブックメーカーでの賭けとなると・・・1つの試合になんと100以上のオッズが用意されます。

リーグ・大会全体が対象の賭けでは、優勝予想グランドファイナル勝者予想MVP予想

グループリーグ+決勝トーナメントのフォーマットがあるワールドカップなどの国際大会が対象の賭けでは、グループ突破予想に賭けることができます。

各試合ごとが対象のオッズは、勝敗を2択予想するオッズ、引分を含む3択の予想、ハンディキャップを加えた予想、前半のみの結果予想、どちらが先に○ポイントに達するかの予想(Race to ~ Points)、点差の予想(Winning Margin)、合計スコアが奇数が偶数か(Odd/Even)など。

ちなみに上記のものは、ラグビー以外の他の野球やテニスなどのスポーツにもみられるスポーツベッティングの一般的な賭け方ですが、ラグビー限定のオッズを挙げるなら「どちらのチームが先にトライを決めるか?」「最初の得点はトライ・ドロップゴール・ペナルティのどれか?」「最初にコンバージョンを成功させるチームはどちらか?」「最初のトライは試合中何分までに決まるか?」「トライを決める選手は誰か?」「試合中のトライ数は?」「最後にトライを決めるチームはどちらか?」など。

ラグビー限定のオッズは、ゴール関連のものがいくつも用意されます。

ラグビー試合ごとに賭けられるオッズの例がこちら

ラグビーユニオンのブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズによる遠征試合に対して、William Hillにて提供されていたオッズの抜粋がこちらになります。

Match Betting
試合の勝敗予想。

ホーム勝利、引分け、アウェイ勝利の3択で予想する賭け。

80 Minutes Handicap

ハンディキャップを与えてホーム勝利、アウェイ勝利、引分け(点差がハンデの数字どおりか?)を予想する賭け。
(試合終了時のスコアに、賭けたオッズのハンデを足して結果を判断)

なお、ハンデを足した勝敗予想は、前半のみ、後半のみなどバリエーションがあります。

ハンデの数値も選択肢が用意されています。

No Draw Handicap
No Drawの名のとおり引分けの選択肢がない賭けで、ハンディキャップを加えた2択の勝敗予想。

Half Time
前半のみの結果でホーム勝利、引分け、アウェイ勝利を予想する賭け。

Double Result
前半結果と試合の最終結果を組み合わせて予想する賭け。

例えば・・・前半はホームがリードしても、最終的にアウェイが逆転勝利したら「ホーム/アウェイ」という選択肢が的中です。

前半は引分け、最終的にホームが勝った場合は、「ドロー/ホーム」が的中です。

Try Scorer Markets
誰がトライを決めるか?

選手ごとにオッズが用意されます。

先制点、最後、2点以上、3点以上などの選択肢があります。

Either Team To Win Both Halves
どちらかのチームが前半・後半ともに勝つかどうか?

YesかNoの2択予想です。

Highest Scoring Half

前半・後半でより多く得点が入るのはどちらのチームか、前半・後半・同じの3択予想する賭け。

Fist Scoring Points

先に得点するのはどちらのチームか。

それとは反対に、最後に得点するチームを予想する賭けもあります。

Total Match Points

試合中の両チーム合計の得点が何点になるかを予想する賭け。

Total Home Points
ホームチームの総得点が何点になるかを予想する賭け。

こちらにはアウェイチームのオッズもあります。

1st Half Points
前半の総得点が何点か予想する賭け。

Race To 10 Points
試合中、先に10点取るのはどちらのチームかを予想する賭け。

Total Tries
設定された数値より試合中の総トライ数が上回るか下回るかで予想するOver/Under式の賭け。

もし、Odd/EvenとあるならOdd(奇数)かEven(偶数)を予想する賭けです。

Shirts Numbers
シャツナンバーオッズは、背番号が予想対象となります。

試合中にトライを決める選手の背番号の合計がいくつになるか?設定された数値を超えるか超えないか?といった2択で予想します。

背番号対象の賭けはいくつか用意されています。

ホームチームのトライを決めた選手の背番号合計予想、アウェイチームの同オッズ、最初にトライを決めた選手の背番号が奇数か偶数かまであります。

Team of 1st Try Scorer
最初にトライを決めるのはどちらのチームの選手か、または誰もトライしないかの3択で予想します。

Time of 1st Try
最初のトライが試合開始何分までに決まるかを予想する賭け。

First Scoring Play
最初に得点が入る時のプレーがトライ・ドロップゴール・PKかを予想する賭け。

Exact Match Tries
正確に試合中の総トライ数を予想する賭け。

ホームチームのみの予想、アウェイチームのみのオッズもあります。

Position of 1st Try
どのポジションの選手が最初にトライを決めるかを予想する賭け。

フォワード・ウィングまたはフルバック・その他のバックの3択。

Will the 1st Try Be Converted?
最初のトライ後のコンバージョンキックは成功するか?

Winning Margin
何点差でどちらのチームが勝つかを予想する賭け。

選択肢がいくつか用意されます。

他にもCard Marketsという欄をみてみると、カードが何枚提示されるか、レッドカードは出るかなどの賭けもあります。

ブックメーカーのラグビーベッティングに関するまとめ

ラグビーユニオンのワールドカップは、4年に1度・・・次は2019年開催で、さらにその次は2023年開催予定です。

シックスネイションズは、毎年2~3月。

ラグビーリーグのNRLは3月開幕。

欧州スーパーリーグは2月開幕。

そして両リーグのチャンピオンは、10月開催のワールドクラブチャレンジにて対戦します。

世界中で人気があるラグビーユニオン&ラグビーリーグは、エキサイティングなスポーツであるということは同じ!

どちらか片方のみのブックメーカーはありません。

気になる大会・試合がありましたら、ブックメーカーにてチェックしてみて下さい!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*