ブックメーカーの「オッズ表記の種類」と「換算方法」について詳しく解説!

ブックメーカーのウェブサイトを見ると、試合のオッズをチェックしたときに「5/2」とか「24/1」とかの分数や、「+200」とか「-200」というプラスマイナスの数字を見たことはありませんか?これって何の数字なんだろう?と疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで今回は、ブックメーカーのオッズ表記法の種類や、特徴、換算方法や表示の変更方法などについて、詳しくお話をしていきたいと思います。スポーツベッティングに対して、さらなる理解を深められるように、ぜひ参考にしてみてください。

このページの内容 [表示]

ブックメーカーオッズ表記の代表的な3種類

ブックメーカーは世界中のプレイヤーが利用しており、それぞれが普段から見慣れた書き方で直感的にオッズを選べるよう、いくつかの表記形式(Odds Format:オッズフォーマット)を用意してます。

その代表的な3種がFractional(フラクショナル)Decimal(デシマル)American(アメリカン)です。Fractionalは”分数の”という意味の英語で、文字どおり分数で倍率を示した形式です。Decimalは”少数”を意味する英語で、少数でオッズは表示されます。そしてAmericanは、数字の前に+-の記号が付いた表示です。

Decimal(デシマル)

ブックメーカーのオッズ(デシマル)

デシマルはおそらく多くの日本人にとって最も理解しやすい形式でしょう。日本の競馬・競輪・競艇やその他のギャンブルにおいても、オッズと呼ばれるものはほとんどこの形式で表記されています。示された倍率は、賭け金を含んだ払戻しを示しています。画像の「ドルトムント勝利 1.51倍」に100ドル賭けて勝ったのであれば、151倍x100=151ドルが戻ってきます。賭け金を引いて51ドルが利益です。

デシマルはヨーロッパの多くの地域でも最も一般的なオッズの表記法であり、ブックメーカーによってはDecimalではなくEU(Europeの略)と書かれている場合もあります。

Fractional(フラクショナル)

ブックメーカーのオッズ(フラクショナル)

フラクショナルは分数で示された表示形式です。主にイギリスで使用されているため、Odds FormatにUKと書かれていることもあります。

フラクショナルのオッズは「左(分子)を得るためには右(分母)が必要」ということを示しています。分母を賭けると勝った時に分子が得られる。そして、デシマルと違ってフラクショナルの倍率には賭け金の返却分が含まれていません。分かりやすい例を挙げると、「99/1」というオッズは「1が99になる」という意味で、デシマルに換算すると100倍となります。24/1はデシマルの25倍。

フラクショナルからデシマルへの換算式は、「(分子÷分母) + 1」です(最後に足す1が、賭け金分)。この画像の「ドルトムント勝利 20/39」は「(20 ÷ 39) + 1 = 1.51282051」で小数点3ケタ以下を切り捨て1.51倍。上のデシマルと同じですね。(他は試しに計算してみてください)あと、直感的に理解するために「分子が分母より小さい=オッズは2倍以下」ということも覚えておくと良いでしょう。

American(アメリカン)

ブックメーカーのオッズ(アメリカン)

アメリカンは、もともとは文字どおりアメリカンスポーツの勝敗予想に使われているもので、別名MoneyLine(マネーライン)とも言われる表示形式です。北中米系のブックメーカーでは非常によく使われていますが、一方で欧州系では非対応のサイトもあります。また、Odds Formatの選択肢では、AmericanではなくUSと書かれている場合もあります。

アメリカンは見慣れないうちは理解しにくいかもしれませんが、実はルールは簡単。マイナスの記号がある方がFavorite(フェイバリット:本命=オッズが低い)で、プラスの記号がついているのはUnderdog(アンダードッグ:格下=オッズが高い)を示しています。そしてデシマルの2倍以下はマイナスとなり、2倍を超えるとプラスの記号が付きます

このオッズでは常に100ドル(通貨は問わず100単元)の賭けが基準となります。マイナス記号がついているものは、「表示された数字を賭けて勝つと100が手に入る」を意味します。プラス記号のほうは「100を賭けて勝つと、表示された数字が得られる」を意味します。また、フラクショナル同様に賭け金の払戻し分は含みません。

マイナスのデシマルへの換算式は、「(100 ÷ 表示された数字) + 1」となります(最後に足す1は賭け金分)。この画像の例では(100 ÷ 195) + 1 = 1.51282051…となり、小数点3ケタ以下を切り捨てるとデシマルの画像の同じですね。プラス側は、「(表示された数字 ÷ 100) + 1」です。こちらは表示された数字から暗算で簡単に理解できるかと思います。

マイナス側(本命側)のオッズの良し悪しは、「数字が大きくなるほど倍率は低い」ということを覚えておくと良いでしょう。例えば-140よりも-200の方が堅いオッズです。(デシマルで-140は1.71、-200は1.5倍)

いくつかのブックメーカーで見かけるその他の3種の表示形式

ブックメーカーのオッズ表示形式(香港・マレーシア・インドネシア式)

デシマル、フラクショナル、アメリカンというのは様々なブックメーカーが採用しています。しかし、この3つのほかにもまだブックメーカーオッズの表示形式は存在します。それがHong Kong(香港式)、Indonesian(インドネシア式)、Malaysian(マレーシア式)です。

これらの名前の地域はギャンブルで使われてきた伝統的な表記法になります。欧州に拠点を持っているブックメーカーでは、ほぼ見かけないのですが、アジア圏のブックメーカーでは一般的となっています。下記はその特徴とデシマルへの換算方法になります。

(注)下記解説で例として掲載している画像の、一番端のFT.1×2と書かれた箇所のオッズはすべてデシマルのままで、他のFT.HDPとFT.O/Uが各表記に変化しています。

Hong Kong(香港式)

ブックメーカーのオッズ(香港)

香港式はデシマルにとってもよく似ています。違いを述べるとしたら、香港式は表記に賭け金の払戻分を含んでいないということですね

同じオッズのデシマル表記
ブックメーカーのオッズ(デシマル2)

つまり、香港式に1を足すとデシマルとなります

Indonesian(インドネシア式)

ブックメーカーのオッズ(インドネシア)

インドネシア式は、その名の通りでインドネシアの伝統的な形式となります。ブックメーカーのOdds Format選択ではIndoと書かれていることもあります。この表記はアメリカンとほとんど同じですね。違いがあるとすれば、アメリカンは賭けの単位が100だったのに対して、インドネシア式は1単元ということだけです

同じオッズのアメリカン表記
ブックメーカーのオッズ(アメリカン2)

ここを見れば一目瞭然なのですが、単位がアメリカンの100分の1になっていますね。インドネシア方式でもマイナスが付いているのが本命で、無印の方は格下となります。マイナスの方は「表示された数字分を賭けて勝つと1が入る」、無印の方は「1を賭けて勝つと表示された数字分が手に入る」ということです。(詳しいルールはアメリカンの解説をご覧下さい)

Malaysian(マレーシア式)

ブックメーカーのオッズ(マレーシア)

マレーシア式では、当地の伝統的なオッズ表記法となっておりブックメーカーではMalayと表記されていることもあります。香港式はデシマルに似ており、インドネシア式はアメリカンとの単元違いで分かりやすかったのですが、マレーシア式はちょっと違います。

特徴をまとめると、アメリカンやインドネシアンと似ているのですが、プラス・マイナスの記号の意味が逆になっており、インドネシアンと同じように1単元を基準とするのです。つまり、マレーシア式では無印が本命でマイナスが格下となります。

本命側の無印の方では、「1を賭けて勝つと表示された数字が手に入る」という意味があり、実は香港式と同じになります。つまり1を足すとデシマルになるということですね。マイナスが付いた格下側は「表示された数字を賭けて勝つと1が手に入る」という意味になり、賭けたい金額を表示された数字で割り算をすれば、期待される利益を知ることが可能です。こちらの画像の例でいえば、-0.95のパラナエンセに100ドル賭けて勝つと、100 ÷ 0.95 = 105ドル が利益、賭け金を含め205ドルが戻ってきます。(デシマルの画像と同じですね)

ブックメーカーオッズの種類まとめ

いかがでしたか?各表記法の特徴などを理解していただけましたでしょうか?こんな感じでブックメーカーには、デシマル、フラクショナル、アメリカン、香港、インドネシア、マレーシアンという6つのオッズ表示形式が使われているのです。

ブックメーカーを使うにあたって、こういったルールや計算方法を覚える必要はありません!オッズの表示形式はウェブサイト上で変更か、アカウント管理画面内で設定ができるようになっていますので、毎回換算して賭けることはありませんので安心してくださいね。

普段は見慣れない形式だと、直感的に何倍なのか?とかいくら賭けたらいくら配当があるか?ということを理解しにくいでしょう。なので、事前に分かりやすいものに変えておくのがポイントです。日本人であれば、デシマルが1番使いやすいと思いますので、設定をデシマルにしてスポーツベッティングを楽しんでください。

稀にですが、デシマル非対応、フラクショナルだけ、アメリカンだけというブックメーカーも存在しますので、そういったブックメーカーで賭けたいものがあった場合には、今回の解説を参考にしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*