【初心者さんへ解説】Eスポーツベッティングの詳細とオッズの種類について

オンラインブックメーカーのサイトに賭けられるスポーツ一覧がありますが、その中にeSports(イー・スポーツ)という言葉がある場合があります。

Eスポーツとは、近年生まれた新しいスポーツの概念、そして今や世界的に大きな市場を形成しています。

なので賭けの対象として取り扱うブックメーカーもだんだん増えています。

そこで今回は、Eスポーツとは何?、Eスポーツの賭けの対象・オッズの種類をわかりやすく解説していきます。

Eスポーツとは何か?

esports大会の様子

esports大会の様子 Photo credit: yakyuukuma
SKT VS SSG via photopin (license)

Eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)の略です。

これは、対戦ゲーム・格闘ゲームなどコンピューター・ゲームをスポーツとしてとらえた呼び方。

単にゲーマー(ゲームが好きな人もしくはゲームオタク)が集まって遊んでいることの表現を変えたのはもちろん、億単位の賞金がかかる国際大会も開催され、高額年俸を稼ぐプロプレイヤーが活躍!

世界中で競技人口は5000万人以上、そして特定ゲームのプロプレイヤーにはアスリートビザが発行され(これは、Eスポーツ=プロスポーツと認定されている証)、様々な企業がスポンサーとして資金援助して活動を支えるなど、他のスポーツと比べても全く劣らないほど”スポーツ”らしく世界中に普及しています。

1980年代、一般家庭へビデオゲームが普及し始め、それにともないゲーム大会も開催されるようになりました。

そういった大会がゲーム=スポーツとして昇華させていくきっかけとなり、1997年にはプロによる初めての競技大会が開催、2000年代に入ってさらに規模が広がり、現在は世界大会が毎年複数開催されています。

競技に使用されるゲームの種類

一言でEスポーツと言っても、競技には様々なゲームが使用されます。

競馬・平地競走・障害・芝・ダートレースなど種類があるのをイメージすると、理解も進むかもしれません。

ゲームの種類を大きく分けると次のようなものがあります。

ファーストパーソン・シューティング(FPS)
一人称視点(自分の目線)で対戦者と銃撃・格闘するゲーム。

リアルタイム・ストラテジー(RTS)
あなたが現実世界で軍隊を率いて相手と対戦するように、時間の流れが現実と同じ状況で、第三者(指示するものとしての立場)で、プレイヤー・キャラクターに行動の指示を与えて対戦するゲーム。

マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)
RTSに属するゲームの1つ、RTSはあなたがチーム全体を率いるのに対し、MOBAではあなたはチームの中の1人のプレイヤーとして参加、そうして相手チームと対戦します。

その他にも格闘ゲーム・スポーツゲーム・レーシングゲーム・パズルゲームなどなど、実に様々なゲームがEスポーツ大会の競技種目として存在しています。

ブックメーカーで主に賭けの対象となる大会

ピナクルのeスポーツハブ

ゲーム大好きなあなたがEスポーツの競技者となるなら、日々経験を積んだ結果、将来的に高額年俸を得られるかもしれません。

しかし、そこまでの長い道を目指さなくてもEスポーツに関連してお金を得るチャンスはあります。

ブックメーカーがEゲームを賭けの対象としているからです。

ゲーム大好き&Eスポーツに詳しければ、大会参加しなくても賭けの予想者として自宅で稼ぐことができます

ブックメーカーでは、Eスポーツのいろいろな大会に賭けることができます。

Eスポーツの取扱いの状況は、各ブックメーカーで異なりますが・・・

例えば大手ブックメーカーのpinnacleでは、積極的にEスポーツへのオッズを提供がされています。

具体的に次のようなゲーム大会が対象となっています。(PinnacleのEスポーツ情報専用ページの画像。Pinnacleでは、積極的にEスポーツを取り扱っています)

ブックメーカーで主に賭けられるゲームと大会

リーグオブレジェンド(League of Legends)

世界中で一番プレーされていると言えるMOBAゲームです。

主要大会であるワールドチャンピオンシップ(World Championship)ミッドシーズンインビテーショナル(Mid-Season Invitational、略称MSI)が賭けの対象です。

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(CS:GO)

このCSGOも世界中で多くの人にプレーされているFPSゲームです。

大会も数多くあり、E-Sports Entertainment Association(ESEA)主催のESEAグローバルチャレンジ(ESEA Global Challenge)、ESL主催のプロリーグ、各地国際大会など・・・年中賭けの対象が並びます。

ドータ2(Dota2)

ドータ2は、MOBAゲームです。

シアトルで毎年8月に行われるジ・インターナショナル(The International)という国際大会は、Eスポーツ界最高賞金額の大会で有名です。

他にも世界各地で大会が開催され、賭けの対象となります。

ブックメーカーが提供するオッズの種類

ブックメーカーで賭けられるオッズの種類は、大会の優勝予想、対戦ごとの勝利チーム予想など・・・野球やサッカーなど他のスポーツと同じような形式のオッズが基本です。

LOLのワールドチャンピオンシップなど大会によっては、MVP予想、決勝進出する2つのチーム予想(ファイナリスト予想)などもあります。

しかし、基本的なオッズ以外のオッズは、そのゲームにより異なります。

例えばLOLでは、どちらのチームが多く相手を倒すか?、どちらのチームがタワーを先に壊すか?、どちらのチームがドラゴン・バロンを先に倒すか?、ドラゴン・バロンを両チーム合計で倒した数の予想、両チーム合計でタワーを壊した数の予想などが用意されます。

もしもあなたがLOLに精通しているなら、観戦が一層楽しくなる要素となるオッズの数々でしょう。

ブックメーカーのEスポーツベッティングに関するまとめ

近年、人口は増えているもののEスポーツは発展途上の市場ですが、ブックメーカーではすでに非常に多くの大会に賭けることができますし、オッズも各ゲームにより多彩です。

大手ブックメーカーのPinnacleは、Eスポーツ専用のベッティング画面も用意するほどEスポーツに力を入れており、Eスポーツベッティングの情報も得られます。

今後ますますEスポーツのファンが増えていけば、ブックメーカーでの取扱いももっともっと拡大していくでしょう。

もし、あなたがゲーム大好き・ゲーマーで、esportsベッティングにこれから取り組むなら、プレイヤーとしてだけではなく予想者としても二倍に楽しめますよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*