【日本語解説】Sportsbet.ioの特徴・登録~入出金まで【BTC専用】

Sportsbet.ioの解説(スポーツベットアイオーの解説)

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、2016年オープン!

なんと、ビットコインをそのままで賭けられる新時代ブックメーカーとして有名です。

歴史は短くとも既存の他社に見劣りせず、英語が苦手な方も安心の日本語対応&日本語サポート対応!

サッカー・テニスをはじめとした各種スポーツの生中継視聴可能、キャッシュアウト対応などなど・・・利用者側の使いやすさは申し分ありません。

登録も簡単で、名前・住所などの個人情報不要、原則的に本人確認も必要ありません!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のサイトはこちら!

登録・入出金などSportsbet.io(スポーツベットアイオー)使い方の解説はこちら!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の特徴

2016年にオープンしたSportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、老舗ブックメーカーのPinnacle(ピナクル)・10bet(テンベット)と同じオランダ領キュラソー政府発行の営業許可ライセンス(認可番号→1668/JAZ)に基づき運営されている信頼できる合法ブックメーカーです。

Sportsbet.ioとはBTCsportsbook
(入出金残高は、ビットコイン表示)

スポーツベットアイオーは「BTC専用」!

近年、ビットコイン・その他の暗号通貨(アルトコイン)のリップル・イーサリアム・ライトコインなどでも入金可能なブックメーカーも増えてきましたが、基本的に「仮想通貨で入金→サイト内でドル・ユーロなど法定通貨に換算されて表示→賭ける」形式が基本です。

「クレジットカード・ネット口座の他に、仮想通貨でも入金可能です」と、入金の一手段としてビットコインや暗号通貨を取り扱っているにすぎません。

一方、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)はそういったサイトとは違い、完全に仮想通貨を使ってプレーするブックメーカーとなります。

入金可能なのはビットコイン(およびアルトコイン)のみ、さらにサイト上で確認できる残高表示・賭ける時の表示・賞金・出金もビットコインです。

オールBTCで完全にプレーできます。

スポーツファンに嬉しい生中継サービス有り!

Sportsbet.ioのライブストリーミング(生中継)

(スペイン・リーガのレアル・マドリーvsレガネス試合中の生中継&オッズ。こちらはベイルのゴール直後)

BTCで遊べるのが特徴ですが、ブックメーカーとして新しいSportsbet.io(スポーツベットアイオー)は完成度が高く、他のサイトを利用していたプレイヤーも満足のいく活用ができます。

基本的オッズは揃っていますし、会員登録後に入金すると、サッカー・野球・テニス・バレーボール・バスケットボール・クリケット・卓球・ラグビーなど様々なスポーツのライブストリーミング(生中継)が視聴可能なため、スポーツ好きにも人気です。

例えば、サッカー好きなら欧州サッカーのトップリーグ、CL・ELなどの試合はもちろん、Jリーグも一部試合が観戦可能です。

テニスは、ATP・WTAのツアー(試合により錦織選手・大坂選手が出場することも)、バスケットボールならNBA、野球ならMLBの試合など(試合によっては大谷選手所属のエンゼルスも)。

Sportsbet.ioのライブストリーミング(生中継)2
(MLBのエンゼルスvsヤンキースの生中継&オッズ。大谷選手のメジャー4本目がこの後に!)

キャッシュアウトで利益をきちんとコントロール

2018年にキャッシュアウト(賭けを最後までやらずに途中で降り、利益確定・損切りする機能)も導入。

Sportsbet.ioのキャッシュアウト

他のブックメーカーでプレー中の方は知ってのとおり、キャッシュアウトとは賭けた後にキャンセルできる機能です。

キャッシュアウト時点の見込みに応じて想定される払い戻しの一部を早めに受け取ったり(利益確定)、賭けが外れる可能性が高い場合は損切りができます。(上画像はスマホ版。キャッシュアウトは、賭け履歴画面から実行できます。画像の賭けは、予想通り的中した場合でキャッシュアウトしていません)

登録は個人情報なしで簡単

Sportsbet.ioの登録は簡単
(簡単な項目入力で登録完了)

日本語対応&サポートも日本語OK(確認済み)なサイトで、アカウント登録時に個人情報が不要なんで誰でも気軽に登録できます。(年齢確認で生年月日は入力します)。

ユーザー名作成後に確定ボタンを押すだけ!

登録完了まで1分もかかりませんよ。

また、原則的に本人確認も不要なので、手間をかけずに楽しめます。

※ただし、カスタマーサポートが必要と判断した場合のみ本人確認が必要!

スポーツ観戦・キャッシュアウト対応・日本語対応・登録に面倒な手続き不要。

ビットコインを使えるサイト自体はSportsbet.io(スポーツベットアイオー)以外にもありますが、これだけごちゃごちゃしていないシンプルなサイトで初心者でも使いやすく、総合的なバランスが良いのが魅力です!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のサイトはこちら!
登録・入出金など使い方の解説はこちら!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のウェブサイトの詳細

URL https://sportsbet.io
オンライン化 2016年
提供中 スポーツベッティング、バーチャルスポーツベッティング、カジノ、ライブカジノ
使用可能デバイス パソコン、モバイル端末各種
表示対応言語 日本語, 英語, ポルトガル語, トルコ語, スペイン語, タイ語
表示対応通貨 ビットコイン(BTC)
入出金手段 入金
利用中の取引所、ウォレットに置いているビットコインを直接入金可能。
または、入金ページ内に設置されている仮想通貨両替システム「Shifty」によって、Aragon, Basic Attention Token, Bancor, Bitcoin Cash, Bitcoin Gold, Black Coin, Civic, Clams, Dash, Digibyte, district0x, Dogecoin, Edgeless, EOS, Ether, Ether Classic, GameCredits, Gnosis, Golem, Matchpool, Komodo, LBRY Credits, Litecoin, Numeraire, Nxt, OmiseGo, Potcoin, Qtum, Augur, Reddcoin, RCN, iExec, Salt, Siacoin, Status, Stori, Swamrm City, Vertcoin, Wings, Monero, Ripple, Zcash, 0xなどをビットコインに両替後、入金できます。
出金
取引所・ウォレット問わず、ビットコインアドレスならどこでも出金可能(入金元と違ってもOK)
サポート体制 メール
ライブチャット
日本語対応 あり(メールは24時間日本語対応。ライブチャットは時間帯により英語版のみの場合あり)

残高表示はミリビットorマイクロビット単位で可能

Sportsbet.ioの残高表示

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の残高は、他のブックメーカーと違い法定通貨(ドル・ユーロなど)の表記がなく、完全にビットコインのみです。

最小単位はm฿(ミリビット)で表示、「1m฿=1ビットコインの1000分の1」です。

ビットコインのレートがその時にいくらであってもこれは変わりません。

例えば、1ビットコイン=100万円なら1m฿=100万 ÷ 1000 = 1000円相当となる計算です。

入金は最低1m฿から、出金は2m฿からとなっています。

最大出金額は制限なし、サポート担当者に問い合わせてみたところ・・・過去に181BTC(2018年5月2日レートで1億7千9百19万円?!)を同日中に出金した事もあるそう。

(規約上、「1週間に最大50BTCまで」のルールが存在しますが、問題がなければ迅速に対応してくれるそうです)

2018年5月10日追記

スポーツベットアイオーの残高表示

小さな金額から気軽に楽しくプレーできるようにと、残高の最小単位がm฿(ミリビットコイン)→µ฿(µBTC:マイクロビットコイン)に変更可能になりました。

「1m฿ = 1000µ฿」で、「1µ฿とは0.000001BTC(5月10日時点の日本円換算額で1円程度)」となります。

もしも単位を変更したい時は、入出金ページでマークを変更してみてください。

革新的な仕様!入金元と出金先が自由自在?!

Sportsbet.ioの入出金の流れについて

入金は、取引所・ウォレットなどどこでも場所を問わず可能、さらに数分~30分以内で完了します。

手数料は送る側に発生(額は送金元によって違います)。

出金も同じく取引所・ウォレットなどで可能、さらに手数料無料です。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、入金元と出金先が違ってもまったく問題ないという柔軟性が素晴らしいところ。

例えば、ビットフライヤー(取引所)から入金後にプレーして、賞金を別の取引所またはウォレットへ送ることも可能!

要するにとっても自由なんですね。

「Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)でのプレーをはさんでビットコインを移動」なんて使い方も可能です。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のサイトはこちら!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のスポーツベッティングに関して

賭けられるスポーツ サッカー、テニス、バスケットボール、野球、アイスホッケー、オージールールズ、バトミントン、バンディ、ビーチバレー、ローンボウルズ、ボクシング、クリケット、ダーツ、Eスポーツ、フロアボール、フットサル、ゴルフ、ハンドボール、総合格闘技、ラグビー、スヌーカー、スカッシュ、卓球、水球、バレーボール、モータースポーツ各種(F1、Nascar、ラリー、スピードウェイ、Indycar等)、ウィンタースポーツ各種(アルペンスキー、バイアスロン、カーリング他)、スポーツ以外、その他多数
オッズ表示形式 デシマル(2.0)、アメリカン(+100)
最小賭け金 10µ฿(1BTC=100万円の場合、10µ฿=10円相当額)
最大賭け金 賭けるオッズによって違ってきます
ライブベッティング あり
ライブストリーミング あり(様々なスポーツ・試合が対象)
キャッシュアウト あり
新規特典 あり

新規リスクフリーベット特典

Sportsbet.ioのボーナス

登録後に入金してプレーした初めての賭けがもし負けた場合、最大5m฿まで返金されます(1m฿=1000円の場合、5000円相当)。

ただし、対象は試合前のオッズへのシングルベットのみ。(マルチベット・試合中の賭けは対象外なので注意)

例えば入金後にサッカー日本代表の試合前に「日本勝利」に賭けた場合、試合がドロー・負けだったた5m฿が戻ってきます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の運営社情報

運営企業 Luckbox Ent Ltd
創業年 サイト運営2016年
認可ライセンス キュラソー賭博認可局(承認番号→1668/JAZ)

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の使い方について

早速、ここから具体的にSportsbet.io(スポーツベットアイオー)の利用法を解説していきます。

アカウント未登録の方は、とっても簡単なので以下の登録方法に沿って手続きしてみましょう。

簡単!アカウント登録方法は?

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のサイトへアクセスします。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のサイトはこちら!

モバイルでSportsbet.io(スポーツベットアイオー)に登録

Sportsbet.ioのモバイル版登録方法

スマホで登録する場合、サイト上部にある人型のアイコンをクリックします。

ログインページへ移動しますから、そこにある「アカウント作成」をクリックで登録フォームが表示されます。

ページ上部の「アカウントの作成」をクリックします。

Sportsbet.ioの登録方法解説1

次のページへ移動し、入力欄に必要事項を入力していきましょう。

Sportsbet.ioの登録は簡単

英数字を組み合わせたユーザー名・パスワードを作成、そしてメールアドレスと生年月日を入力後に「登録」をクリック。

これで完了です。

Sportsbet.ioの登録方法解説2

この上の画面に進めば完了です。

登録メールアドレス宛に完了通知が届いているので確認してくださいね。

※重要
カスタマーサポート判断で本人確認が行われることがあります。

メールアドレス・生年月日などはミスのないように正確に入力してください。

入金方法は?

アカウント完成後、入金していきます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)へは、ビットコインを保有している取引所・ウォレットなどから入金可能です。

手続きをまとめて説明すると、「1.Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金ページへ移動し、入金先アドレスを確認」「2.送金元(取引所・ウォレット)から、入金先アドレスへ送金手続き」「3.手続き後、数分~30分以内に着金」。

ビットコインを送ったことがある人なら、手順自体は同じなのですぐ分かると思います。

初めてで不安という方は、以下をご参照ください。

※追記

現在、クレジットカード・デビットカードで直接ビットコインが購入可能となり、事前に取引所で買う手間が減り、一層簡単に入金可能です。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金ページを開きます。

Sportsbet.ioの入金方法解説1

この英数字の羅列が、あなたのSportsbet.io(スポーツベットアイオー)アカウントに入金するための専用のアドレス(送金先)です。

このアドレス宛に送りますから、「リンクをコピー」をクリックしてください。

アドレスコピーの次は送金元のサイトへ移動します。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)へは、ビットコインの取り扱い可能な取引所・ウォレットなどから入金できます。

例えば、現在日本人がよく利用しているビットフライヤー(Bitflyer)ザイフ(Zaif)コインチェック(Coincheck)、そして世界的にも有名なバイナンス(Binance)などの取引所。

BitpayBitcoin CoreBreadwalletなどのウォレット(ビットコインの財布)。

要するに、ビットコイン送金可能なところからならどこでもOKです!

続いて、ビットフライヤーを例に解説します。

ビットフライヤーアカウントにログイン、次にメニューの「入出金」のページへ移動します。

それから「BTCの送付」をクリックします。

Sportsbet.ioの入金方法解説2

進んだページで外部ビットコインアドレスを登録。

これは、先ほどコピーしたSportsbet.io(スポーツベットアイオー)入金先アドレスのことなので、ペースト(貼り付け)して登録します。

ラベルは、自分で分かる名称ならなんでも構いません。

アドレス登録後は、そのアドレスを選択し(ラベルの横にチェック)、入金したい額のビットコインを打ち込みます。

Sportsbet.ioの入金方法解説3

事前に設定してある暗証番号を入力、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックします。

Sportsbet.ioの入金方法解説4

2段階認証などを設定している場合、認証コードを打ち込み手続き完了。

Sportsbet.ioの入金方法解説5

アカウントを少し後で確認するときちんと反映されていました。

この間、約10分程度・・・

ビットコインの送金は、処理時間にばらつきが生じますから賭けたい試合があるならあらかじめ余裕を持って手続きしましょう。

(画像を見ると入金履歴認証が「保留」ですが、これが少し後に「認証完了」となります)

※重要!2度目以降の入金について
入金先のビットコインアドレスは、毎回変わりますので注意してください。

次の画像を見てください。

Sportsbet.ioの入金アドレスの違い

上が初回入金時のアドレス、そして下は2回目入金時のアドレスです。

入金先アドレスは見てわかるように毎回違っているので、前回の登録アドレスにはもう入金しないように注意です。

(万が一間違って入金した場合、その入金資金は返ってきません!)

ですから間違わないためにも、取引所・ウォレット上に一度登録したアドレスは、入金後に削除するのがオススメです。

毎回「1.Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)入金ページで、入金先のアドレスを確認」「2.送金元(取引所・ウォレット)で、入金先アドレスへ送金手続き」「3.その後、数分~30分以内に着金」となります。

賭け方について

資金が届いたら、早速賭けてみましょう。

こちらも手順は簡単です。

Sportsbet.ioのオッズ
(J1のオッズページ)

 

【賭ける手順説明】

1.賭けたいスポーツを選ぶ
2.賭けたいリーグ・大会を選ぶ
3.賭けたい試合を選ぶ
4.賭けたいオッズを選ぶ
5.賭けたい金額を入力
6.確定
7.終了後に結果確認

流れ自体は、残高・賭け金の入力がBTCというだけで、基本的なブックメーカーの使い方と同じです。

Sportsbet.ioのベットスリップ

賭け金の入力画面がこちらですが、10µ฿(10円程度)と他にないほど少額から試せます。

一方、残高があるなら1BTCのような高額な賭けにも挑戦できます。

また、複数オッズを組み合わせて、オッズをかけ算できるマルチベットも可能です。

自分の好きなスポーツに好きなように賭けてお楽しみください。

Sportsbet.ioの賭け履歴

出金方法について

プレー後の出金ですが、出金は入金よりも簡単です。

手順は、「1.出金ページに出金先のアドレスを入力」「2.出金希望額入力→確定」「3.手続き後、数分~30分ほどで着金」です。

何度かここでも触れているとおり、出金先はビットコインアドレスならどこでも可能です。

例えば、ビットフライヤーから入金した場合、絶対にビットフライヤーに戻さないといけないという制限はありません。

別の取引所・ウォレットでもどこでも送金可能です。

今回は、バイナンスに送金することとします。

バイナンスでビットコイン入金アドレスを確認し、コピーします。

Sportsbet.ioの出金方法1

コピーしたアドレスをSportsbet.io(スポーツベットアイオー)出金ページに貼り付けます。

次に出金希望額を打ち込み(試しに5m฿で今回はやってみましょう)、「出金」を押して完了です。

Sportsbet.ioの出金方法2

5分後、バイナンスの残高にきちんと反映されていました。

Sportsbet.ioの出金方法3

以上のようにとってもとっても簡単なんです!

おまけに手数料も無料!!

BTCをBTCのまま保有している状態ですから値動きは関係ありませんし、あとでもう一度プレーするのならそのまま放置でも問題ありません。

出金の必要性を感じた場合は、自分の好きな送金先に移動ができます。

ただし、出金先アドレスも毎回変わる可能性があるので注意してください。

たとえ同じ場所に送るとしても、アドレスは毎回必ずチェックしてください。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の他のBTCブックメーカーとの違い&活用法!

ビットコインの価格変動

ビットコインの価格は、現在乱高下を続けています。

ビットコインを入出金手段として受け入れるブックメーカー(入金後にドル・ユーロなど法定通貨に換算し、そこからプレーするサイト=残高表示がビットコインではないサイト)では、入出金のタイミングによって大きく価格変動の影響を受けます。

例えば、入金0.1BTCで入金時のレートが1BTC=1万ドルだった場合(0.0001BTC=1ドル計算)。

ブックメーカーの残高表示がドル単位なら、着金時には1000ドル。

さらにそこから賭けに勝って1500ドルに増え、それをBTCとして出金した時にレートが高騰し1BTC=1万5千ドルだとすると・・・

1ドル=0.00006667BTCとなり、1500ドル=0.1BTCになります。

入金が0.1BTC、出金は0.1BTC。

これを見てどう思いましたが?

そう、BTCは全く増えていません。

賭けに勝ったにも関わらず、ビットコインの価格上昇で出金時に賞金が減る、もしくはマイナスになる可能性があるんです。

反対にビットコインの対円/対ドルなどのレートが下がれば、今度は受け取れるBTCが増える可能性ももちろんあります。

しかし、法定通貨を挟んでプレーすると、ビットコインで手軽に入出金できるのがいいのに、価格の上下を細かくチェックしなければならない面倒が出てきますよね。

BTCのまま入出金するので値動きの心配はありません!

Sportsbet.ioのメリット

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)はこの心配が実はないんです!

取引所でビットコイン購入タイミングでの価格は確かに重要です・・・が、プレー中の入出金には影響なし!

出金して取引所・ウォレットに保有して、再びプレーしたくなったらそのBTCをSportsbet.io(スポーツベットアイオー)へ。

もしくは、毎回入金で多少の手数料が発生するので、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)アカウントにそのまま保有しておくことも可能です。

そして価格が良いタイミングで取引所へ出金、日本円・ドルなど法定通貨として出金します。

他の仮想通貨対応ブックメーカーに比べて、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)なら心配と無駄が省けます。

スポーツベッティングでBTC投資を始めてみる!

そして、スポーツベッティング経験者ならご存知のとおり、スポーツへの賭けは十分に勝ち越せる可能性があるので、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)を活用すれば短時間で大量のビットコインを増やすことも可能です。

試合中の賭けなら2~3分で結果が出るオッズもあるので、見極めながら賭ければ値上がりを期待して保有しておくより遥かに効率的に増やせます。

取引所・ウォレットへ放置しておくなら、Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)に移しておいても同じこと。

試合を見ながら賭けて、ビットコインを増やして、タイミングの良いところで現金化しましょう。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、ビットコインで入金・そのまま賭けて増やせるサイトとしては抜群の使いやすさです。

欧州サッカーはもちろん、Jリーグ・テニスプロツアー・メジャーリーグなど、自分の好きなスポーツの生中継を観る手段としても便利!

とりあえずまずは、簡単に登録できる無料アカウントをご用意ください。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)で登録(無料)
登録・入出金などの使い方解説へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*