ブックメーカーの基礎知識

スポーツベッティングって何!?楽しいの?稼げるの?気になる5つの魅力を紹介!

スポーツベッティングとは何か?

スポーツベッティングというのは、ブックメーカーが提供しているオッズに賭けて、予想が当たったら倍率に応じた利益を貰うことができるという賭けのことをいいます。簡単に説明をすればこれだけのことなのですが、実際にスポーツベッティングをやってみると、それ以上の魅力があることに気が付くでしょう。

その魅力というのは、ブックメーカーのサイトが『スポーツ好きに最高に便利』であり、『楽しみながら稼げる可能性がある』からです。ということで今回は、スポーツベッティングの基本や、他のギャンブルと比較をしたときの優位性、ブックメーカーのメリットなどをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポーツベッティングの基本的なところ

ブックメーカーのJリーグオッズ例
(ウィリアムヒルのJリーグの試合に対するオッズの一部)

ブックメーカーやスポーツベッティングが、どのようなものなのか?下記に基本的な情報を挙げていますので、参考にしてください。すでにプレーをしている人には当たり前の情報なので、読み飛ばしていただいて大丈夫です。

サッカー、テニス、野球、その他、世界中のあらゆるスポーツが賭けの対象

ワールドカップやオリンピックなどの国際大会も賭けの対象

スポーツ以外の政治経済・芸能・その他様々なイベントも賭けの対象

単なる勝敗予想だけでなく、スコアの予想や点差の予想など賭けの切り口が多彩

賭けた時点のオッズで払い戻しされる

ネットで24時間365日、何かしらのスポーツやイベントに賭けられる

パソコン、スマホ、タブレットで場所を選ばすプレーできる

サイトを見るだけでも全然OK

10円程度の少額から賭けられる(百万単位の賭けも可)

いつでもプレーできて、いつでも辞められる(強制は一切なし)

つまり、『好きなスポーツ』に対して『好きな時に好きな金額を賭ける』という楽しさがあるって事です!それが、ネットを使ったオンラインスポーツベッティングなのです。元はイギリスで発祥した娯楽だったので、英国圏の多くの国ではもはや一般的な文化として根付いています。最近では、上の画像にある「ウィリアムヒル」のように日本語に対応しているブックメーカーも増えてきましたので、英語が苦手という方でも簡単にプレーすることができるようになりました!

関連ページ
ブックメーカーとは?歴史や特徴など
ブックメーカーの歴史的な事については、トップページでも解説をしていますので、そちらもご覧になってみてください。

それでは、ここからはスポーツベッティングの魅力についてお話をしたいと思います。

1.賭けても賭けなくても面白い!ブックメーカーのオッズは「前評判」を測る目安になる

ブックメーカーのワールドカップ優勝予想オッズ例
(ウィリアムヒルのW杯2014の優勝予想オッズ)

ブックメーカーの代表的な賭け方の1つに、リーグや大会などの「優勝予想」があります。上の画像のサッカーワールドカップの優勝予想、テニスの大会優勝予想、オリンピックの金メダル予想、プロ野球のシーズン優勝、さらには選挙の当選予想などがこのタイプになります。

このようなオッズを、シーズン前・イベント開始前にチェックしておけば「本命」や「大穴」と評価されているものが一目瞭然!

ブックメーカーのオッズというのは、「プレイヤーがそれぞれの選択肢にどのくらいの金額を賭けるか?」「過去の成績」「何倍なら妥当だと感じるか」という要素と、自社に利益が出るように調整をして作られています。ですから、提示されているオッズというのはブックメーカー側とプレイヤー側の総意を反映していると捉えることもできます。

つまり、「チーム・選手の前評判、強弱を知る目安」になるのです。例えば「今日の試合はどっちが格上か?」「ワールドカップの本命はどこ?日本は何番手?」「アカデミー賞の有力候補は?」「好きな選手が金メダルを取る見込みは?」といったことですね。

スポーツやイベントについて予備知識がなかったとしても、オッズが優劣について代弁してくれていますので『結果が順当か、番狂わせか』ということを把握できますし、オッズを裏切る結果となればインパクトが大きなものになりますよね。ちなみに、サッカーイングランドのプレミアリーグ2015-2016シーズンで優勝したのは「レスター」だったのですが、シーズン開幕前は「5001倍」という超大穴だったのです。これが番狂わせの好例ですね。

優勝予想だけではなくて各試合のオッズも同じように使う事ができるので、気になる試合があればチェックをしてみてくださいね。オッズが良い刺激となって、今までのスポーツ観戦とはちょっと違った面白さを味わう事が出来るでしょう。最近では、日本に関連したオッズ(例えば、サッカーワールドカップの日本代表のオッズ・テニスの錦織選手が出場する大会の優勝予想など)は、ニュースメディアでも紹介されていますので、日本人のファンがオッズをチェックするという機会が増えてきています。

2.「賭けて応援」するのが超刺激的!スポーツエンターテイメント

ブックメーカーの応援賭け
(好きなチームに期待を込めて応援Bet)

スポーツベッティングの中では、好きなチームや好きな選手の勝利オッズに賭けることを『応援賭け』や「応援ベット」と呼んでいます。賭けることにより応援する気持ちにも一層熱が入りますし、予想通りに勝ったときの喜びは普通に応援しているときの何倍にもなります。

それは好きなチームが勝利したことにプラスして「予想が的中して、賞金をゲットできた」という喜びが増すからですよね。つまり、1回の試合で3つの喜びを味わう事が出来るのです。これはカジノや宝くじなどのギャンブルでは味わう事のできない面白さです!スポーツベッティングならではの、大きな魅力の1つとなっています。

ブックメーカーが賭けの対象にしているスポーツというのは、どれも「優勝予想・勝利予想・勝ち抜け予想・金メダル予想」などがあり、『応援ベット』をするには最適な賭け方がたくさん用意されています。サッカー・ラグビーなどのチームスポーツであれば、試合によっては「誰がゴールを決めるのか?」という賭け方なども用意されていますので、好きな選手のオッズをチェックしてみるのもおススメです。

ワールドカップ、オリンピックなどの国際大会であれば、代表チームの優勝や気になっている選手の金メダル予想などに賭けてみるのも面白いですね。見込みが薄い「大穴」であればあるほど、的中した時の感動は何十倍にも膨れ上がるでしょう。

フィギュアスケートの優勝予想オッズ例

こちらの画像は、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートの優勝予想オッズです。羽生結弦選手は怪我からの復帰戦だったので、宇野選手に続く二番手というオッズでした。しかし見事に66年ぶりにオリンピック連覇という記録を樹立した羽生選手!彼の演技への感動と、応援ベットをして的中したという嬉しさはなんとも言えない喜びと新鮮な感覚が味わえました。

このオッズは順当な結果だと言えますが、番狂わせが起こることもあります。例えば、ラグビーワールドカップ2015にて、日本代表が強豪チームの南アフリカに2点差で勝った試合などは番狂わせですね。ラグビー史上最大のジャイアントキリングとも言われる出来事でしたからね。

ブックメーカーは、もちろん日本の勝利予想はしていなかったので、あるサイトでは「2点差で日本が勝つ」という賭けに「81倍」ものオッズを与えていました!つまり、1万円を賭けていたら、試合が終わったとともに81万円を手に入れることができたってことです。かなり凄い番狂わせですよね。

これらの例は試合前・競技前に発表されたオッズになります。一方で、「試合中の応援ベット」というのは、もっともっと白熱します!ブックメーカーでは試合中に賭けることを「ライブベット」と言います。

試合中の応援賭け
(スタジアムで観戦中、ハーフタイムに後半の予想オッズチェック)

例えばサッカーであれば、好きなチームがリードされているときに賭けてみたり、テニスであれば応援している選手が1セット取られてから賭けてみたり・・・

負けそうな時は試合前よりもオッズが高くなっていますので、試合中に賭けた後にチームや選手が建て直して逆転したときには、勝った喜びプラス通常よりも高い賞金がもらえるという喜びが舞い込んできます。

3.併設された各種の統計データをチェック!知識が増えてスポーツの見方が変わる

スポーツベッティングを始めると、最初は好きなチームや選手に賭けているだけでも十分に楽しいのですが、予想を当てるために様々な工夫をしてみたり、情報を集めたりするようになるでしょう。例えば「この試合、それぞれの現在の順位差はどうだろう?」「スコアが動きやすい時間帯は?」「この監督の傾向は?」「最近の得点率や失点率はどうだ?」「過去の対戦成績は?」などなど・・

そのスポーツが好きな人であれば、かなり興味がありますよね?

実は、ブックメーカーのウェブサイトにはこれらのデータをまとめているページがあるのです!もちろん、いつでも無料で閲覧することができます

ブックメーカーのstats機能
(10betjapanのJリーグの試合データページ)

サッカーであれば、現在と過去数シーズンの順位表試合予定試合結果過去の成績、あるチームとの過去の対戦結果得点率、、勝率失点率選手の個人データなどなど・・・多くの情報が掲載されていますし、それがいつでも見放題なのです。

もちろん賭けなくても見ているだけでもOKです!例えば、あのリーグの順位はどうなったのか?と気になったときには、その結果を見るだけでも構わないのです。それから、オッズと合わせて過去の順位や過去の対戦成績を見ておけば、試合の見方も変わってくるでしょう。

応援ベットでお話をした試合中の賭けというのは、専用のページにその試合中のデータがリアルタイムでどんどん更新されていきます。

ライブベット中のデータ
(試合中の賭けページのライブデータ一部)

サッカーの試合であれば、出場選手やタイムテーブル、フリーキックの数やゴール数、コーナーキックの数やボール支配率、ファウルの数や攻撃回数、枠内シュートや枠外シュートの数などなど・・・

テニスの試合であれば、ブレイク成功率やエース、ダブルフォルトなどなど・・・スポーツによって各種の情報がチェックできるので、観戦している時のサポートツールとしても多いに役立ちます。気になる試合が行われているときには、ぜひブックメーカーのサイトを見てみてくださいね!

4.いくつかのブックメーカーではスポーツ観戦にも活用できる!

いくつかのブックメーカーでは、『会員向けの特典』として、スポーツ中継の放送(ライブストリーミング)を提供してくれています。統計データや予定表以上に、スポーツファンにとってはうれしいサービスですよね。

21betライブストリーミング配信
(21betの生中継の様子。ネットで様々なスポーツが視聴可)

ブックメーカーによって、ライブ配信のルールは異なりますが、一般的に会員登録といくらかの入金が求められる事が多いです。(ちなみに、21betであれば登録だけでPCから視聴が可能です)

サッカー、バスケットボール、テニス、野球、バレーボール、Eスポーツ、アイスホッケーなどなど配信の対象となっているスポーツは多岐にわたります。

サッカーであれば、イングランドのカップ戦、ドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アン、スペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリアA、そして各地のカップ戦や国際大会など。テニスなら四大大会を含むほぼすべての大会、バスケットボールはNBAやヨーロッパのリーグ戦などが視聴できるブックメーカーもあります。

つまりブックメーカーというのは、ただ単に「ネットでスポーツ中継を視聴できるサイト」として活用することもできるというわけです。試合を見ながらの賭けが、スポーツベッティングの魅力であり醍醐味なのです!

5.スポーツベッティングに慣れたら「投資」のように稼げる可能性もある

スポーツベッティングが人気なのは、応援ベットや特殊なオッズへの賭けが「おもしろいから」という理由だけではありません。「本格的に取り組めば、稼げるようになる」からです。

ブックメーカー投資で稼ぐ!?

ブックメーカーが提供しているスポーツベッティングは「払戻率が90~98%前後」という高水準になっており、他のギャンブルと比較してプレイヤーに良心的だという特徴があります。日本で行われるギャンブル、例えば「競馬は75%」「宝くじは40~50%」「パチンコは80%」前後の払戻率となっています。日本以外のギャンブルで言えば、カジノはゲームによって「80~98%前後」の払戻率になります。(払戻率が100%に近いほど、掛け金の総額から運営者によるピンハネ額が少なくなる、つまりプレイヤーへの還元が増えるってことですね)

そしてスポーツベッティングでは『勝ったときは賭けた時点でのオッズで払戻し可能』『賭け方の選択肢が多い』という大きな特徴がありますので、スポーツへの情報収集力や絞殺力、分析力や判断力などの実力が収支に大きな影響を与えると言ってもいいでしょう。

カジノであれば、バカラやルーレットなどのテーブルゲームの結果は「100%が運しだい」なので、実力を介入させる余地はありません。しかしスポーツベッティングであれば、スポーツの結果はブックメーカーが操作するわけではないですし、完全に運で決まるものでもないので、実力が介入する場所はいくらでもあるのです。

つまり、一度でもコツをつかんでしまえば「スポーツベッティングで収益を生み出せる」という事なのです。景気に左右されることはないので安心ですし、業界にはスポーツベッティングだけで生計を立てられるほど収益を得ているプレイヤーもいます。(プロプレイヤーといいます)

副収入程度であれば、難しくはないと言えるでしょう。そうなるためには、戦略や思考なども必要なのですが、それはプロプレイヤー監修のもとで紹介していますので、参考にしていただければと思います。

そして近年では、賭けを途中で降りて利益確定や損切などが可能な「キャッシュアウト」という機能を備えているブックメーカーも増えていますので、スポーツベッティングが投資に近い性質を持つようになってきたのは事実です。

ブックメーカ、スポーツベッティングのまとめ

いかがでしたか?スポーツベッティングがどんなものなのか?そしてブックメーカーの特徴などが、イメージできましたでしょうか?基本的なポイントと5つの魅力について、改めてこちらにまとめてみましたので、ご覧ください!

サッカー、テニス、野球、その他、世界中のあらゆるスポーツが賭けの対象

ワールドカップやオリンピックなどの国際大会も賭けの対象

スポーツ以外の政治経済・芸能・その他様々なイベントも賭けの対象

単なる勝敗予想だけでなく、スコアの予想や点差の予想など賭けの切り口が多彩

賭けた時点のオッズで払い戻しされる

ネットで24時間365日、何かしらのスポーツやイベントに賭けられる

パソコン、スマホ、タブレットで場所を選ばすプレーできる

サイトを見るだけでも全然OK

10円程度の少額から賭けられる(百万単位の賭けも可)

いつでもプレーできて、いつでも辞められる(強制は一切なし)

オッズが前評判を計る目安になり、スポーツが一層楽しくなる!

今後の予定表やさまざまな統計データは使い放題!

世界中のスポーツ中継が視聴できる!

応援賭けは新たなスポーツエンターテイメント!

娯楽でありながら、実力次第で稼げる可能性も!

このほかにもたくさんの魅力がありますが、最初のころは「こんなスポーツも!?」とか「こんなオッズが!?」と驚いてばかりいたことを思い出します。アカウントを作って欧州サッカーの試合に初めて賭けてみたら、運よく5万円ほど勝ったときには、とっても嬉しかったのを覚えています。現在で10年以上プレーをしていますが、スポーツごとに違った面白さを感じているので、全く飽きてきません。

スポーツベッティングというのは娯楽としても楽しむことができますし、やり方次第では数万円~それ以上もの副収入を継続して稼ぐこともできます。それから、ブックメーカーのウェブサイトはスポーツ好きにとって、便利な機能がたくさんあります。オッズやデータを活用するだけで、スポーツ観戦がより楽しくなりますよ!

スポーツベッティングのことを知って、好きなスポーツをより楽しめるように、より好きになれるように!そのキッカケとなればいいかな~って思います。

具体的な始め方は?

それでは最後に、ブックメーカーをどうやって利用すればいいのか?という事を説明しておきましょう!

①使いたいサイトで会員登録(無料)

②入金する(最低1000円程度〜)

③好きなスポーツに賭ける

④賞金を引き出す

このように、とっても簡単にブックメーカーを使う事ができます。ただし、入金・出金には専用のネット口座のようなサービスを使いますので、最初に「会員登録・口座開設」などの準備をしなければいけません。(すべて当サイトで解説していますので、参考にしてください)

準備に手間がかからないという点でいえば、登録が簡単、入金にはクレジットカードやデビットカードが使えるという10etjapan(日本語対応)であれば、今から10分後にはプレーを始めることができます。

0からスタートするのであれば、下記の解説に沿って無料のアカウントを用意してみてくださいね!

【初心者必見】ブックメーカーの賭け方について解説!基本オッズ17種とは?

まず、スポーツベッティングを始めようとブックメーカーのサイトを初めて見たとき・・・

こんな賭け方もあるの!?おもしろそう!!」というドキドキした高揚感と同時に、「でも初心者じゃちょっと難しいのかな?」なんて不安も胸をよぎりませんでしたか?

それは、ブックメーカーの賭けの切り口が基本のものからユニークなものまでバラエティ豊富すぎることか理由なのかもしれません。

でもご安心下さい!

ブックメーカーの賭け方・提示されるオッズには、実は基本的なパターンがあるんです。

ですから基本的なパターンさえ把握してしまえば、どんなスポーツでも賭けを楽しめますよ。

今回は、特に知っておきたい基本的な17種類の賭け方に注目!

その特徴・ルールの説明、そしてブックメーカーでの表記(各ブックメーカーのサイトにより表現が異なる場合があるため)をまとめました。

ページの内容 [表示]

大会・リーグ全体が対象のオッズについて

最初に大会・リーグ・カップ戦などの全体が対象のオッズの基本型から解説します。

To Win Outright/Tournament Winner・・・優勝予想オッズについて

優勝予想オッズ(To Win Outright)

【2014ワールドカップ ベスト16時点での優勝予想オッズ】

To Win Outright(トゥウィンアウトライト)は、賭けの対象となる全スポーツに共通する一番分かりやすい賭け方です。

リーグ戦・カップ戦・国際大会などの最終的な結果を予想する賭けで、賭けたチームが優勝すれば的中という単純明快なもの。

MLB、NBA、NFL、NHLなどのアメリカンスポーツでは、地域・リーグ・カンファレンスごとにオッズ提供がされます。

日本語対応しているブックメーカーのサイトでは、うえの画像のように”優勝”と書かれているのでわかりやすいでしょう。

英語で表記の場合、To Win OutrightではなくTournament Winner(トーナメントウィナー)となっている場合もあります。

例えば、リーグ戦が対象の場合は開幕前にまず発表されます。

さらにシーズン期間中にも賭けられます。

ただし、期間中はそのときの順位・状況に合わせてオッズが調整されているので、倍率は開幕前と異なります。

ですから同じチームの優勝予想オッズに開幕前とシーズン中に賭けた場合、賭けたチームが優勝した時には別々に計算され、別々の配当が得られます。

To Win Outright(Tournament Winner)・・・優勝予想オッズで賭けの対象となる全スポーツに基本的に用意されている一般的な賭け。

賭けたチーム・選手がリーグ・大会で優勝すると的中。

米系スポーツの場合は、カンファレンス単位での優勝予想もあります。

期間中も賭けることができ、同じチームに何度賭けても良いのですが、賭けたチームが優勝したら賭けたタイミングごとのオッズで計算された配当が得られます。

Group Betting・・・グループ内での1位予想・突破予想について

グループ首位予想オッズ(Group Betting)
【2014ワールドカップ グループCの1位予想オッズ】

Group Betting(グループベッティング)もはじめに解説したTo Win Outrightと同じく、全スポーツ問わず共通して用意される基本的な賭け方です。

グループ内での1位を予想します。

例えば、サッカーのワールドカップ・チャンピオンズリーグのように、最初は出場チームが複数グループに振り分けられます。

そしてグループ内で総当り戦をして、成績上位チームがトーナメントへ進んで、最終的に優勝が決まるような大会で賭けることができます。

スポーツによってグループのことをプールと呼ぶ場合もありますが、基本的に賭けのルールは同じです。

グループ内の1位予想のほかにも、グループを突破できるかを予想する場合もあります。(2位までがトーナメント進出なら、賭けたチームが1位もしくは2位なら的中となります)

Group Betting・・・グループ内での成績に関する賭けです。

例えば、サッカーワールドカップで考えると、グループ内の1位予想・突破予想(決勝トーナメントへ進めるか?)・突破チームの組み合わせ予想・グループ内の順位を1~4位までぴったり予想、チームごとの獲得ポイント数予想などに賭けられます。

To Be Promoted / To Be Relegated・・・リーグ戦の昇格・降格予想について

Promotion(プロモーション)とは、昇格を・・・そしてRelegation(レリゲーション)とは、降格を意味します。

To Be Promotedとは、昇格するか?

To Be Relegatedとは、降格するか?

と、いう賭けです。

主にサッカーが対象となっているオッズで、1部・2部・3部などの階層があるリーグ戦にみられます。

1部リーグは最上位なのでPromotionは用意されません。

降格するチーム予想のみが、シーズン前・シーズン中に並ぶことになります。

2部・3部には、昇格予想が用意されます。

下部リーグになるほどオッズの種類は限られ、1部~2部間のオッズを取り扱うブックメーカーはよくあるものの・・・

2部~3部間は限定的です。

リーグ所属の全チームに対しオッズが用意される場合、特定チームが昇格もしくは降格するかをYes/No形式で選ぶ賭け方もあります。

Promotion/Relegation・・・昇格・降格の予想オッズです。

サッカーの2部以下のリーグで来季昇格するチームを予想する賭けは、Promotionと表記され、1部リーグでは来期2部に落ちるチームを予想する賭けにRelegationと表記されます。

応援するチームがもしも2部リーグ所属で、今後の昇格に期待するなら応援賭けに最適ですね。

Individual Performances・・・個人成績を予想する各種オッズについて

個人の成績予想オッズ例(MLBのサイヤング賞)
【MLB2015アメリカンリーグ サイヤング賞受賞予想】

Individual Performances(インディビデュアル・パフォーマンス)とは、個人成績を予想する賭けの総称となっています。

なんのスポーツでも、リーグ戦・国際大会ともにMVP、得点王、新人王、最優秀監督、最優秀守備などの個人への表彰がいろいろとあります。

ブックメーカーでは、それらも賭けの対象で、賭けた選手が受賞すれば的中です。

その種類は各スポーツごとに違いますが、大手ブックメーカーになるほど取扱いは豊富です。

サッカーなら得点王・バロンドール・最優秀監督、そしてクリケットなら最多バッツマン予想が代表的、アメリカンスポーツは個人対象の賭けが豊富となっています。

Individual Performances・・・個人の成績・年間成績予想などが楽しめる賭けです。

好きな選手への応援賭けに最適。

例えば、野球のアメリカ大リーグ(MLB)の場合、ア・リーグとナ・リーグの各MVPとサイヤング賞予想が毎年発表され、バスケのNBAでは、MVP、新人王、最優秀守備選手賞、最優秀監督賞の受賞者予想などが用意されます。

各試合が対象のオッズについて

次は、試合対象の賭け方の解説です。

今回紹介する各オッズは、スポーツベッティングの基本的な賭け方となっています。

Match Betting(Money Line)・・・試合の勝敗予想について

ブックメーカーの勝敗予想オッズ例(Moneyline)

試合ごとの賭けでシンプルなのが勝敗予想の賭け方です。

団体競技・個人競技問わず勝敗があるものにはこのオッズが基本的にあります

日本語対応のブックメーカーのサイトなら、”勝敗”と表記されています。

英語で表記は、Match BettingやTo Win Match、野球・アメフト・バスケットボール・アイスホッケーなどのアメリカンスポーツではMoneyline(マネーライン)と表記されています。

マネーラインとは、アメリカでのスポーツベッティングで本来使用されていた言葉です。

ブックメーカーのサッカー勝敗予想オッズ例(1x2)

サッカーなど結果に引分けがある場合、Home/Draw/Away(ホーム・ドロー・アウェイ)や1×2(ワンバイツー)と表記されていることも。

サッカーのHome/Draw/Awayオッズは、前後半の90分およびアディショナルタイムの結果で基本的には判断するため、その後もしも延長やPK戦があっても考慮しません。

例えば、90分の結果が1-1、しかしその後に延長で2-1となってホームが勝っても、Home/Draw/Awayのオッズではこの場合はDrawが的中扱いです。

延長・PKの結果まですべて含む勝敗オッズはこれとはまた別に用意さているので、ここだけ混同しないように注意して下さい。(トーナメント方式の場合、延長・PK戦があり、その結果まですべて含んだ2択の勝ち抜け予想はTo Qualifyと表記されます)

勝敗予想オッズは、スポーツベッティングの基本の賭け方です

Over/Under・・・スコア関連のオーバー/アンダーについて

ブックメーカーのオーバーアンダーオッズ例(Over/Under)

Over/Under(オーバーアンダー)は、全スポーツにいろんな形式で登場する賭け方です。

ルールは単純明快で、ブックメーカーに設定されている数値を上回るか(Over)、下回るか(Under)を2択予想します。

ブックメーカーのサイトによっては省略してO/Uと表記されていることもあります。

例えば、サッカーで「試合中の総ゴール数予想オッズ」の基準値が2.5の場合、2点以下はアンダー、3点以上はオーバーとなります。

あなたがアンダーに賭けた場合は、0-0や1-0や1-1で試合が終わると的中!

しかし、2-1や3-0など3点以上動くとオーバーが的中となります。

オーバーアンダーとは賭け方の一種なので、予想対象によってオッズそのものの名称が違います。

「試合中の総ゴール数」予想ならGame Total(ゲームトータル)もしくはGoal Total(ゴールトータル)など。

「チームごとのゴール数」予想なら、Home TotalもしくはAway Total、「前半のみのゴール数」予想なら1st Half Totalです。

まあ、基準値を上回るか?下回るか?の2択というルールさえしっかり覚えておけば問題ないでしょう。

賭け間違えないように、事前に「何の数値が対象か?」をしっかりご確認ください。

Handicap(European/Asian)・・・ハンディキャップ付き勝敗予想について

ブックメーカーのアジアンハンディキャップオッズの例

ハンディキャップベッティングとは、スポーツベッティングの醍醐味とも言われるほどおもしろい賭け方のひとつです!

スポーツの試合とは、対戦する両者が毎回対等な実力を持っているとは限りませんよね?

試合によって強者・弱者の違いが明確な場合もあります。

その差を埋めるために用いられるのがハンディキャップです。

ブックメーカー側が強いと判断したチームにはマイナスのハンデが、弱いと判断したチームにはプラスのハンデが付けられてオッズが並びます。

そうして、試合終了時のスコアにハンデを足し引きして勝敗を判断します

もしもあなたが賭けたオッズのハンデを最後に足し、最終的に試合に勝っていれば賭けは的中です。

ハンディキャップの種類には、European Handicap(ヨーロピアンハンディキャップ)とAsian Handicap(アジアンハンディキャップ)があり、前者は3択・後者は2択で予想します。

この詳しい特徴や違いは別のページで解説しています。

ブックメーカーのハンディキャップオッズの特徴・ルールに関する解説はこちら

Double Chance・・・変則型の勝敗予想「ダブルチャンス」について

ブックメーカーのダブルチャンスオッズ例(DoubleChance)

Double Chance(ダブルチャンス)というのは、主にサッカーが対象の賭け方です。

サッカーの試合90分間の勝敗結果は、ホーム勝利、ドロー、アウェイ勝利の3つ。

これを「ホーム勝利かドロー」「ホーム勝利かアウェイ勝利」「ドローかアウェイ勝利」と2つの可能性を組み合わせたオッズがブックメーカーには用意されます

通常の勝敗予想より比較的に当たりやすいぶん、倍率は低くなります。

Draw No Bet…変則型の勝敗予想「ドローノーベット」について

ブックメーカーのドローノーベットオッズ例(Drawnobet)

Draw No Bet(ドローノーベット)は、上記ダブルチャンスと同じく、主にサッカーが対象の特殊な勝敗予想の賭け方です。

試合90分間の結果にホーム勝利/アウェイ勝利という2つの選択肢を用意してあるのですが、もしも引分けになった場合は賭け金がそのまま返金されます

「ドロー時はノーベット(賭けていない)」といった名称どおり、引分け=返金というリスクヘッジがされているので1×2よりも倍率は小さくなります。

Yes/No Bet・・・はい/いいえで予想する賭けについて

ブックメーカーのYes/No予想オッズ例(Yes/No Betting)

Yes/No Betという名前どおり、結果を「はい」か「いいえ」の2択予想する賭け方です

オーバーアンダーなどと同じで全スポーツにいろんな形式で用意されています。

具体的な例を挙げるなら、サッカーのBoth Teams To Score(両チーム得点するか?)というYes/No、テニスのTie Break in First Set(第1セットはタイブレークまで進むか?)のYes/Noなどです。

こちらもオーバーアンダーと同じく、事前に賭け間違いを防ぐためしっかりと「何に対するYes/Noなのか?」をご確認下さい。

Odd/Even・・・結果を偶数・奇数で予想する賭けについて

ブックメーカーの奇数・偶数予想オッズ例(Odd/Even)

Odd/Even(オッド/イーブン)とは、結果がOdd(奇数)もしくはEven(偶数)なのかを予想する2択の賭け方です。

このOdd/Evenもいろいろなスポーツで使用され、特に対象はスコアとなります。

サッカーの場合は、イエローカードの枚数・コーナーキック数、テニスの場合は、総ゲーム数などが対象となっています。

必ずOdd/EvenもしくはO/Eと表記されています。

ある意味で運まかせの賭け方なので、予想するおもしろさはありませんが・・・

ブックメーカーのサイト上に頻出する形式のひとつですね。

Double Result・・・「ダブルリザルト」途中経過と最終結果の複合勝敗予想について

ブックメーカーのダブルリザルトオッズ例(Double Result)

Double Result(ダブルリザルト)は、前半の勝敗結果と最終的な結果を組み合わせた賭け方です。

Half Time/Full Timeとも表記されることがあり、こちらもいろんなスポーツに用意されています。

サッカーの場合は試合が明確に前後半が分かれていますが、例えばアメフトやアイスホッケーやバスケットボールなら1、2クォーターを前半とします。

野球の場合は、5回の表までが前半という区切りになっているようです。

画像のバスケの例のように、最終的な結果に引分けがないスポーツの場合、「前半ホーム勝利/ドロー(タイ)/アウェイ勝利の3通り×最終的な結果ホームかアウェイ勝利の2通り」で6通りの選択肢があります。

ブックメーカーのハームタイムフルタイムオッズ例(Halftime/Fulltime)

サッカーでは、最後にもホーム(1)/ドロー(X)/アウェイ(2)の3つの可能性があるので画像のように「前半の3通りx最終的な結果の3通り」で9通りの選択肢があります。

Winning Margin・・・点差の予想「ウィニングマージン」について

ブックメーカーの得点差を予想するオッズ例(Winning Margin)

Winning Margin(ウィニングマージン)とは、基本的に得点差を予想する賭け方です。

得点差が「○点以上か以下か」を選択するオーバーアンダー形式や、1~3点差、4~6点差、7~9点差などの選択肢から予想する形式もあります。

勝敗は関係なく「点差のみを予想する賭け」や「勝敗+点差」のタイプなど、実にバリエーション豊富です。

画像の例を見てみると、一番上が3通りで予想するタイプ、その下に7通り、そして12通りから選ぶタイプのオッズが並んでいます。

これ意外にもExact Winning Margin(イグザクト・ウィニングマージン)という点差をぴったり的中させる予想、HT/FT Winning Marginという表記の「前半の結果+点差と最終的な試合結果+点差」を複合予想するダブルリザルトとウィニングマージンを組み合わせた賭け方もあります。

ウィニングマージンは、野球・アメフト・アイスホッケー・クリケット・バスケットボール・ラグビーなど、スコアが動きやすいスポーツの方が用意されることが多いようです。

これは、より深い勝敗予想を楽しめる高度な賭けと言えます。

Race To X Points・・・先にこの点を超えるのはどちらか?予想する賭けについて

ブックメーカーの先に○点取るチーム予想オッズ例(Race To X Points)

Race To(レーストゥ○ポイント)とは、先にどちらが○点(あらかじめ用意された点数)に達するかを予想する賭け方です

例えば、Race To 3 Pointsの場合なら先に3点に達するほうを予想、賭けたチームが3点を先に獲れば的中です。

7pointsなら7点、10 Pointsなら10点・・・表示を見てすぐに理解できるのでわかりやすいと思います。

このオッズは、野球・アイスホッケー・アメフト・ラグビー・バスケットボールなどの得点の動きが大きいスポーツが主に対象です。

Correct Score・・・最終結果のスコアをぴったり予想する賭けについて

ブックメーカーのコレクトスコアオッズ例(Correct Score)

Correct Score(コレクトスコア)は、日本語対応のブックメーカーのサイトで”正しい試合結果”とも表示されていますが、それを意訳すると・・・試合終了時のスコアが何対何かを予想する賭け方です。

サッカーの場合、0-0から1-0、0-1、1-1、2-1など多くの選択肢が並びます。

ホームとアウェイのどちらの点数もきちんと一致しないと的中扱いではありません。

テニスでSet Betting(セットベッティング)と表記されるセット数が何対何で終わるかを予想する賭け方がありますが、実質Correct Scoreと同じような賭けです。

Scorer Markets・・・誰がゴールを決めるか?選手への賭けについて

ブックメーカーのゴールスコアラーオッズ例(Scorer Markets)

Scorer Markets(スコアラーマーケッツ)とは、団体競技で誰が得点するか予想する賭け方の総称となっています。

例えば、サッカーの場合は選手ごとに「First Goal(先制点)」「Any Time(90分間にいつでも)」「Last Goal(最後に)」「2 or more(2点以上)」「Hat Trick(3点以上)」などいくつかの選択肢が用意されます。

最も基本的なのがAny Timeで、試合中に1ゴール決めると的中です。

ラグビーでは、トライを誰が決めるかを予想する賭けが用意され、サッカー同様に選択肢がいくつもあります。

誰が得点を決めるのか?の他にも誰が試合中の最多得点者か?を予想する賭けもあります。

例えば、クリケットの場合は、Top Team Batsman(チーム内で一番得点するバッツマンは誰か?)と表記される賭け方もあります。

個人のゴール・成績予想するこのタイプのオッズは、選手ごとの好調不調に関する情報収集が大きく結果を左右します。

その選手のファンにとって、さらに応援に熱が入る楽しい賭けでもあります。

スポーツベッティングの面白さを最大限に味わえる賭け方です。

時間を区切った賭けについて

最後は、時間を区切った賭け方についてです。

1st Half/1st Set/1st Period・・・試合を分割した様々な賭けについて

ブックメーカーの前半のみ対象のオッズ例(1st Half Betting)

【バスケットボールNBA ホークスvsセルティックスの前半結果予想】

ブックメーカーの前半のみ対象のオッズ例(1st Quarter Betting)

【バスケットボールNBA ホークスvsセルティックスの第1クォーター結果予想】

ブックメーカーの前半のみ・後半のみ対象のオッズ例(1st Half Betting・2nd Half Betting)

【サッカーCL バイエルンvsチェルシーの前半のみ・後半のみ対象の勝敗予想】

ブックメーカーでは、細かく試合を区切ったオッズが用意されます

多くのスポーツが前半・後半、1・2・3セット、もしくは1・2・3・4クォーター(ピリオド)のように区分けされています。

そうした時間区分に対し、勝敗・スコア・点差・得点者など、いろんな切り口で賭けることができます

今まで解説してきた賭け方が、時間内の結果で判断されるというだけなので、難しく考えることはありません。

スポーツの中には、最初の5分間だけが対象のオッズさえあります。

ちなみに、このように時間を区切った賭けはインプレーベッティング(試合中の賭け)の方がたくさん用意されます。

試合進行に合わせて「次はどちらが勝つか?」「次のクォーターは何点動くか?」など、1試合中で何度も楽しめるおもしろさがあります。

ブックメーカーの賭け方基本パターンに関するまとめ

ここまで読んでみていかがでしょうか?

長くなってしまいましたが、なんとなく理解できましたか?

オンラインブックメーカーで賭けられるオッズを「賭け方」で分類、その中の基本となるものをピックアップし、できるだけ簡単に解説してきました。

ブックメーカーでは様々な切り口からおもしろく賭けられる」ことが分かっていただけたと思います。

さて、ではここで改めてまとめると次のとおりになります。

大会・リーグ全体が対象の賭け方

1.優勝予想
2.グループ単位の結果予想
3.昇格や降格
4.個人の成績予想

試合の結果に関する賭け方

5.勝敗予想
6.オーバー/アンダー形式
7.ハンデ(スプレッド)付き勝敗予想
8.odd(奇数)/even(偶数)形式
9.Yes/No形式
10.ダブルチャンス(勝敗予想の変形)
11.ドローノーベット(引分けなら返金の勝敗予想)
12.ダブルリザルト(前半+最終結果の組み合わせ)
13.ウィニングマージン(点差の予想)
14.コレクトスコア(点数を正確に予想)
15.レースXポイント(先にX点取る方の予想)
16.選手個人のゴール予想
17.時間を区切った各種賭け

ブックメーカーのサイトを見てみればわかるように、各スポーツごとに種類も豊富なオッズが用意されますが、どれもたいていいずれかのパターンに該当します。

なので初心者でもこれら17種類の賭け方・形式をあらかじめ覚えておけば、基本的にどのブックメーカーを使ってもスポーツベッティングを十分なくらい楽しめるでしょう。(オッズやブックメーカーによって、名前表記が違う可能性があるのでご注意を)

賭け間違い・イージーミスを防ぐため、ルールを覚えるため、日本語対応のブックメーカーのサイトから使い始めるのもいいでしょう。

【注意点9選】ブックメーカーの気になるポイント!年齢制限や安全性、合法かどうか気になっちゃう人集合!

ブックメーカーやスポーツベッティングというワードを聞き慣れていない・初めて聞いたというビギナーさんはまずこの辺りが気になるはず!ブックメーカーって本当に安全に利用できるの?」「用意しなきゃいけないものってある?」「最初に何をすべき?」。私も最初はこれらのポイントが気になりました。今回はスタート前の気になるポイントをピックアップ!今から10年以上前に私がブックメーカーを始める前、不安を感じていたことや気になる点を思い出しながらまとめました。今からブックメーカーを始めようと思っている方の参考になればと思います。

1.ブックメーカーは本当に安全なの?

ブックメーカーの気になる”安全性”ですが・・・はっきり言って「100%安全です」とは言えませんね。どちらかと言えば安全性についてはかなり難しいところです。なぜなら、ブックメーカーは世界中に何百社も存在していて、その全てが安全とは限らないからなんです。身近な例で言うとネットショップですね。大手で安全に使えるサイトもあれば、どこが経営しているか分からないショップがあったり、使いにくいサイトがあったりしますが、ブックメーカーも同じなんです。信頼できるサイトもあれば怪しいサイトがあったり、使いやすさもそれぞれ異なります。

ブックメーカーは安全か?信頼できるか?

法律的に安全なのか・合法なのかという点も大いに気になるポイントだと思いますが、その点は問題ないと言えるでしょう。まずブックメーカーを開業するには、政府管轄の「賭博管理委員会」で厳しい審査を受けなければなりません。その審査に合格して営業許可ライセンスがなければ開業できないのです。運営は法律とルールに則ってなされていることが大前提なんです。※しかしネット上で無認可(いわゆるライセンスを持っていない違法な)「ブックメーカーに限りなく似せた詐欺サイト」があることは覚えておいてください。少しでも怪しいと思える部分があるサイトは手出ししないことです。

利用候補にあげているブックメーカーが認可サイトであれば、上質で安全に楽しめるところだと言えます。ちなみに当サイトではちゃんと信頼してスポーツベッティングができるところだけを紹介していますのでご安心ください!

2.賭けって合法?それとも違法になっちゃうの?

先ほどの項目でも記載しましたが、認可ブックメーカーであれば法律に則ってサービスを展開しているので合法です。けれどもネット上のブックメーカーサイトを利用するとなると、事情が変わってきます。あなたが今現在住んでいる国や地域の法律が適用されることになるんです。例えば日本ならばまだまだオンラインギャンブルに関して法律が曖昧でハッキリとしていないのであくまでも自己責任のもとで賭けを楽しむということになります

3.年齢制限があるのでしょうか?

ブックメーカーの利用年齢制限

オンラインブックメーカーは一般的に18歳以上でなければ利用不可能です。アカウントを作る際には年齢を偽ることもできるでしょうが、ほとんどが本人確認書類を提出しなければならないので、年齢をごかましていたことがバレますし、バレてしまえばアカウント作成はできませんし、アカウント凍結という処分になります。

4.ブックメーカーを始めるにあたって必要なものは?

当然賭け資金が必要になりますが、他にもこちらが必須なので準備しておきましょう。

ネット接続が可能なPCやスマホ

大前提として、これはもはや大前提ですね。ネット接続ができるPCかスマホ、タブレットは必須です。ちなみにパソコンの場合、WindowsでもMacどちらでもOKです。モバイル端末も、多くのブックメーカーがほとんどの機種に対応しているのでさほど問題はないでしょう。

本人確認書類

ほとんどのブックメーカーが、どこかのタイミングで本人確認を行います。本人確認書類として有効なのはこちら!免許証・パスポート・政府発行のIDカード。どれか1つを提出すればOKです

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

ブックメーカーはあくまでも賭けを楽しむサイトであり、アカウントを作成して楽しみます。けれどもその中で金銭のやりとりが発生するものです。銀行口座を利用したり証券口座を利用することから、不正にアカウントが使われては大問題なので、安全性を高めるためにも本人確認は避けられないと思っておきましょう。

ブックメーカーごとで本人確認お手続きは違うものの、さほど難しいものではありません。あなたが用意した本人確認書類をスキャナでスキャンしたものを画像データで提出(指定のメールアドレス)するか、スマホで書類を撮影して提出します。手続きページでアップロードするところもあります。基本的に初出金のタイミングか、アカウント作成から数日以内で本人確認が行われます。その初回で手続きを終えてしまえば完了なので、とても簡単ですよね。

関連:ブックメーカー本人確認方法|対応書類や送り方など詳細解説

中には例外もあります。大手サイトブックメーカーの1つ「10betJapan」は基本的に本人確認をしていないんです。なので他ブックメーカーよりもスムーズに賭けを楽しめるというメリットがあります。※時折、プレー中にセキリティ面で「本人確認手続きが必要」と判断されて、手続きしなければならないこともあります。

5.入金・出金の方法を知りたい!

ブックメーカーの入出金手段一覧

世界中のビギナーから中級者、プロ級まで集まるブックメーカーですから、入出金に関しても幅広く対応しています。クレジットカード・デビットカード各種はどこのブックメーカーも対応していますし、E-wallet(イーウォレット=ネット口座)各種にも対応、バーチャルカードや銀行送金を利用できるところもあります。ただ地域や国ごとで利用できる手段が変わってきます。

個人自由なのでブックメーカーは幾つ登録しても問題ありません(というより幾つかのサイトを利用していた方が賞金を分散できたりオッズ選びも幅が広がって便利で有利になる)ので、資金管理がまとめてしまえるネット口座はオススメですね。またバーチャルカードを使った入出金を利用するプレーヤーが多いですよ。しかしここでもやはり国や地域ごとで利用できないケースもありますから、まずは住んでいる地域を考慮してベストを選ばなければなりません。当サイトではEcopayz(エコペイズ)Entropay(エントロペイ)といった便利に使える手段もご紹介しているので、そちらもチェックなさってくださいね。どれを使うとしても慣れれば入出金も簡単に感じられると思います。

エコペイズの口座開設・入金〜出金まで使い方の総まとめ

エントロペイの使い方/手数料/入出金方法まとめ|Entropayガイド

6.英語はできないんだけどできる?

ブックメーカー日本語サポート

近頃は日本語対応のブックメーカーも増えています。ウィリアムヒルやピナクル、ベットビクターなどなど。表示が日本語対応になったり、サポート連絡も日本語でできるところが出てきているので、そのようなブックメーカーを利用すれば英語が全然できなくても無問題!プレーを楽しめちゃいます。当然ブックメーカーで利用する英語くらいは分かってた方が便利ですし、英語慣れしていた方がスムーズなところもありますが、英語ができなくてもアカウントを作ったり、入出金や賭けといった基本のところは簡単なので、そう構える必要はないでしょう。

7.最初にするべきことは?準備や流れを知りたい

スポーツベッティング開始の流れ

ブックメーカーの大体の流れを図で表したものがありますので、ご覧ください。最初にすべきはこの2点!

  • 準備1. ブックメーカーでアカウントを作る
  • 準備2. (必要に応じて)入出金でどの手段を使うのか決めておく

最初は利用したいいくつかのブックメーカーをピックアップ!アカウントを作ってしまいましょう。アカウント作成はどこも無料なのでご安心を。1つのブックメーカーあたり5分もあればアカウントは作れますし、慣れれば3分かからずに作れるでしょう。入出金で利用するバーチャルカードやネット口座の準備もしておきます。

この2点が完了したら、賭けの資金を入れておきましょう。

  • 資金となるお金をネット口座に送金します。
  • ネット口座からさらにブックメーカーへ入金すればOK。

スポーツベッティングで資金となるお金を、まずはバーチャルカードやネット口座に送金します。銀行から送るもよし、クレジットカーぢゃデビットカードから送るもよし。アカウントで入金が確認できたら、次はブックメーカーへ入金していきます。当然、金額は個人の自由!

「クレジット・デビットカード → ネット口座・バーチャルカード → ブックメーカー」。これが基本的な入金の流れです。これで賭けの資金の準備はOK!どの試合に賭けるのか、どのスポーツで楽しむのか、いよいよスポーツベッティングの始まりです!プレーの後に資金を出金したい場合には、逆の手順を辿ればOKです。

  • ブックメーカー → ネット口座へ出金
  • ネット口座 → 手元へ引き出し

ブックメーカーアカウントでの出金は、処理するのに多少の時間がかかりますが、ちゃんとネット口座に入金されます。ネット口座から引き出すならばATMに行って専用カードで引き出すか、銀行送金すればOKです。この流れも慣れてしまえば簡単ですし、きちんと資金は引き上げられますよ。

8.どこのブックメーカーがオススメですか?

正直なところ、ブックメーカー選びは個人の自由です。ただ国や地域で利用制限がかかっているブックメーカーも中にはありますのでご注意ください。あなたがお住いの地域で利用できるブックメーカーを選ぶことが第一のポイントです。もしも制限があるブックメーカーだと、そもそもサイトへアクセスできなかったりアカウント作成ができません。サイトを自由に閲覧できて登録までできてしまえば、賭けを楽しめます。

完全に初心者で1から始めるのであれば、日本語対応のブックメーカーがオススメですね。当サイトでも日本語対応サイトはピックアップしていますが、特におすすめなのは・・・ウィリアムヒルですね。ブックメーカー業界でも老舗ですし大手。日本語もOKですしオッズもかなりの種類があります。スポーツベッティングを知りたいというビギナーにもオススメなんです。ピナクルも同様に日本語対応ですし、ブックメーカー業界でも1番オッズが良いと評判です。稼ぎたいプロも利用する定番のサイトと言えるでしょう。テンベット・ジャパンベットビクターも日本語サポートが利用できるので安全安心ですし、日本関連のプロモにも力を入れているので楽しく利用できると思います。

関連:WilliamHillとPinnacleの登録方法をまとめて解説【実例】

9.本当に稼げるの?

「稼げる」という言葉について定義がなく個人それぞれ感覚なところがあるので、絶対とは言えませんが・・・必ず100%勝てるというわけではない事は分かると思います。ただ趣味で楽しんでいる人もいますし、中にはチームや選手で推しがいるから応援の意味で賭けているプレイヤーもいます。弱小チーム推しならば、負け続ける方が多いでしょうね。

本気で稼ぎたいという目的があるならば、情報収集は欠かせませんし賭けの手法も巧みに使わなければなりません。上手く手法を使いこなして情報を有効活用できれば数百ドル〜数千ドル単位で利益を得ることも可能です(あくまでも個人的な意見です)。プレイヤーの中には本業として賭けで生計を立てているプロも確かに存在しています。

本気で稼ぎたいならば、これは覚えておいてください!<利益追求型のスポーツベッティング>で賭けるならば<賭ける競技は絞るべし>!選んだ競技のチームや選手に関して徹底的に情報を集め、オッズも絞っていきましょう。そんな努力が勝率UPに繋がるんです。

まとめ

ブックメーカーを利用するにあたって、アカウント作成が必要だったり入出金の手段を決めておかなければなりません。賭け資金も入れておかなければならないなど、準備が必要です。めんどくさいと感じるかもしれませんが、さほど難しい事はないどころか、サクッと簡単に準備できます。いざ賭けを始めてしまえば、何が面倒だったのか、あれだけ不安だったのは何だったのか?と肩透かしを食らうでしょうね(笑)でも全くの未経験者であれば細かいことが気になりますし不安になるものです。自分も最初はそうでした。どれもこれも未知で不安だらけでした。

このページを読んであなたの後押しができればいいなと思います。他にもスポーツベッティングに関してとことん解説していきますので、あなたの疑問が解決できればいいなと思っています!

【詳細解説】初心者から熟練までおすすめ!ブックメーカーWilliamHillとPinnacleの登録方法について

今回は、スポーツベッティングを楽しみつつ稼ぐにために、事前に必ず用意しておきたい業界大手であり老舗ブックメーカーでもあるWilliam Hill(ウィリアムヒル)Pinnacle(ピナクル)のアカウント作成手順を、わかりやすいように画像を交えながら説明していきます。

順番に登録する場合は上から、気になるブックメーカーがもしもある場合は下をクリックしてください。

所要時間は、1社あたり大体3~5分程度です。

以下の説明に沿って作業するとスムーズに登録完了まで進みますよ。

ウィリアムヒルで新規アカウント登録はこちら!

ピナクルで新規アカウント登録はこちら!

さっそく登録開始!William Hillの登録方法について

はじめにウィリアムヒル社の新規アカウント作成について、わかりやすく説明していきます。

ウィリアムヒルのサイトは日本語対応なので、登録ページの各項目も日本語でわかりやすいです。

どこに何を入力するか迷うことも間違うこともありません。

「今すぐ参加」ボタンをクリックして登録ページへ

ウィリアムヒルのページをまずは開きましょう。⇒ williamhill.com

ウィリアムヒル登録方法(デスクトップから)1

画像のようなページが表示されますので、そこにある緑色の「今すぐ参加」をクリックしましょう。

フォームに必要事項を入力しましょう

「今すぐ参加」をクリックすると登録フォームが表示されます。

あとは各必要事項を順番にミスのないよう入力していきましょう。

ウィリアムヒル登録方法(デスクトップから)2

項目は日本語表記されていますが、入力はローマ字&半角英数字を使用してくださいね。

入力項目ごとの書き方について

肩書 性別を選ぶ Mr(男性)、Ms(女性)
名前 ローマ字入力(例えば名Taro 姓Yamada)
生年月日 生年月日を選択する
Eメールアドレス メールアドレスを入力(フリーアドレス利用可)
携帯電話番号 番号入力(例 090-1234-5678)※ハイフンは省略しても良いようです※
住んでいる国を選択(自動的に表示されているかもしれません)
住所 住所の欄は、居住国で見出しが変わります。

日本の住所なら、「住所」項目には市町村以下の部分、例えば1-2-3-505などを入力します。「市町村」項目には、「○○-Cho, ○○-City」などを入力します。

郵便番号 例 123-4567(ハイフン省略可)
ユーザー名 半角英数字を組み合わせて作成します。(例 Taro777)※入力したものがもう使われている場合、赤く表示されるので違うものを作成してください※
パスワード ログイン時に使うパスワード作成。(パスワード確認の項目は、この作ったパスワードを再入力します)
セキュリティの質問と答え 選択肢から質問を選んで、その答えを半角英数字で入力します。

例えば、「記念日は?」なら、日、月、年の順に入力するので、01012000(2000年1月1日の場合)と入力します。

「母方の苗字は?」なら、ローマ字でSuzukiなど。

通貨 ウィリアムヒルのサイトで使用する通貨単位(ユーロか米ドルが推奨)
入金限度のタイプと金額 自制のための限度額があらかじめ設定可能です。

こちらは後からでも自由に変えられるので、登録時は「限度なし」でも構いません。

プロモコード 表示されているのをそのまま入力します。(例 JP100と表示されているなら、それをそのまま入力です)

住所欄の記入例がこちら

ウィリアムヒル登録方法(デスクトップから)住所入力について

住んでいる国で日本を選択したなら、最初に番地と部屋番号、そして町、市と順番に書いていきます。

マンション名は省略しても大丈夫です。

郵便番号は、ハイフンあり・なしどちらでも構いません。

確定ボタンをクリックして完了です

ウィリアムヒルのアカウント開設3

プロモーションコード「JP100」まで入力が完了したら、規約への同意にチェックを入れます。

そして「マイアカウントの作成」をクリックし、不備で赤く表示された該当箇所を修正します。

ウィリアムヒル登録方法(デスクトップから)3

不備がなかった場合は、次のページへ進み「お客様のアカウントは作成されました」と表示され、登録完了です。

登録したメールアドレス宛にウェルカムメッセージが届きますので、後ほどご確認ください。

スマホからも簡単に登録できる

モバイル版は、PC版とは画面のレイアウトが違うだけで入力内容はPC版とまったく同じです。

やってみれば簡単に登録できます。

ウィリアムヒル登録方法(モバイル)

サイトへ進み画面上の「今すぐ参加」もしくは「登録」ボタンをクリックし、アカウント登録ページへ進み、必要事項を入力していきます。

モバイル版では、住所入力欄が以下のようになっています。

ウィリアムヒル登録方法(モバイル)2

郵便番号入力後、自動的に選択肢がいくつか表示されるので、正しい住所を選んでください。

郵便番号から正しい住所が出なかった場合、「または手動で入力」をクリックすれば、分割して打ち込むフォームが表示されます。

記入例も表示されるので、あとは順番に埋めるだけです。

最後まできちんと入力し、「同意して登録」ボタンをクリックで完了です。

ウィリアムヒルの登録手続きはこちら!
williamhill.com

Pinnacleの登録方法について

次は、Pinnacle(ピナクル)の新規アカウント作成について説明します。

ピナクルも日本語対応&登録ページも見やすい構成です。

「今すぐ参加」ボタンをクリックして登録ページへ

まず、ピナクルのサイトへ進みます。⇒ pinnacle.com

Pinnacle登録方法(デスクトップから)1

ピナクルのサイトにある画面上の「今すぐ登録」ボタンをクリックします。

初めてサイトを開いた場合

Pinnacle登録方法(デスクトップから)2

ピナクルのサイトを初めて開いた時、ページ上部に水色の帯が出ています。

これは、クッキー(使用端末がピナクルへアクセスした記録を一時的に残す機能)の利用についての説明です。

帯が出ていた場合は、「承諾」をクリックします。

登録ページで必要事項を入力しましょう

登録フォームへ進み、必要事項を入力していくだけです。

Pinnacle登録方法(デスクトップから)3

一番上の「名」は名前の方をローマ字で、「名字」は姓の方をローマ字で入力します。

Pinnacle登録方法(デスクトップから)4

あなたの住んでいる国を選択後、住所入力欄が表示されます。

入力欄に順番に入力していきます。(日本の例の画像です。都道府県は書きません)

郵便番号はハイフンを省略し、入力します。

電話番号は、最初に国際番号をつけ(日本は81)、番号のあたまのゼロを取って残りをハイフンを省略して入力します。(例を見てみると、 +81 090-1234-5678 を 819012345678 と入力しています)

セキュリティの質問は自分で作成します

ピナクルでは、セキュリティの質問を自分で作成します。

他ブックメーカーの登録ページを見てみると、大体いくつかの選択肢から選べるんですが、ピナクルでは質問を自分で作成して、解答もします。

Pinnacle登録方法(デスクトップから)5

もし、他に登録しているブックメーカーがあるなら、そのサイトで設定した質問と統一しておくと覚えやすいと思います。

画像で表示されているのは、「母の旧姓は?」という質問ですね。

他にも「Favorite Sports(好きなスポーツ)」「Favorite Color(好きな色)」など、自分が分かりやすいものを設定してください。

確定ボタンをクリックして完了です

セキュリティの質問を自分で作成して答え、下の項目もきちんと埋めていきます。

最後の方に「VIPコード」入力欄がありますが・・・ここは空欄でかまいません。

全てを入力後、一番下の「アカウントの作成」ボタンをクリックし、登録手続き完了です。

Pinnacle登録方法(デスクトップから)6

すると登録メールアドレス宛にウェルカムメッセージが届きます。(私は10年以上前に登録したので社名が「Pinnaclesports.com」になっていますが、2016年6月以降は「Pinnacle」という名称になっています)

メール内にユーザー名(ログイン時に使うピナクルのアカウントID)が記載されています

IDと登録時に設定したパスワードを使用し、自分のアカウントにログインしましょう。

スマホでも簡単に登録できる

モバイルでも簡単に登録できます。

Pinnacle登録方法(モバイル)

サイトにアクセスすると画面上に「今すぐ登録」ボタンがあるのでクリックします。

※補足※

スマホからピナクルへ初めてアクセスした場合、サイトが英語表示されていることがあります。

その時は、「Join Now」を押して登録ページへ進み、言語選択メニューから日本語を選びましょう。

Pinnacle登録方法(モバイル)

登録フォームに必要事項を全て入力し、「次へ」をクリックします。(下に「新しい認証リンクをリクエスト」とありますが、これは無視して大丈夫です)

すべて入力後、確定ボタンをクリックで完了です。

Pinnacleの新規アカウント登録手続きはこちら!

pinnacle.com

WilliamHillとPinnacleの新規アカウント登録方法に関するまとめ

ここまで読んでいただき、いかがでしたでしょうか?

使い勝手の良い大手ブックメーカー2社の新規アカウント登録手順をまとめましたが、手続きの流れ・登録ページの入力内容もほぼ同じです

名前・生年月日・住所・メールアドレスなど、ネットショップの無料会員登録と特には変わりません。

ただ、入力には日本語を使わない(半角英数字を使う)ので、英語圏のサイト利用に慣れない方はちょっとだけ手間取るかもしれません。

でも、一社でも登録してしまえば簡単です。

はじめての方は、こちらの解説を参考に手続きをしてみてください。

ウィリアムヒルの新規アカウント登録にもどる

ピナクルの新規アカウント登録にもどる

スポーツベッティングをはじめる最初の準備は、新規アカウントの作成からです!

そのお役に立てれば幸いです。

【登録開始から完了まで】ブックメーカーの新規アカウント作成方法について

今回は、ブックメーカーを利用しはじめる場合の最初のステップとなる新規アカウント作成の方法(新規会員登録)をわかりやすく解説していきます。

登録でつまづかないようにわかりやすく必要な知識をまとめているので、ブックメーカー初心者の方は、ぜひ参考にお役立て下さい!

ブックメーカー利用の最初のステップはアカウント作成!

インターネットでブックメーカーを利用する場合、一番最初のステップは、新規アカウント作成です。

ブックメーカーでの新規アカウント作成は、完全無料なのでお金は一切かかりません

それに、必要事項を入力していくだけで登録できるので簡単です。

登録手続きをする場合、英語サイトに不慣れだと登録に7~8分かかってしまうかもしれませんが、一旦慣れてしまえば2サイト目以降は3分もあれば登録が完了します

日本語対応のブックメーカーの場合はさらに簡単です。

新規アカウント登録の流れ

ブックメーカーのサイト上でおこなう新規アカウント作成の流れは、次の5ステップです。

  • 1. Join Now(今すぐ参加)もしくはRegister(登録)などと表記されているボタンをクリック、登録ページへ進む
  • 2. 名前・生年月日・メールアドレスなどの必要事項を順番に入力していく
  • 3. 入力後は、規約への同意にチェック
  • 4. 最後に確定ボタンをクリック
  • 5. 登録メールアドレス宛に届くウェルカムメッセージを確認

ブックメーカーにより確定ボタンのクリック後に届くウェルカムメッセージに、登録承認URLが書いてある場合があります。

その場合は、登録承認URLをクリックして登録が完了します。

ウィリアムヒル登録方法(デスクトップから)3

登録手続き完了後、次のページで完了を伝える文章が書かれています。

文字にすると手順がちょっと多そうですが、実際にやると他のネットショップ・サービスの無料会員登録と同じです。(銀行・証券口座を作るよりも断然簡単です)

アカウント作成時に入力すべき必要事項について

新規アカウント登録フォームに入力しなくてはいけない内容は、名前・生年月日・メールアドレス・住所など、上記にあるようにネットショップの会員登録に必要な情報とほぼ同じです。

10betjapan(テンベットジャパン)の登録ページ

日本語対応しているブックメーカーなら、項目の見出しが英語ではなく日本語になので、何を入力すれば迷うことも間違うこともないでしょう。

でも日本語非対応のブックメーカーの場合は、見出しがすべて英語です。

その場合も考えて、英語の見出しと何を入力するのかに対応したリストを作成しました。

百件近いブックメーカーでアカウント登録してみた結果、その登録ページにあった入力項目をまとめて掲載。なのでこの内容が毎回の登録時にすべて必要なわけではありません

基本事項について

Title

Titleは、Mr(男性)もしくはMrs(既婚女性)・Miss(未婚女性)・Ms(女性の既婚未婚問わず使える)など敬称を選択する項目となっています。(日本語対応のブックメーカーの場合、Titleが肩書と翻訳されていることが多いです)

男性はMr、女性は選択肢がなんこかありますがMsを選べば問題ありません

Gender

ブックメーカーの登録方法解説(Gender部分の書き方)

ジェンダーは性別の項目です。

男性はMale(メール)、女性はFemale(フィメール)を選択しましょう。

First Name

ブックメーカーの登録方法解説(First Name部分の書き方)

ファーストネームは名前の項目です。

名前は、日本語ではなくローマ字入力します。(例 Taro)

Sur name/Last name

ブックメーカーの登録方法解説(Sur Name部分の書き方)

サーネーム(もしくはラストネームと表記)の欄には、苗字をローマ字入力します。(例 Yamada)

Date of Birth

デート・オブ・バースは、生年月日の項目です。

数字を選択できるようになっている場合が多いので、自分の生年月日を選びましょう。

一番左が誕生日、中央が誕生月(月の表示は、January・February・Marchなど英語になっている場合もあります)、一番右が誕生年です。

E-Mail Address

いつも利用しているメールアドレスを入力しましょう。

入力欄のそばにConfirm e-mail addressもしくはRe-enter e-mail addressと表記された入力欄があった場合は、同じメールアドレスをもう一度入力してください。

電話番号の書き方について

Phone Number/Contact Number

フォンナンバー欄は電話番号の項目なので、自宅の固定電話番号もしくは携帯電話番号を入力します。

Phone NumberではなくMobile Numberと表記されている場合は、携帯番号を入力してください。

例えば、090-1234-5678という番号なら、090-1234-5678と入力するか、ハイフンを省略し番号だけの09012345678を打ち込みます。

ブックメーカーによって、冒頭にアクセスした国の国際番号が自動的に表示される可能性もあります。(イギリスの場合は+44、オーストラリアの場合は+61、日本の場合は+81)

国際番号をプラスした電話番号を入力する場合、一般的に最初のゼロを除いて残りの番号を入力します。

例えば、上記の番号で考えるのなら+81-90-1234-5678となります。

中には、番号にハイフンが不要な(入力後にエラーになる)ブックメーカーもあります。

電話番号入力欄は、各ブックメーカーごとに少しずつ入力方法が違いますが、不備がないように入力できていれば問題なく進めます。

なお、多くのブックメーカーで電話番号は必須項目となっていますが、基本的にブックメーカーから電話がかかってくることはありません

居住国・住所の書き方について

Country

カントリーには、住んでいる国を入力する項目です。

Country of Residenceと表記されていることもあります。

ブックメーカーにより、アクセスしている国が自動で表示される場合もあります。

例えば、旅先・一時滞在先から新規アカウント登録しようとした場合、表示された国が居住国と異なっていたら正しい国を選んでください。

Postcode/Postal Code/ZIP

ブックメーカーの登録方法解説(Postcode部分の書き方)

ポストコードもしくはジップと表記された項目には、郵便番号を入力します。

ハイフンなしでも構いません。(もしもハイフンを入力してエラーになった場合は、省略して入力しましょう)

Address

ブックメーカーの登録方法解説(Address部分の書き方)

アドレスというのは、住所を入力する項目です。

例えば、日本の住所を書く時は通常「○○県□□市●●区△△町1-2-3 ××マンション503」となり、大きな区分から書きますが、英語圏はその反対です。

この例を英語圏の書き方にすると「1-2-3-503 △△-cho ●●-ku □□-city ○○」と書きます。

マンション名や都道府県の県・府などは省略できるので書きません。

アドレス欄が二段になっている場合もありますが、もしも入力する住所が長すぎる場合は分けて入力してください。

Town/City

ブックメーカーの登録方法解説(Town/City部分の書き方)

この項目は、住所の都市名を入力します。

上記の例を使うと、Address欄に入力するのは「1-2-3-503 △△-cho ●●-ku」まで、そしてこのTown/City欄に「□□-city」を入力します。

County/State

ブックメーカーの登録方法解説(County/State部分の書き方)

この項目には、県・州などの住所の一番大きな区分を入力します。

上記の例を使うなら、県名がここに入ります。

ただしOptionalと表記されていたり、必須項目のマークが付いていなければ、ここは入力しなくても問題ありません。

住所は各国により書式が違ってきます。

イギリス・オーストラリア在住の場合は、Address欄に入力するのはユニット番号・ハウスナンバー・ストリート番号・ストリート名、Town/City欄に都市名を入力します。

住所の入力欄は、各ブックメーカーごとに違いがありますのでちょっと注意が必要です

アカウントに必要な項目について

Username

ブックメーカーの登録方法解説(Username部分の書き方)

ユーザーネームの項目には、ブックメーカーのログイン時に使用することになるID(ユーザー名)を作って入力します。

一般的には英数字を組み合わせ、規定された文字数以上で作ります。

しかし、作成したユーザー名がすでに使われていることもあるので、その場合はまた別のユーザー名を入力しましょう。

そしてユーザー名はメモ用紙に書き残すなどして、絶対に忘れないようにしましょう

ブックメーカーにより、登録後に自動的にユーザー名が振り分けられるところもあります。

そういった場合は、登録画面にユーザー名を作成する項目がありません。

登録後に届くウェルカムメッセージに書かれています。

Password

ブックメーカーの登録方法解説(Password部分の書き方)

パスワードという項目には、ブックメーカーにログインする時に使用するパスワードを作成し入力します。

多くの場合、半角英数字の組み合わせで作成しますが、ブックメーカーにより、大文字・記号を混ぜないといけない場合もあります。(その場合、入力欄に但し書きがあります)

そして、Confirm PasswordもしくはRe-Enter Passwordなどの表記のある入力欄に、確認の意味で作成したパスワードを入力していきます。

Security Question/Answer

ブックメーカーの登録方法解説(Securityquestion部分の書き方)

セキュリティクエスチョンという項目は、アカウント保護のためのものです。

質問がいくつか用意してあるので、その中から1つ選び、その答えをAnswer欄にローマ字入力します。

例えば、ブックメーカーで多く使用されているMother’s Maiden Nameという質問は「母の旧姓は?」という意味です。

もしも旧姓が鈴木なら、答えは「Suzuki」と入力します。

My Favorite Player(好きな選手)もしくはMy First School(最初の学校名)など他にも質問が用意されています。

セキュリティクエスチョンは、ブックメーカーの多くで必須項目になっています。

そして、用意されているほとんど質問項目は同じなので、何か1つに統一しておくと覚える手間もなくなります。

Currency

ブックメーカーの登録方法解説(Currency部分の書き方)

カレンシーという項目は、通貨のことを意味します。

ブックメーカーのサイト上で残高・配当額などを表示する通貨単位のことです。

多くのブックメーカーでは、選択肢がいくつか用意され、そこから選べるようになっています。

基本的に使い慣れた通貨(住んでいる国の通貨)を選ぶか、入出金手段で使う単位とそろえてください。

具体的に例えるなら、入出金手段にskrill・Neteller・Ecopayz・entropayなどの仲介手段を使用する場合、通貨はEURでの統一がおすすめです

住所・メールアドレスなどは登録後に変更できることが多いのですが、通貨単位は変えることができません。

アカウントの優先設定について

一部のブックメーカーでは、登録手続き時に「ウェブサイト上で使う言語」・「試合開始時刻の表示」・「オッズの表示形式」・「入金上限」など設定を決める項目が用意されていることがあります。

こういった項目は、大体登録後にアカウントの管理画面内で変更できるため、特に登録時に気にすることはないのですが、どうセットしておけば良いのかを一応ご確認下さい。

Time Zone

タイムゾーンという項目は、地域ごとの時間区分です。

イギリスの場合はUTC-0(GMT-0)、オーストラリア・シドニー・メルボルンなどの東部の場合はUTC+10(GMT+10)、中央部の場合はUTC+9(GMT+9)、西部の場合はUTC+8、日本の場合はUTC+9(GMT+9)に区分されます。

住んでいる国の時間区分を洗濯すると、ブックメーカーのサイト上の試合開始時刻が住んでいる国の時間で表示されます。(登録後も設定変更可能)

Odds Display

オッズディスプレイの項目は、ブックメーカーのサイト上でオッズをどの形式で表示させるかの設定になっています。

分数で表示するフラクショナル(Fractional)、少数で表示するデシマル(Decimal)、ラスベガスなどのスポーツギャンブルで使用される+-表記のアメリカ式(American)などが用意されているので、好きなものを選びます。

ちなみにこの項目も後に変更できますし、一番見やすいものを選んでください。(日本で基本的に使用されているのは、デシマルです)

Deposit Limit

ブックメーカーの登録方法解説(Deposit Limit部分の書き方)

デポジットリミットの項目は、入金上限(使いすぎ防止のブレーキ)を設定する項目です。

こちらも後に変更できるので、登録時はNo Limitを選んでもいいでしょう。

ボーナスを受け取るためには?

Promotion Code/Bonus Code

ブックメーカーの登録方法解説(Promotion Code部分の書き方)

プロモーションコードとは、ブックメーカーがみなさんのために用意している新規入会者向けボーナス・特典などを受け取る資格を示すものです。

例えば、ブックメーカーが「”NEW100″を入力して登録してくれたら100ドルプレゼント」と言ったプロモーションをサイト上で宣伝していれば、プロモーションコード欄にNEW100と入力します。

そしてあなたが条件を満たすと、アカウントにボーナスが100ドル追加されるという仕組みです。

ブックメーカーのプロモーションは、各ブックメーカーごと・時期ごと・住んでいる国ごとに違います

また、登録ページのプロモーションコード欄に入力せず、登録後の入金ページでクーポンコードを入力し、新規入金ボーナスがもらえる形式もあります。

たいてい目立つところに案内・クーポンコードが表記されている場合が多いので、一度ご確認下さい。

デスクトップ版・モバイル版はアカウント共通!

PC登録した場合でもモバイルで同じユーザー名・パスワードでログインできます。

これはモバイルで登録した場合も同じで、デスクトップ版のサイトも同じように使えます。

最近、モバイルからも簡単に登録できるようになってきましたが、デスクトップの方が画面が大きく見やすいので、初心者の方はパソコンで手続きした方がわかりやすく簡単に感じるかもしれません。

なお、ブックメーカーのアカウントは、基本的に1名義1つまでです。

もしも同じ名義でアカウントを2つ以上作ると、両方凍結されてしまう可能性があるので注意して下さい。

ブックメーカーの新規アカウント登録方法まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

長文となってしまいましたが、全てを覚える必要はないのでご安心下さい

サーッと目を通してなんとなく理解しておくだけでも十分、登録手続きがスムーズに進むはずです。

試しに一度やってみれば「こんな感じか」と流れが大体分かります。

もし2社目・3社目のアカウント作成中に何か分からない項目があれば、もう一度こちらのページに戻ってご覧ください。

ちなみに・・・

ウィリアムヒル・ピナクルなど大手老舗のブックメーカーの登録手続きについては、わかりやすいように画面の様子を交えながら、ウィリアムヒルとピナクルの新規アカウント登録方法はこちらで詳しく解説しているページがあります。

スポーツベッティングを始めたいとお考えの方のお役に立てば幸いです。

【要点解説】ブックメーカーでの入金方法について!「最低入金額比較表」有り!!

インターネットでブックメーカーを使用しスポーツに賭けるためには、事前にアカウント登録をして、そのアカウントに資金を入金しなければなりません。

説明がいらないほどこの手順に関しては簡単なのですが・・・

もし、まだ一度も入金したことがない方の場合、「入金した資金は安全?」「いくらから入金できる?」などの不安・疑問があるかと思います。

今回は、そういったお悩みの解消として「ブックメーカーへの入金方法」の全体の流れ・要点など、最低限知っておきたい基本的なことについてまとめました。

ブックメーカーへ入金する手順について

ブックメーカーへ入金する手順は、基本的に次の4ステップです!

  • 1.自分のアカウントにログイン、そして入金ページへ進む
  • 2.自分に合った入金手段を選ぶ
  • 3.入金額を指定する
  • 4.確定で完了!

ブックメーカー入金方法解説

はじめにあらかじめ登録したアカウントにログインします。(この時にまだアカウントを作成していないなら、ブックメーカーの新規アカウント作成方法を一度ご覧になり、作成してください)

ログイン後、入金ページへ進みます。

もしも日本語対応しているブックメーカーなら、わかりやすく「入金」「入金する」と表記されたボタンがあります。

日本語非対応の英語表記のブックメーカーの場合は、「Deposit(デポジット)」「Banking(バンキング)」というボタンをクリックしてください。

そして入金画面に進んだら、入金手段を選びます。

ブックメーカーにより用意されている手段は異なるので、その選択肢の中から自分に都合の良いものを選んでください。

入金手段を決めた後は、入金したい金額を入力します。

最後に確定ボタンをクリックで完了です!

確定後、基本的に即時アカウント上の残高に反映されます。

なので、すぐに賭けをスタートできます。

初入金する時は、入金手段を選ぶことになりますが、これが2度目以降の場合は自動的に前回の入金手段が選択されてるので、選ぶ必要はありません。(方法を変えたい時は選びなおすが、カスタマーサポートに連絡します)

この入金の流れは、こちらの記事を確認しながらでも大体2~3分で済みますし、慣れてしまえば1分もかからずに完了できるでしょう。

入金前に「入金手段」の準備をしておくこと

なにを使ってあなたが入金するのか?」によって、手続きの前にひとつ準備しなくてはいけないことがあります。

世界中からプレイヤー参加を受け付けているブックメーカー、それぞれの国の人が入金しやすいように入金手段をいくつも用意しています。

しかし、入金手段は国・地域によって利用可否が異なるので、住んでいる国・地域で使えるものを利用することなります。

ブックメーカーの入出金の流れ

世界的にNeteller(ネッテラー)やSkrill(スクリル)といったネット口座が主にブックメーカーの入出金の代表的な手段となっていますが、これらがサービスを提供していない国・地域もあるんですね。(以前に日本でも使えましたが、2016年に撤退してしまいました)

日本人ユーザーは、ネット口座のEcopayz(エコペイズ)、バーチャルカードのEntropay(エントロペイ)などの仲介サービスが現在は多く利用されています。

「エコペイズ対応」「エントロペイ対応」「どちらも対応」など、ブックメーカーによって扱いが異なってくるので、あなたが使いたいブックメーカーで登録した後、入金ページへ進み、対応している手段を確認して準備しましょう。

※補足※

エコペイズもエントロペイも、とても便利なサービスで簡単に登録できるので、両方を使えるように準備しておくのがブックメーカーを使う上でベストです。

10betjapanなどは、クレジットカードやデビットカードで直接入金できます。

その場合、先に入金手段を準備する必要はありません。

お手持ちのカードで入金可能です。

ただし、賞金を引き出す時に結局ネット口座を使うことになるので、やはり準備しておくことがベストでしょう。

具体的にわかりやすくウィリアムヒルで手順を解説

それでは、「入金手段を準備済み」という前提で、ブックメーカーへの入金について実例を交えつつ具体的にわかりやすく説明していきます。

日本人にも人気の老舗ブックメーカーWilliam Hill(ウィリアムヒル)を今回は例に挙げています。

ちなみに、画面デザインは違えど、どのブックメーカーも流れは大体同じなので、別のブックメーカーで入金する時の参考にもなると思います。

アカウントにログインして入金ページへ進む

ブックメーカーのサイトでアカウントにログインし、「入金」ボタンをクリックして入金ページへ進みます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説1)

ウィリアムヒルの場合、サイト右上に「ご入金」リンクがありますので、これをクリックします。

入金手段を選択する

入金ページへ進むと入金手段がいくつも並んでいます。

ウィリアムヒルでは、前回入金に使った手段が2回目以降は自動的に一番上に表示されることになります。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説2)

例えば、初回でウィリアムヒルにEntropay(エントロペイ)のバーチャルカードを使って入出金した場合、自動的にEntropayが選択されます。

2回目以降もエントロペイで入金するなら、セキュリティーコード・入金額を打ち込んて確定させるだけでOKです。

今回は、Ecopayz(エコペイズ)を使って入金するので変更します。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説3)

Ecopayzを選択すると画面が変化しました。

入金額を入力し確定をクリック

画面に表示された必要事項を入力していきます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説4)

ウィリアムヒルのEcopayzでの入金画面では、入金金額のみを入力します。

最低金額は、EURアカウントの場合は€10からです。

最大は€30,000となっています。

金額を入力後、下にある「入金」をクリックします。

Ecopayzを利用する場合は口座にログイン

次のページで読み込んだ後、Ecopayzの口座へのログインを求められます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説5)

Ecopayzへログインします。

確認して確定する

ログイン後は、今回Ecopayzの入金に使用する口座情報・残高・入金額などが表示されます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説6)

内容確認後、「Submit」をクリックします。

完了

無事に入金が済むと、完了ページが表示されます。

ブックメーカー入金方法(ウィリアムヒル実例解説7)

画面右上を見て、入金希望額が残高に反映されているかを確認し、手続き完了となります!

所要時間は、大体2~3分です。

※補足 ネッテラーによる入金手順※

ネッテラーやスクリルなど他のネット口座を利用の場合も、手順は同じです。

ブックメーカー入金方法(ネッテラーによる入金)

違うことと言えば、入力する項目だけです。

ネッテラーを利用する場合、画像のように口座番号・セキュアID(口座作成時に提供される6ケタの数字)・入金額を入力します。

注意すべき点

入金確定をクリック後、次のページ(完了通知)へ進むまで数秒ほど読み込み時間がかかる場合があります。(アクセス場所の電波が弱かったり、インターネットへの接続状態が悪い時は、さらにもう少し時間がかかります)

その時、変に焦って再読込みしたり、確定をもう一度クリックしてしまうと、入金手続きをまた最初からやり直さないといけなくなる可能性があります。

確定をクリックした後は、次のページへ進むまで何もせずにそのままでお待ち下さい。

各ブックメーカーで使える入金手段・最低入金額比較表

当サイトで掲載しているブックメーカーで使用可能な入金手段のうち、Skrill(スクリル)、Neteller(ネッテラー)、Ecopayz(エコペイズ)、Entropay(エントロペイ)の利用可否・最低入金額をわかりやすくまとめた一覧表がこちらです。(ユーロ通貨でアカウント作成した場合なので、他の通貨では異なります)

※日本でSkrill(スクリル)・Neteller(ネッテラー)が利用不可となっています※

(€10) (€10) (€10) (€10)
(€20) (€10) (€10) (€10)
(€10) (€10) (€10)
(€5) (€10) (€10) (€10)
(€10) (€10) (€10) (€10)
(€10) (€10) (€5) (€10)
(€10) (€10) (€10) (€10)

どのブックメーカーも大体最低入金額は10ユーロあたり。

この表に掲載していないブックメーカーも、大体同じです。

最高額は、5000~10000ユーロなど各ブックメーカーによって異なります。

※補足※

表にある10betは、10bet.comというグローバル版のサイトの情報になります。

日本人ユーザー専用の10betjapan(2017年新設)には、エントロペイ入金可能記載がありません。

エントロペイは、バーチャルカード(ネット上に存在するクレジットカードに似たサービス)なので、クレジットカードと同じ入金画面から使用できます。(カスタマーサポートに確認済み&実際に検証済みの情報です)

ブックメーカーへの入金方法に関するまとめ

ここまでお読みいただき、いかがでしたか?

ブックメーカーへの入金の流れが大体理解できましたか?

では、最後に手順を改めてまとめておきます。

【ブックメーカーへの入金手順のまとめ】

  • 1.自分のアカウントにログイン、そして入金ページへ進む
  • 2.自分に合った入金手段を選ぶ
  • 3.入金額を指定する
  • 4.確定で完了!

入金の流れは4ステップです。

ブックメーカーによりサイトデザインは異なりますが、この入金手順はどこでも大体同じです。

ですから今回の解説に沿って入金を進めていただくと、初めての方も比較的スムーズに入金手続きができると思います。

使いたいブックメーカーで会員登録を済ませたら、入金手段を準備して資金を投入します。

その後、早速プレーをお楽しみください!

次のページへ
ブックメーカーの賭け方解説はこちら!

【解説】ブックメーカーの賭け方について!スポーツベッティングの4つの手順とは?

ブックメーカーで新規アカウント登録と資金の入金が済めば・・・

次は、いよいよ賭けはじめられます!

今回は、オンラインブックメーカーの賭け方(手順・注意点)について、わかりやすいように実例を交えながら説明していきます。

ブックメーカー初心者の方は、ぜひ参考にお役立て下さい。

ブックメーカーの賭け方について 全体の流れ

ブックメーカーで賭ける手順

全体像から見てみましょう。

賭ける流れを簡略化したものがこの図です。

ブックメーカーで賭ける手順は、たったの4ステップです!

1.サイトで賭ける対象を見つける・2.好きなオッズを選ぶ・3.賭け金を決定・4.賭けを確定する

まず、自分のアカウントにログインし、サイト上で賭けたいものを探します。

各ブックメーカーのサイトによってデザインは異なるものの、大体の構成は同じです。

スポーツごとに区分けがされ、各スポーツのページの中に国・地域ごとの区分けがあります。

そして各地域ごとにリーグ・カップ戦・大会名が並んでいます。

お目当てのページへ進んだらオッズを選びます。

大会・リーグの優勝予想オッズ、試合ごとの勝敗予想・スコア予想など、あなたの気になる賭けやあなたの予想に合うオッズを見つけてください。

賭けたいオッズが決まったらクリックします。

画面内のベットスリップ(Bet Slip・・・賭け金入力フォーム。これはネットショップのカートのようなもの)に、あなたのクリックしたオッズが表示されます。

ブックメーカーでは、1回で複数のオッズに賭けることができます。

なので、気になるものがあればいくつ選んでも構いません。

ベットスリップを確認して自分の選んだオッズが入っていたら、次は賭けたい金額を入力します。

マックスベット(賭けられる上限金額)が各オッズごとに決まっていますので、その決められた範囲内の金額を入力します。

最後に、Place Bet(プレイスベット)をクリックすると、賭けが完了します。

確定後は、試合の結果を見届けるのみ・・・

試合(もしくは賭けた対象)が終わると、賭けの的中・不的中がすぐに判定され、利益・損失が履歴画面で確認できます。

的中・不的中はどのタイミングで決まる? 待つ期間に注意!

「いつ賭けたか?」と「いつ結果が分かるのか?」により、賭けが保留される期間が異なるので注意が必要です。

具体的に例を挙げるなら、4年後のワールドカップの優勝予想オッズに賭けた場合、結果が出るのは4年後(ブックメーカーによっては、そんな風に数年前からオッズが用意されることも)、数時間後のサッカーの勝敗予想オッズならキックオフまでの時間+90分後に結果が判明します。

結果がわかるのが先すぎる対象に賭けると、待つ期間もそれだけ長くなります。

ウィリアムヒルの賭け方をわかりやすく具体的に解説

文章だけで説明してもイメージしにくいので、実際の様子を交えながらわかりやすく解説していきます。

今回は、ウィリアムヒルを使用してサッカーに賭けた実例を掲載しました。

どのスポーツでも賭けの流れは同じなので、サッカー以外に賭けたい方もこちらを参考にお役立てください。

日本語対応しているウィリアムヒルですが、日本語非対応のブックメーカーで賭ける方もイメージしやすいように、ウェブサイトを英語に設定した状態で説明します。(日本語版サイトは簡単に操作できます)

賭けたいスポーツのページへ進む

まずは自分のアカウントにログインし、サイト上のスポーツごとの区分けで「Football」を選択します。(ブックメーカーの中には、「Soccer」と表記されている場合もあります)

ウィリアムヒルの賭け方解説1

賭けたい大会・リーグ・試合のページへ進む

サッカーのページへ進むと、直近の試合・サッカーのプロモーション情報などがわかります。

それと同時に国・地域別で「現在オッズが用意されているリーグ戦・カップ戦・大会」も表示されています。

ウィリアムヒルの賭け方解説2

一覧から自分が賭けたいものを探していくのですが、ちょうど日本のサッカーへのオッズもこの時に提供されていましたから選んでみました。

ウィリアムヒルの賭け方解説3

Emperors Cup(エンペラーズカップ)というのは、天皇杯のことです。

賭けたいオッズを選択

ページを進むと、オッズ提供されている試合が一覧で表示されます。

ウィリアムヒルの賭け方解説4

試合すべてのオッズを見る

サッカーの場合、最初に90分間のホーム・ドロー・アウェイの3択予想が表示されていますね。

ウィリアムヒルの賭け方解説4その3

試合に対する他のオッズを見たいなら「More」をクリックしてください。

ウィリアムヒルの賭け方解説4その2

Moreをクリックすると様々な賭け方のオッズを見られます。

賭けるオッズを決め、ベットスリップへ

賭けるオッズを決めたらクリックしてください。

ウィリアムヒルの賭け方解説5

今回は、ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉のオッズ「ガンバ大阪勝利 1.73倍」を選んでみました。

クリックするとBet Slip(ベットスリップ 画像右端)が開きます。

今回は、この1つしか選んでいませんが、これ以外にも一度で同時にいくつものオッズに賭けられます。

ベットスリップにあなたの決めた賭け金を入力

ベットスリップに賭けたオッズがあるかを確認後、賭け金を入力していきます。

ウィリアムヒルの賭け方解説6

ウィリアムヒルでは、賭け金額を入力すると的中時の払戻し金額(Estimated Return)が表示されます。

Place Betを押して賭け確定

賭け金・見積もり利益をしっかり確認してから、Place Betをクリックすれば賭け確定です。

ウィリアムヒルの賭け方解説7

これで賭けの一連の流れが完了です。

保留中(未決)の賭けを一度確認する方法は?

ブックメーカーのアカウントで「自分が何に賭けたのか?」を確認できます。

ウィリアムヒルの賭け方解説8

ウィリアムヒルの場合、管理画面内の「View My Open Bets」をクリックして進みます。

ウィリアムヒルの賭け方解説9

すると、まだ結果が出ていない賭けをこのように確認できます。(各ブックメーカーで表記が異なりますので、Open BetsやUnsetteledと表記されているのが未確定の賭けです)

試合終了後の結果確認

試合終了後、賭けの的中・不的中がすぐに判定され、自分のアカウントに自動的に払戻しされます。

ウィリアムヒルの賭け方解説10

結果を確認したい場合は、アカウント管理画面内の「View details of your bets & Transactions」をクリックします。

ウィリアムヒルの賭け方解説11

今回賭けた試合は、ガンバ大阪が2-0で勝利したのでバッチリ的中という結果。

€100賭けていたので、利益は€72(約9300円)です。

賭けは試合1日前に賭けていたので、翌日に賞金ゲットできました。

ブックメーカーの賭け方に関するまとめ

ここまで読んでいただいて、いかがでしたでしょうか?

賭けを完了するまでの流れがイメージできましたか?

【ブックメーカーの賭け方(手順)まとめ】

  • 1. サイトで賭ける対象を見つける
  • 2. 好きなオッズを選ぶ
  • 3. 賭け金を決定
  • 4. 賭けを確定する
  • 試合終了後に結果を履歴画面で確認します。

4ステップ+結果の確認という流れですね。

各ブックメーカーごとにサイトの表記は異なりますが、手順はほぼ同じです。

実際に試してみると簡単だとはっきり分かると思います。

もしも、サッカーのワールドカップ優勝予想オッズに賭けたら、大会期間中は賭けたチームへの応援にかなりチカラが入りますよね!

あらかじめ試合の勝敗予想オッズへ賭けて、現地スタジアム・テレビ中継などで観戦すると・・・

これまでとはちょっと違ったドキドキハラハラ感が味わえますし、勝った時の喜びも倍増です!!

賭けることで「スポーツが一層おもしろくなる感覚」は、スポーツベッティングならではのもの。

あなたも一度味わえば、世界中でブックメーカーを使ったスポーツへの賭けが”カジュアルな遊び”として人気なのが納得できると思います。

他にも大勝ちが狙える特殊な賭け方「マルチベット」や、「ライブベット(試合中の賭け)」なども別ページで具体的に解説しています。

興味がある方は、ぜひ一度ご覧ください。

ブックメーカーの出金方法を解説!引き出しの手順、手数料の比較など基礎知識をしっかりと!

ブックメーカーでプレーをした後は、アカウントに残っている資金をそのまま置いておくか、手元に出金をするか選ぶことができます。

次に賭けるときのために取っておくのであれば、そのままアカウントに資金を残しておくこともできますし、手元に引き出したいという場合にはいつでも好きな時に引き上げることができます。

今回は、ブックメーカーから「出金する方法」や「手続きのポイント・流れ・手数料」などについて解説をしていきますので、出金をするときに参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーのアカウントから出金する手順

ブックメーカーからの出金方法

アカウントからの出金手続きを簡単にまとめると

  • 1. アカウント管理画面へ
  • 2. Withdrawを選択
  • 3. 出金手段を選択
  • 4. 出金額を入力
  • 5. 確定させて完了

このような5つのステップで出金が完了となります。ブックメーカーのアカウント管理画面にある『Withdraw(ウィズドロー)』というメニューが、出金手続きを行うページとなります。日本語対応のサイトであれば『出金』『お引き出し』と書かれていますので、分かりやすいですね。

出金のページで出金した金額を入力し、出金先を確認して『確定』させれば手続きは完了です。出金額はブックメーカーにて決められた1回あたりの最低・最高出金額や、残高の範囲内であればいくらでも出金ができます。例えば、残高が€10,000あるならば、€2,000だけ引き出して、€8,000はそのまま置いておくことも可能です。

手続きを終えてしばらくすると、指定したネット口座・バーチャルカードなどに資金が戻ってきます。『出金処理にかかる時間は、ブックメーカーによって、出金手段によって異なりますので、注意してください』具体的な時間は、ネット口座・バーチャルカードであれば数時間~1営業日以内で、銀行振り込みの出金では数日かかります。

補足:ブックメーカーによっては初回出金前に本人確認があります

他人がなりすましをして利用していないかどうか、本人の意思による出金申請なのかという確認をするために、初めて出金手続きをする前に「本人確認」を求められるのが一般的となっています。ブックメーカーの利用前に気になることでも解説をしていますが、免許証やパスポートなど1つを用意して指示に従ってお手続きをしてくださいね。基本的には、スマホやデジカメで撮影をして画像データ化をして指定メールアドレスに送付すればOKです。

ウィリアムヒルで出金手順を具体的に解説

それでは実際に、ウィリアムヒルの出金手続き例をご覧いただきましょう!

ウィリアムヒルは日本語に対応していますが、日本語非対応のブックメーカーでの出金方法も覚えていただきたいので、敢えてウェブサイトを英語の状態のままで説明していきます。(ただ、日本語対応サイトであれば説明などいらないくらいに簡単ですからね!)

アカウント管理画面へ

まずアカウントにログインをして、管理画面に進みましょう。(画像の赤枠のところをクリック)

ブックメーカー出金方法解説1(ウィリアムヒルの具体例1)

Withdrawをクリック

管理画面に進んだら、次はWithdrawをクリックしましょう。(日本語版サイトでは引出しと書かれています)

ブックメーカー出金方法解説2(ウィリアムヒルの具体例2)

金額を入力

このような画面が表示されますので、金額を入力する場所に出金希望額を入力して、Continueをクリックします。

ブックメーカー出金方法解説3(ウィリアムヒルの具体例3)

確認

次のページで出金先を確認しましょう。ここには入金に使った方法が自動的に表示されるようになっています。前回の入金にEcopayzを使用しているので、今回の出金先はEcopayzになっています。(参照:ブックメーカー入金方法解説)

ブックメーカー出金方法解説4(ウィリアムヒルの具体例4)

出金額、出金先を確認して、Process Withdrawalをクリックします。

確定させたら完了

この画面が表示されたら手続きは完了となります。Continueをクリックすると、アカウント画面に戻ります。

ブックメーカー出金方法解説5(ウィリアムヒルの具体例5)

出金の処理にかかる時間は1 working day(1営業日)。1日後、Ecopayzにアカウントに無事着金していました。

ブックメーカー出金方法解説6

補足:入金手段と出金手段は原則同じものを使うことになります

ブックメーカーにある残高というのは、『原則的に入金元にしか出勤できない』という決まりがあります。例えば、エコペイズから入金したらエコペイズに出金となり、エントロペイから入金したらエントロペイに出金となります。

ブックメーカー出金方法(要点)

こちらは、€100を出金しようとしている画面になります。入金解説でEcopayzから€20入金したため、「Ecopayzに€20、残りの€80はその前に利用していたEntropayへ分割して出金する」という注意が出ていますね。ウィリアムヒルでは、こういった対応になりますがブックメーカーによっては入金元と違う出金手段を選ぶと『この手段は利用できません』と表示されることがあります。いずれにしても、『入金元=出金先』という基本的なルールがあるという事を覚えておいてください。ちなみにその理由は、マネーロンダリングなどの犯罪に使われるのを防ぐためです。

ただし!「クレジットカードで入金した場合はネット口座へ引き出し」という扱いをしているブックメーカーもありますし、「エントロペイとエコペイズの両方で入金履歴があれば、どちらに出金しても構わない」という対応をしている例外サイトもありますので、上記の説明はあくまで『原則ルール』として覚えておいてください。

ネット上の残高を現金化するには?

ウィリアムヒルから出金手続きをする方法を見て、イメージはできましたでしょうか?手続きにかかる時間は、わずか1~2分程度なのでとても簡単です。そして、数時間~1日程度でネット口座に戻ってきます。

とはいっても、このままでは資金はインターネット上に数字として存在しているだけになりますので、最終的にはこの数字を現金化して、初めて出金手続きがすべて完了すると言えるでしょう。

ブックメーカーの残高を手元に引き上げるには?

上記のウィリアムヒルからの出金例は、こちらの図の「1、出金」にあたります。口座から手元に出金するという手続きは、ネット口座のアカウント上で行います。エントロペイもエコペイズも出金は銀行送金が基本となっています。

他のブックメーカーに入金するためにネット口座の中に資金をそのまま残しておく、必要に応じて振り込み手続きをして手元に戻す、どちらにするかはプレイヤー次第となります。上野画像の「3、出金」はネット口座側での作業になります。

ブックメーカーごとの出金手数料と出金にかかる時間の比較

こちらの表では、当サイトで紹介している大手ブックメーカーによる出金手段に対して『Skrill(スクリル)、Neteller(ネッテラー)、Ecopayz(エコペイズ)、Entropay(エントロペイ)』を使ったときの、出金手数料と処理時間をまとめてみました。(注:SkrillとNetellerは日本では利用不可)

Ecopayzへの出金手数料無料。数分〜1時間程度で出金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。Skrill, Neteller, Ecopayzは1営業日以内(実際は数時間程度)で返金。Entropayは3-5営業日内で返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて月に1回まで出金手数料無料。月に2回目以降は15ドル相当額の手数料がかかります。数分~1時間程度で返金。
Skrill, Neteller, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerは12時間以内の返金、Entropayは3-5営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数分~3時間以内の返金、Entropayは3-5営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数時間以内の返金、Entropayは3営業日内の返金。
Skrill, Neteller, Ecopayz, Entropayすべて出金手数料無料。SkrillとNetellerとEcopayzは数時間以内の返金、Entropayは2-4営業日内の返金。

『どのブックメーカーも基本的に、出金時に手数料は取らない』というメリットがあります。ピナクルでは、月に2回以上出金をするときには手数料がかかってきますが、そんなに頻繁に出金は行わないので、使用中に気にするようなことではないと思います。『SkrillとNetellerとEcopayz』では、ネット口座で出金処理にかかる時間は、ほとんど同じくらいです。『Entropay』はバーチャルカードなので、処理に少しだけ時間がかかります。

補足
こちらの表で理解していただきたいのは、各社の厳密な処理時間の違いではなくて、ブックメーカーから出金したあとに「必ずすこし待つ必要がある」ということです。出金の申請をしてすぐにネット口座を見ても、残高には反映されません。目安の時間を待ってから着金の確認をしてみてください。

ブックメーカー出金方法のまとめ

最後に、ブックメーカーのアカウントから出金する手続きをまとめておきましょう!

  • 1. アカウント管理画面へ
  • 2. Withdrawを選択
  • 3. 出金手段を選択
  • 4. 出金額を入力
  • 5. 確定させて完了

こちらの5つのステップで簡単に出金ができます。ブックメーカーの利用に対して、ちゃんと出金ができるかどうかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。しかし安心していただいて大丈夫です。サイトごとに画面のデザインなどは異なりますが、流れを把握さえすれば困ることはありません。

特に日本語に対応しているブックメーカーであれば、画面上の案内に従って必要事項を入力するだけなので、とっても簡単に出金手続きができます。

こちらで解説した基本情報に沿わない状況や、トラブルの解決方法などもサイト上で解説をアップしていきますので、何か困ったことがあればお役立ていただければと思います。

ブックメーカーの「本人確認方法」について!対応書類と送付方法など基本情報を解説

ブックメーカーを利用するときには、『免許証・パスポート・政府発行のID』などから、いずれか1点を用意します。利用中に本人確認(年齢確認)をしなければならないからです。(スポーツベッティングをはじめる前に気になることのページでも触れています)

こちらのページでは、本人確認の手続きを『簡単に済ませるためのポイント』についてお話をしていきたいと思います。ブックメーカーごとに手続きの流れは異なるとしても、要点を抑えておけばスムーズに手続きができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーの本人確認手続きとは?

本人確認や年齢確認というのは、かなり面倒なイメージがあったり、情報を提出して大丈夫なのか?と心配になりますよね。しかし、ブックメーカーの本人確認は「安心・安全にプレーするために必要な手続き」だと考えてください。

ブックメーカーはギャンブルの機会を提供していますが、お金を扱うという点でいえばFX口座や銀行口座を開設するのと同じようなものなのです。つまり、『アカウントを乗っ取られ勝手に賭けられることを防ぐ、本人の意思ではない出金手続きを防ぐ』ためにも必要不可欠な手続きなのです。

本人確認のおおまかな流れ

本人確認の手順を簡単にまとめましたので、ご覧ください。

  • 1. 確認書類を1つ手元に用意
  • 2. 書類の写真を撮る
  • 3. 写真を担当部署に送る

こちらの3ステップで本人確認の手続きができます。詳しくは後述していますが、免許証やパスポートなどの中から1つを用意して、スマホやタブレットやデジカメなどで撮影をします。その画像データを指定された担当部署のメールアドレス宛に送ります。すると数時間~2日程度で『完了しました』という通知が届くので確認してください。

それからブックメーカーによっては、アカウントの管理画面内に本人確認用のページが用意されていることもあります。ページに記載された案内に従って手続きをして、必要に応じて画像をアップロードします。

いつ本人確認があるのか?

本人確認を行うタイミングというのは、ブックメーカーによって異なります。ただ、ほとんどの場合はアカウントを作成してから数日以内にメールで通知、もしくはログイン時に画面表示される、または初回出金時にメールで求められるなどがあります。

『基本的に確認手続きは1回のみ』になっていますので、一度手続きをしてしまえば何度も求められることはないので安心してください。ただ、初回出金前に確認をしていたとしても『100万円』を超えるような高額出金を申請すると、その出金が本当に『本人の意思によるものなのか』ということをチェックするために、再度本人確認を求められるケースがあります。

本人確認の流れは、証明書を写真撮影してデータにして担当にメールや専用画面からアップロードをして送ります。確認のタイミングは、初回出金前もしくは、アカウント作成から数日以内となります。

確認書類の用意の仕方

もう少し詳しく確認書類について見ていきましょう!

対応する書類

ブックメーカーの利用に必要な本人確認書類

既に前述していますが、確認に使える身分証明書は「免許証・パスポート・政府発行のIDカード」などがあります。これらのうち1つを用意してください。上記の画像は、ピナクルの証明書のアップロード画面です。

証明書の写真撮影・データ化の方法

ここが一番重要なポイントちなります。とはいっても決して難しいことではありません。

ブックメーカーの本人確認書類(免許証の撮影例)

証明書をテーブルに置いて、スマホやデジカメなどを使って真上から全体的に撮影をしましょう。この時に『四隅が写真内に納まっていること』『鮮明な状態(文字が読める)こと』が重要になります。角の一部分が欠けていたり、光が反射して文字が読めないということがないかどうか、確認をしてください。

免許証は裏と表(表だけでも大丈夫な事がありますが、念のために両方撮影しましょう)を、パスポートやIDカードであれば顔写真が載っているページを撮影してください。上記の画像は日本の免許証の撮影例になります。免許証以外でも、この例と同じように注意をして撮影をしましょう。

撮影した画像データは「jpg」「png」などのファイルでないといけないという条件がありますが、スマホやデジカメで撮影したものは基本的に「jpgファイル」なので気にしなくても大丈夫です。

身分証明の四隅がしっかりと収まっている、文字が読める、jpgやpngなどブックメーカーが指定するファイル形式である、これら3つのポイントを抑えておけばOKです。

スマホorパソコンどちらで手続きするのか?

普段からスマホでブックメーカーにアクセスをして賭けをしているのであれば、その端末からも本人確認ができますので、スマホで撮影した写真データを添付、もしくは専用画面から送信します。

しかし普段からパソコンでプレーをしているのであれば、スマホやデジカメなどで撮影をした写真をデスクトップに移動(パソコン内に保存)する必要があります。この場合、クラウドサービスを使うと簡単なのですが、アナログな方法で写真データを移し替えるという方法もあります。

その方法は、スマホで撮影した写真をメールに添付してそのメールを自分の持っている、GmailやYahooメールのアドレスに送ります。そしてパソコンからそのメールにログインをして、スマホから送られてきたメールをチェックして添付された写真を保存します。

デジカメであれば、写真データが入ったメモリーカードをパソコンに挿入して、必要な画像を移し替えればOKです。

担当部署へのメールの送り方と雛形

写真データの準備ができたら、手続きの半分は終わったようなものです。あとは写真のデータを送るだけです!

メール添付であれば、指定されたメールアドレスに送信をしてください。この時、『ブックメーカーのアカウント作成時に登録したメールアドレス』から送ってください。そしてメールの文面には『名前、ユーザー名』なども記載しておきましょう。

下記は、日本語非対応のブックメーカーにメールで確認依頼を送る時のサンプルになりますので、参考にしてみてください。ちなみに()部分は訳を表しています。

件名:Request of verification(確認依頼)

↓以下本文

Dear customer support,
(担当者様)

I’m Taro Yamada.
(私は山田太郎です)
My account username is “taro777“.
(私のユーザー名はtaro777です)

I send you an email with photo data of my identification document for account varification.
(アカウントの確認のため、本人確認書類の写真データをメールでお送りします)

Please find attached a file.
(添付ファイルをご確認下さい)

Kind regards,
(敬具)

Taro Yamada
taro1234@gmail.com

↑ここまで

割とシンプルなのですが、これで全然大丈夫です。このままこのサンプルを使うのであれば、太文字になっているところを、あなたの情報に変えてくださいね!日本語対応のブックメーカーであれば、日本語でメールを送っても大丈夫です。

アカウント画面内の本人確認専用ページでアップロードをする場合には、こういったメールの送信は必要ありませんので、案内に従ってアップロードをしてください。

本人確認が済むと通知が届きます

手続きが終わり書類が受理されたら、あなたの元に完了通知が届きます。もし書類に不備があれば、改めて送ってくださいという連絡がきますので、その時には再度写真を撮り直して送ってください。

ブックメーカーの本人確認方法まとめ

いかがでしたか?ブックメーカーの本人確認手続きは、なんとなくイメージしていただけましたか?文字にすると長くなってしまうのですが、実際の手続きはとっても簡単です!ブックメーカーごとに『メールで送るか』『専用画面でアップロードするか』という違いはありますが、そのほかは同じ!

つまり『対応している証明書を1つ用意して、スマホやデジカメで写真を撮影して画像データにして送る』という作業は共通しています。そして、証明書の写真を撮影しておけば、他のブックメーカーでもそのデータを使う事が出来るので、何度も撮影する手間がなくなります。

ただし!引っ越しをして住所が変わった、結婚をして姓が変わったなど新しい情報でアカウント登録をした場合には、古い証明書では証明にならないので、新しい写真を撮影しなおさなければなりません。

アカウントの開設後、初回の出金前には本人確認を求められるのですが、面倒だと思わずにササっと手続きができますので、安全にブックメーカーを利用するためにも速やかに本人確認を済ませておきましょう!

ブックメーカーのアカウントを管理する費用、退会方法について詳しく解説

スポーツベッティングを少し休憩したいと思ったときに、選択肢が2つあります。

1つ目は「アカウントをそのまま置いておく」というもので、2つ目は「退会申請をする」というものです。こちらのページでは、これら2つの方法についてお話をしていきたいと思います。

ブックメーカーのアカウント維持費とは?

アカウントの作成は、どのブックメーカーでも完全無料ですし、使っている限りは何の費用も掛かりません。しかし、ログインをしなくなってきた、飽きて賭けをやめたなど状況はどうであれ、『一定期間アカウントを放置』してしまった場合”Inactive account fee(不活動のアカウント費用=維持費)”というものが発生します。そして、アカウントに残高があれば一定のタイミングで徴収されることがあるのです。

ブックメーカーのアカウント維持手数料解説
(ウィリアムヒルのFAQ画面より)

こういった措置があるのは、単純にブックメーカーがあなたに対して『アカウントを使ってほしい』というお報せですね。それから、大手ブックメーカーは世界中に何百万人のプレイヤーを抱えているので、サーバー上でデータを管理するコストを、それで賄うのかもしれません。

具体的に言えば・・・

「残高があって1年間1度もログインが無ければ、それ以降1ヶ月ごとに€2相当額を引き落とします」「半年間1度もログインしなければ、残高があれば€5徴収します」などのルールが決められています。(このような費用がないブックメーカーもあります)

ここでポイントとなるのが、たとえ費用がかかるブックメーカーだとしても、アカウントを空っぽにしておくと1円も取られないということですね。維持費というルールが用意されていることに対して抵抗感を抱くかもしれませんが、実質的には何の負担もありませんので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

一定期間アカウントを放置したら、管理費として手数料が課金されてしまうことがあります。しかし、アカウントを使わなくなる前に残高を空っぽにしておけば、お金を取られることはありませんし、たまにログインをすれば徴収を回避できますので、さほど気にしなくて大丈夫です。

完全にやめるならアカウントの閉鎖・退会手続きを

ブックメーカーのアカウント閉鎖方法(退会手順解説)

ブックメーカーの利用やスポーツベッティングを完全にやめるという事であれば、アカウントを閉鎖するという方法もあります。アカウントを閉鎖すれば、基本的に同じユーザー名とパスワードで、今までのようにログインをすることはできなくなります。

退会手続きの手順はブックメーカーによって異なります。基本的には、アカウント管理画面内に「閉鎖」に関する記載があります。例を1つ挙げてみましょう。ウィリアムヒルでは、このような感じの流れになります。

「ログイン⇒アカウント管理画面⇒アカウント・コントロールをクリック⇒アカウントの閉鎖⇒閉鎖に伴う残高の扱いなどを確認し、パスワードを入力して確定」

残高が最低出金額以上であれば、退会をする前にしっかりと引き上げておくことを忘れないようにしましょう!

スポーツベッティングをしばらく休みたいときの対応まとめ

いかがでしたか?ブックメーカーから離れたいという場合には、このように2つの方法があります。

『残高を空にしてアカウントを置いておく』もしくは『退会する』という方法ですね。前者はただただ放置をしておくだけですが、後者は手続きをする必要があります。ブックメーカーによっては、メールで申請をする場合もありますし、管理画面から基本的には申請ができます。

日常的に使っていないアカウントがたくさんある人もいますが、それらはすべて残高を空っぽにしておけば、維持費を徴収されることはないので、放置していても何も問題はありません。そして、良いプロモーションが提供されたときだけに、利用をするということもできます!

スポーツベッティングへの取り組み方というのは、個人によって様々ありますよね。毎日のように賭けている人もいれば、週に2回くらいって人もいますし、週末だけとか、とにかく色々あります。ちなみに、特定の大会にだけ、つまり年に数回しか賭けないアカウントを作っているプレイヤーもいます。

そういったプレイヤーのほとんどは、長期間アカウントを放置しています。スポーツベッティングへの関心が薄れてしまった時は、アカウントを放置しておくといいでしょう。ただ、またやりたくなった時のために、ユーザー名とパスワードだけは忘れないようにしてくださいね!