ベッティングガイド

ブックメーカーの「テニスオッズ」の賭け方、種類、対象の大会など!

ブックメーカーでは「テニス」にも賭けることができるのをご存知でしょうか。ルール上、特に試合中の賭けである「インプレーベッティング」では、とても細かい区切りのオッズが用意されているので、短い時間で何度も賭けを楽しむことができるのです。

ということで、このページでご紹介していきたいのは、『テニスベッティング』の特徴、賭けの対象、オッズの種類などなど!賭けを始める前の参考としてお役立ていただければと思います。

ブックメーカーで賭けられるテニスの大会

ブックメーカーでは、「ATP主催」の男子プロテニスの大会すべて(ATP World Tour)と、「WTA主催」の女子プロテニスの大会すべて(WTA Tour)そして、「ITF主催」の大会すべてデビスカップ(Davis Cup)フェドカップ(Fed Cup)などなど、国際対抗戦や国際大会「IPTL」、さらにエキシビジョンの大会に賭けることもできるのです。

全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンといういわゆる四大大会というのは、テニスベッティングの中でも1番注目されている大会です。そして賭けられるオッズの種類も1番豊富になっています。マイアミ、インディアンウェルズ、上海などの9か所で開催されている「マスターズ」の大会も、グランドスラムの次に規模が大きいので注目度が高くなっています。日本で開催される男子「楽天オープン」や、女子「ジャパンウィメンズオープン」なども、賭けの対象になっていますので、日本人でも楽しむことができますね!

テニスのオッズの種類を紹介!

ブックメーカーで賭けることができるテニスのオッズというのは、『試合ごとのオッズ』もしくは『大会全体が対象のオッズ』になります。試合ごとのオッズというのは、試合開始前に発表されるものと、試合中に賭けられるものがあります。試合中に賭けられる方が、オッズの種類ははるかに多くなっています。いくつかのブックメーカーでは、特定の選手に注目をした『スペシャルオッズ』も発表されているので、魅力的です。

大会全体に関するオッズ

テニス優勝予想オッズ例

大会全体のオッズとして、代表的なのが『優勝予想オッズ』です。ほとんどすべての大会で用意されている賭けで、開催の数日前に発表されています。予選を終了した時点や、1回戦が終了した時点、2回戦が終了した時点・・・と、試合を消化するたびに『倍率』が再調整されて、新しく発表がありますので、あなたの好きなタイミングで賭けることができるのです。

ちなみに、四大大会の優勝予想オッズというのは、『半年前』から発表されています。上記の画像は2014年12月にウィリアムヒルで提供された、2015年のウィンブルドン男子優勝予想のオッズになります。

試合ごとのオッズ

テニスの試合ごとに賭けられるというオッズは、セット予想と勝敗予想が一般的となっており、この2つの賭け方は多くのブックメーカーで提供されている方法です。大手のブックメーカーでは、マスターズや四大大会にて、1セット目のゲーム差の予想、そうゲーム数の予想、タイブレークの有無予想などのオッズを試合前に発表するケースもあります。

テニスの試合ごとのオッズ例

Match Betting
どちらが試合に勝つかを予想するシンプルな勝敗予想。

Set Betting
試合結果のセット数が何対何か予想する賭け。

Handicap Betting
試合結果のゲーム数にハンディキャップを加算して勝敗を決める賭け。例えばジョコビッチvsフェデラー戦に「ジョコビッチ(-2.5)、フェデラー(+2.5)」というオッズが提供されているとします。結果が3-1(6-4,7-6,2-6,6-3)でジョコビッチの勝利なら、ゲーム数としてはジョコビッチは6+7+2+6=21、フェデラーは4+6+6+3=19で21対19となります。この結果だと、もしもジョコビッチに賭けていたらハンデを引くと21-2.5=18.5となり、フェデラーの19を下回るので賭けは負けとなります。一方でフェデラーに賭けていれば、ハンデを足すとジョコビッチの21を上回るため、賭けは勝利となります。

Total Games
試合中の総ゲーム数予想。設定された数値を上回るか下回るかで予想します。

Total Sets
試合中のセット数が計何セットになるか

1st Set Betting
第1セットの勝者を予想する賭け。

1st Set Result
第1セットの結果をゲーム数まで正確に予想する賭け。

2nd Set Betting
第2セットの勝者を予想する賭け。

2nd Set Result
第2セットの結果をゲーム数まで正確に予想する賭け。

テニスのインプレーオッズ(試合中のオッズ)

テニスのインプレーベッティング

試合中に勝敗予想と最終的なセット予想というものが用意されます。しかし、それ以外にも、テニスというのは試合結果が「ゲーム数、セット数、ポイント数の差」によって決まりますので、プレー中にそれぞれの結果に対して賭けることも可能です。

例えば、どういった賭けがあるかというと・・・

現在のセットをどちらが取るか」「現在のゲームの最終的なポイント予想」「次のゲームをどちらが取るか」「次のセットをどちらが取るか」「次のポイントをどちらが取るか」「次のゲームのポイント予想」「現在のセットがタイブレークまで続くか」このように、細分化されたオッズとなっています。

これらのオッズに賭けると、結果が出た時点で即座に払い戻しが行われて、残高に反映されます。例えばですが、『次のゲームを、どちらが取るのか?』というオッズであれば、数分~10分程度でポイントの予想に至って言えば、数秒で決まりますので、短い時間で賭けた楽しむことができるのです。

ちなみに、画像は10betjapanのライブベッティングページになります。画面の左には試合中のデータ情報が出ておりますので、試合観戦をするだけという時でも参考になる情報ですよね。もちろん賭けをするときにも予想に役立つ情報です。特に、試合の展開を横方向に可視化しているカラーグラフは、ブレイク・エースのタイミングや試合の流れを把握するのに役立っています。

テニスの特殊なオッズについて

テニスベッティングにには特殊なオッズがあります。その代表的なものは、「ある選手がそのシーズン中に四大大会をいくつ優勝するのか?」というオッズになります。ウィリアムヒルや大手のブックメーカーで、こういった賭けを楽しむことができます。

例えばジョコビッチ選手が今季の四大大会すべてにおいて優勝するというオッズは〇倍とか、3つなら〇倍とか、2つなら・・・もちろん優勝しないという選択肢もあります。男子であれば、フェデラーやマレーも同じようにオッズが用意されており、女子であればセリーナが毎年のように対象となっています。

その時のランキング上位の選手が対象となっており、シーズン中の最初の四大大会「全豪オープン」の直前まで賭けることができます。

ブックメーカーのテニスベッティング・まとめ

ATPワールドツアー、WTAツアー、ATPチャレンジャーツアー、ITF男子サーキット、フェドカップ、デビスカップ、その他世界各地で開催されるほぼすべてのプロ大会に賭けることが可能です。

そしてオッズは、優勝予想から各試合ごとのセット予想、勝敗、そして試合中の限定された結果予想などなど、とてもたくさんのオッズが用意されています。

テニスのシーズンは「12月末から11月までほぼ一年間」となっていますので、ぜひテニスベッティングを楽しんでみてくdさいね!

ブックメーカー「野球オッズ」の種類や対象リーグ、賭け方についてのまとめ

さて、野球好きの人は必見ですね。ブックメーカーでは、野球にも賭けることが可能です!世界各国で行われている「プロリーグ」や「大会」などに対して、様々なオッズが用意されています。シーズン前やシーズン中に賭けを楽しむことができます。

という事で、今回は『野球ベッティング』の対象リーグ、大会、オッズの種類などについてお話をしたいと思います。よかったら参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーで賭けられる野球のリーグや大会

まずは代表的なアメリカのMLB(メジャーリーグベースボール)ですね!野球ベッティングにおいてMLBというのは、基本中の基本であるマーケットで、野球に賭けられるすべてのブックメーカーでMLBのオッズは提供されています。

オッズの種類もかなり豊富で日本のプロ野球もMLBの次に取り扱いが大きくなっており、シーズン中であれば様々なオッズが用意されているのが魅力です。ちなみに、そのほかのリーグとしては、メキシコのリーガ・メヒカーナ・デ・ベイスボル、韓国のKBOリーグ、などがありますし、ドミニカのプロリーグもブックメーカーによってはオッズが用意されています。

国際大会であれば、WBCや夏季オリンピックが賭けの対象となっていますので、様々な野球の試合に賭けられるようになっています。

国際大会では、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)や夏季オリンピックなどが賭けの対象となります。

野球関連のオッズの種類について

野球はほかのスポーツと同じように、豊富な賭け方があります。中でもMLBを含めたアメリカンスポーツというのは、リーグ運営システムやシーズン全体を対象としているオッズがたくさんあります。大手のブックメーカーでは、シーズン前からたくさんオッズが登場します。

下記はウィリアムヒルをはじめとしたブックメーカーで賭けることが可能な、MLBを対象とするオッズについての解説です。

シーズン全体に対するオッズ

野球の賭けオッズ例

アメリカというのは国土が広いので、MLBだけではなくてアメフトのNFLやバスケットボールのNBAなどプロスポーツが地域ごとに区分されています。ですから、その各単位によって優勝予想オッズを賭けることができるのです。

例えばですが、ワールドシリーズの勝敗で決定するシーズン優勝予想オッズだったり、アメリカンリーグの優勝予想ナショナルリーグの優勝予想や、それぞれのリーグ内での東地区、中地区、西地区での1位予想オッズなどのオッズが用意されています。

それから、「どの地区のチームが優勝か」とか「ア・リーグ、ナ・リーグのどちらが優勝か」とか、それぞれのリーグ内でのMVPやサイヤング賞の受賞者予想なども揃っています。そして最も成績が良かったピッチャーの勝利数や奪三振数などの予想もありますし、バッターで言えばヒット数やホームラン数、三塁打や二塁打の本数なども賭けの対象となっています。

こういったオッズはシーズンの開幕前に発表されるので、そのころから賭けることが可能となっています。

これらのオッズはシーズン開幕前には発表されて賭けられるようになります。

MLBのシーズン全体が対象の賭けオッズ例

下記はWilliam Hillで2015年のシーズン開幕前に用意されたオッズです。

シーズン全体関連

・ワールドシリーズ勝利(シーズン優勝予想)
・アメリカンリーグ、ナショナルリーグのどちらのリーグのチームがシーズン優勝するか
・どの地区のチームがシーズン優勝するか
・レギュラーシーズン中に完全試合を達成するチームはあるか
・ワイルドカードに選出されるチーム予想

アメリカンリーグ関連

・アメリカンリーグ優勝予想
・アメリカンリーグのMVP予想
・アメリカンリーグのサイヤング賞受賞者予想
・アメリカンリーグ東地区1位予想
・アメリカンリーグ中地区1位予想
・アメリカンリーグ西地区1位予想
・どの地区のチームがア・リーグを優勝するか

ナショナルリーグ関連

・ナショナルリーグ優勝予想
・ナショナルリーグのMVP予想
・ナショナルリーグのサイヤング賞受賞者予想
・ナショナルリーグ東地区1位予想
・ナショナルリーグ中地区1位予想
・ナショナルリーグ西地区1位予想
・どの地区のチームがナ・リーグを優勝するか

選手やチームの成績について

以下は、ブックメーカーが設定した数値を上回るか下回るかの2択で予想する賭け方です。

MLBのプレイヤー関連賭けオッズ例
(画像は、シーズン中に最も多くヒットを打つ選手が何本打つかを予想するオッズ。以下のすべてはこのような2択で賭けます)

・最も防御率(ERA)が低かったピッチャーの防御率予想
・最も敗戦が多かったピッチャーの敗戦数予想
・最もセーブ数の多かったピッチャーのセーブ数予想
・最も奪三振が多かったピッチャーの奪三振数予想
・最も勝利数が多かったピッチャーの勝利数予想
・最も多くヒットを打った選手の本数予想
・最も多く二塁打を打った選手の本数予想
・最も多く三塁打を打った選手の本数予想
・最も多くホームランを打った選手の本数予想
・最も打点(RBI)が多かった選手の打点予想
・最も得点の多かった選手の得点予想
・最も盗塁が多かった選手の盗塁数予想
・最も多く試合に勝ったチームの勝利数予想
・一番勝利が少なかったチームの勝利数予想

試合に対するオッズについて

試合に対するオッズというのは、勝敗を予想するのとハンディキャップを加算して勝敗を決める『ランライン(スプレッド)』というもの、試合中の合計得点数の予想の3種類が基本の賭けとなります。このほかに、5回表までの結果で勝敗を決定させる賭け、1イニング中のヒット数や勝敗を予想する賭け、ハンディキャップの変則的な賭け、延長戦の有無の賭けなどなど、とにかくたくさんの視点から賭けることが可能です。

MLBの各試合が対象の賭けオッズ例

下記は大手ブックメーカーで賭けられる代表的なオッズの紹介です。

Money Line
どちらが勝つか2択の予想!とてもシンプルな勝敗予想です。

Total
試合中の両チームの合計総得点が、設定の数値を上回る・下回るという予想です。

Run Line
ハンディキャップをつけて勝敗予想をする方法です。あなたが賭けたチームに付けられたハンディキャップの数値を試合終了時点のスコアにプラスして、結果を判定することになります。トータル、マネーラインと並んで野球のメイン的な賭け方になります。

4 1/2 Innings Winner
4回と半分、つまり5回の表が終わった時点で判断をする賭けになります。具体的に言うと、5回表の終了時で判断するランライン・トータルの賭け方があります。

1st Innings Winner
1回終了時点での結果を、どちらかの勝利か引分けかの3択で予想する賭け。

1st Innings Hits
1回終了時点でのヒットの本数を予想する賭け。

Extra Innings
延長に入るかどうか。

First Home Run Of Game Will Be
試合中の最初のホームランが、ソロ、2ラン、3ラン、満塁かどうか、またはホームランなしかで予想する賭け。

Team With Highest Scoring Innings
どちらのチームが1回あたりに最も多く得点するのか、または両チーム同じなのかを予想する。

Winning Margin
試合終了時点の得点差を予想する賭け。

3way-Betting
メインのランライン、トータルは二択となりますが引き分けの選択肢が増えて、3択となる予想です。ランラインはハンデをつけている勝敗予想になるので、この賭けではハンデを足して引き分けになるか?つまり、点差がハンデの数字通りになるか?という選択肢の追加です。

Game Totals – Bands
両チームであわせた総得点を予想する「トータル」の変則型となります。つまり、総得点が「5点以下」なのか「6~7」なのか「8~9」なのか「10~11」なのか「12点以上」なのかという幅を持たせた賭け方です。

First Team to Score
先制点を決めるチームはどちらか。

Last Team to Score
最後に点を決めるチームはどちらか。

Top 1st Run
先攻が最初に得点するか、はいかいいえの2択予想。

Top 1st Hit
先攻が先にヒットを打つか、はいかいいえの2択予想。

Bottom 1st Run
後攻が最初に得点するか、はいかいいえの2択予想。

Bottom 1st Hit
後攻が先にヒットを打つか、はいかいいえの2択予想。

Team Totals
チームごとの試合中の得点を、設定された数値を上回るか下回るかで予想する賭け。

Total Hits
試合中の両チームあわせた総ヒット数を、設定された数値を上回るか下回るかで予想する賭け。

Most Hits
どちらのチームがより多くヒットを打つか、または同じかの3択で予想する賭け。

Game Total Odd/Even
両チームあわせた総得点が奇数(Odd)か偶数(Even)かを予想する賭け。

Team Total Odd/Even
チームごとの得点が奇数なのか?偶数なのかを予想する賭けになります。

ランラインはAlternative(代わりの意味)と書かれているオッズ欄に、ハンデの選択肢がたくさん用意されています。3回終了時点や7回終了時点で判断する賭けなどもあります。

インプレーオッズ(試合中に賭けられるオッズ)

野球のインプレーベッティングというのは、すべてのブックメーカーで取り扱いがあるわけではありません。一部の大手ブックメーカーだけで楽しむことができます。リーグ戦のシーズン期間中や試合中に、あなたが使っているブックメーカーのウェブサイトを確認してみましょう。イニング単位で結果予想オッズは短時間で結果が出るケースもありますので、とても白熱した賭けが楽しめます。

ブックメーカーの野球オッズの種類や賭け方のまとめ

野球はサッカーと比較すると賭けの対象となるリーグがとても少ないのですが、MLBや日本プロ野球のページをみると、他のスポーツに劣らないほどにたくさんのオッズが並んでいます。特にMLBはシーズン開幕の前から賭けることができるオッズがたくさんあります。

MLBのシーズン期間は4~10月の7か月間になり、日本のプロ野球もほぼ同じで3~10月になり、韓国のKBOリーグも同じです。主な賭けの対象となるリーグのシーズンは重複しているという事です。

つまりシーズンoffは賭けを楽しむための情報を集めたり、準備をする期間として活用をして、シーズンが始まったら集めた情報を使って賭けを楽しんでくださいね。

ブックメーカー「バスケットボールベッティング」のオッズや賭けの対象について

バスケットボールベッティングというのは、とても多くのファンから世界中で愛されています。ブックメーカーというのは世界各国のバスケットリーグや大会を、賭けの対象にしていますので、様々なオッズに賭けて楽しむことができます。

そこで今回は、バスケットボールのオッズについてお話をしていきたいと思います。オッズの種類や賭けの対象となるリーグや大会について、参考にしてみてくださいね。

ブックメーカーで賭けられる主なリーグや大会

バスケットボールの賭けの対象例

賭けの対象となる試合は「リーグ戦」と「国際大会」の2種類となります。

各国のプロリーグを紹介!

やはりバスケットと言ったら北米のNBA(National Basketball Association)ですよね。NBAはほぼすべてのブックメーカーが賭けの対象にしています。

それから、ヨーロッパ各国で開催されるプロリーグにも賭けることが可能です。具体的に紹介すると・・・

スペイン(リーガACB)、イタリア(セリエA)、ドイツ(ブンデスリーガ)、フランス(LNB)、オランダ(エールディビジ)、ギリシャ(A1エスニキ)、オーストリア(ABL)、スウェーデン(バスケットリガン)、ポルトガル(LCB)、ウクライナ(スーパーリーグ)、デンマーク(バスケットリガエン)、トルコ(BSL)、イスラエル(プレミアリーグ)、クロアチア(A1リーガ)、ベルギー(BLB)、リトアニア(LTL)、スイス(LNB)、ラトビア(LBL)そして、ロシアをはじめ旧ソ連圏の国のチームによるVTBユナイテッドリーグなど。(他にもありますが、ブックメーカーによって取扱いは異なります)

その他の地域で言えば、オーストラリアとニュージーランドによるNBL、フィリピン(PBA)、韓国(KBL)、そして、日本のBリーグも対象となっています。それから、プロリーグではないのですが「全米大学リーグ」のNCAAもNBAと同じように取り扱いが豊富なので、面白いですよ。一部のブックメーカーでは、北米の女子リーグWNBAにも賭けることが可能です。

国際大会の種類

4年に一度のFIBAバスケットボールワールドカップ、クラブチームによる欧州ナンバーワンを決めるユーロリーグ、欧州の各国代表によるFIBAヨーロッパ選手権、これらの大会はNBAに次ぐ規模の取扱いとなっています。

バスケットボールのオッズについて

バスケットボールのオッズは、試合が対象リーグおよび大会全体が対象インプレー(試合中)のオッズ特殊な事情が対象、に分けることができます。バスケットボールの1試合は、ルール上4クウォーターに分割されていますので、中でもインプレーオッズは各クォーター単位で予想ができますから、色々なオッズに賭けることができて、とても楽しいですよ。下記は主にNBAに提供されているオッズの解説になります。

シーズン全体が賭けの対象になっているもの

NBAのシーズン開幕前から賭けることができるのは、イースタンカンファレスとウェスタンカンファレスそれぞれの優勝予想、6つの地区ごとの1位予想、NBAファイナルの勝敗結果による優勝予想、どの地区のチームが優勝するか、どちらのカンファレンスのチームがファイナルを制するか、MVP予想、最優秀監督予想、新人王、などなど様々あります。

他国のリーグ戦では、優勝予想のオッズが提供されています。国際大会では優勝予想オッズだけではなくて、グループごとの1位予想なども賭けの対象となっています。大手のブックメーカーでは、こういったシーズン全体に関連したオッズがたくさん用意されています。

NBAのシーズン全体が対象のオッズ例

ウィリアムヒルなどの大手ブックメーカーでは、シーズン開幕前に下記のようなオッズが提供されます。

・優勝予想(NBAファイナルによって決まるシーズンチャンピオン予想)
・イースタンカンファレンス優勝予想
・ウェスタンカンファレンス優勝予想
・アトランティック・ディビジョン1位予想(EC)
・セントラル・ディビジョン1位予想(EC)
・サウスイースト・ディビジョン1位予想(EC)
・ノースウェスト・ディビジョン1位予想(WC)
・パシフィック・ディビジョン1位予想(WC)
・サウスウェスト・ディビジョン1位予想(WC)
・MVP(最優秀選手賞)予想
・ルーキーオブザイヤー(新人王)予想
・ディフェンシブプレイヤーオブザイヤー(最優秀守備選手賞)予想
・コーチオブザイヤー(最優秀監督賞)予想

試合が対象となっているオッズ

試合が対象となっているオッズというのは、ハンディキャップを加算して結果を判断することができる「スプレッド」というオッズや、勝敗予想や、何ポイント差でどちらが勝つか予想するオッズ、試合中の総得点を予想する賭け、総得点が奇数か偶数か、後半(3、4クォーター)のみの結果予想、前半(1、2クォーター)での結果予想、延長はあるか?と言ったオッズが一般的となっています。

そのほかにも変則的な勝敗予想もありますし、試合が始まる前に発表されるので賭けを楽しむことができます。スプレッドは、バスケットボールのように得点がたくさん動くスポーツでは、かなり高度な予想が必要となりますので、玄人相手に人気のある賭け方となっています。

各試合に対して賭けられるオッズの例

下記は、多くのブックメーカーで試合前に発表されるオッズの一部の紹介です。

Money Line
とてもシンプルな2択の勝敗予想をMoney Line(マネーライン)と言います。ブックメーカーによってはMatch Bettingとも表記されています。

Totals
試合中の両チームあわせた総スコア数が、設定された数字を上回るか下回るかという予想をする賭け方で、例えば「Over / Under 215.5」というオッズであれば、合計で216点を超えると予想したらO(Over)に、下回ると予想したらU(Under)に賭けます。

Spread
ハンディキャップをつけた勝敗予想になります。賭けたチームにつけられているハンディキャップを結果にプラスして勝敗を判断する方法です。ルールは上記のTotalsと同じになります。

Race To 20 Points
先に20点を超えるのがどちらのチームかを予想する賭け。

Double Result
ダブルリザルトという名の通りなのですが、2つの結果を組み合わて予想する賭けです。具体的に言えば、第1クォーターと第2クォーターを合わせて前半とします。そして、前半のみの結果と最終的な結果を組み合わせるのです。前半は引分け(Tie)もあるので、全部で6通りのパターンから予想することになります。

Winning Margin
得点差を予想する賭け方になります。何点差でどちらが勝つのかを予想し、たくさんの選択肢が用意されています。

Team With Highest Scoring Quarter
ひとつのクォーター内で最も多く得点するのはどちらのチームなのか?と予想します。

Team Total Odd/Even
得点が奇数(Odd)かEven(偶数)かをチームごとに予想する賭けです。

Game Total Odd/Even
両チームあわせた合計得点が奇数(Odd)かEven(偶数)かを予想する賭けです。

インプレーオッズ(試合中のオッズ)

試合中の賭けは、クォーター単位での賭けの種類が増えます。1クォーターのみの特典で判断をする勝敗予想や、スプレッド、総得点予想、奇数化偶数か、などがあります。それらに賭けると、クォーター終了時点で払い戻しとなります。

特にスプレッドでは、様々なハンディキャップが用意されていますし、試合中にも変動していきますので、好きなタイミングで好きなハンデのオッズに賭けることができるのです。1つのクォーターは10分単位(NBAは12分)になりますので、短時間で結果がわかるというところが大きな魅力です!

ブックメーカーのバスケットボールベッティング解説まとめ

バスケットボールベッティングでは、世界中で行われている主要プロリーグ戦やカップ戦、国際大会を対象とした賭けになります。中でも北米のNBAやNCAA、欧州各国のリーグやユーロリーグは、多くのブックメーカーで取り扱いがあります。NBAは10月から6月までのシーズン期間で、ユーロリーグは10月から5月のシーズン期間なので、ほとんど重複しています。ですからこの期間は、各ブックメーカーのサイトでバスケットボールベッティングを楽しむことができます。

ブックメーカー「アメリカンフットボールベッティング」のオッズの種類や詳細について

アメリカンフットボールというのは、ブックメーカーの中でもサッカーと同じようにとても大きな扱いを受けています。というのも、アメリカンフットボールはアメリカで1番人気のあるスポーツであり、世界的にもファンが多いからです。

そこで今回は、アメリカンフットボールの賭けについてお話をしていきたいと思います。オッズの種類、賭けの仕組みなどをこちらでお話していきますので、参考にしてみてくださいね。

アメリカンフットボールの賭けの対象

アメフトベッティングのオッズと賭けの対象

アメリカンフットボールの賭けというのは、サッカーやテニスなどと同じようにとても人気がありますが、賭けの対象というのは限られてしまっています。その理由は簡単で、アメリカンフットボールというのは、その名の通りアメリカでのフットボールだからです。そして賭けの対象となるのは、プロリーグです。

プロリーグのNFL(National Football League)と、同国大学リーグのNCAAF(National Collegiate Athletic Association Football)と、ブックメーカーによっては、カナダのCFL(Canadian Football League)が賭けの対象となっています。NFLとCFLというのは少しルールが異なりますが、ウェブサイト上ではアメリカンフットボールのカテゴリーに含まれています。

それから毎年2月に開催されるNFLの決勝戦、いわゆるスーパーボウル(SuperBowl)ですね。これはアメリカ最大のスポーツイベントとして知られています。ちなみにアメリカのテレビ史では、歴代視聴率トップ10のうり9つが、スーパーボウルの試合中継なのです。アメリカだけではなくて、世界中のアメリカンフットボールファンが関心を寄せる試合となっています。ですから、ブックメーカーでもスーパーボウルにはかなりたくさんのオッズを用意しています。

アメフト以外のフットボールへの賭け

アメリカンフットボールとは大きくルールが異なるので、もはや別のスポーツになるレベルなのですが、フットボールという名前がつくものがいくるかあります。

オーストラリアンフットボール(Australian Football)ゲーリックフットボール(Gaelic Football)これらも、ブックメーカーでは賭けることが可能です。それぞれがアメフトとは別のページを用意されています。

オーストラリアンフットボールは、その名前の通りオーストラリアで行われているスポーツになります。クリケットやラグビーリーグと並んで人気のあるスポーツです。フッティー(Footy)やオージールールズ(Aussie Rules)と呼ばれることもあり、ブックメーカーによってはサイト上でその名前を表記することもあります。プロリーグのAFLが主な賭けの対象となっており、決勝のAFLグランドファイナルではNFLのスーパーボウルと同じように、かなり注目される試合となっています。

ゲーリックフットボールというのは、アイルランドで行われているフットボールのことです。ブックメーカーのサイト内では、そのままの名称になっていか「ハーリング」と合わせてゲーリックスポーツ(Gaelic Sports)という項目内にあるか、GAA(Gaelic Athletic Association)と省略されて表記されます。

賭けられるオッズの種類

アメリカンフットボールのオッズは、「各試合が対象のもの」「リーグ全体が対象のもの」「インプレー用(試合中の賭け)」に分けられます。下記はNFLへの賭けに対する説明となります。

リーグ全体が対象のオッズ

NFLは、4チームが1つのディビジョン(地区)内で争って、その地区を統合するカンファレンス内での優勝を決めます。そして、2つのカンファレンスの優勝者が『スーパーボウル』で対戦をして、リーグ優勝が決定するという仕組みになっています。

NFLのオッズの種類解説2
(ウィリアムヒルの2017-18シーズンの各優勝予想オッズ)

具体的には、アメリカン・フットボール・カンファレンス(AFC)とナショナル・フットボール・カンファレンス(NFC)という二つのカンファレンスに、それぞれ『東・西・南・北地区』という4つのディビジョンがあり、そのディビジョン内に4チームずつが所属をしている状態です。

なので、リーグ全体に対する賭け方も各段階ごとに用意されているのです。スーパーボウルで決まるリーグ優勝予想ディビジョンごとの1位予想カンファレンスごとの優勝予想、に賭けらることが可能となっています。それから、こういった仕組みという事もあって、シーズン前には「スーパーボウルで優勝するのはどのディビジョンのチームか?」、「スーパーボウルで優勝するのはAFC所属チームか?NFC所属チームか?」、「AFCの決勝に進むチームは?NFCの決勝に進むチームは?」というオッズも用意されています。

試合ごとのオッズ

試合ごとのオッズはとてもたくさん存在します。アメリカンフットボールのルールに由来して、オッズも豊富になったようです。アメリカンフットボールは『1試合、60分』なのですが、それが『15分ごとの4つのクォーター』に分かれています。それから、スコアを獲得する手段が「タッチダウン」と「フィールドゴール」の2種類存在します。

NFLのオッズの種類解説2
(ウィリアムヒルの試合ごとの予想オッズ抜粋)

基本的な賭け方としては、勝敗予想、試合中の総ゴール数の予想ハンディキャップをつけた勝敗予想、試合終了時の得点差の予想最初の得点はタッチダウンかフィールドゴールか?延長はあるか?試合中のタッチダウンの総数得点する選手は誰か?誰が最初にタッチダウンを決めるか?、などなど多種のオッズがあります。

これらの多種多様な賭けが、試合全体を対象としているか、前半のみを対象(1&2クォーター)としているか、後半のみを対象(3&4クォーター)としているか、クォーター単位など細分化されているか・・・となっています。なので、そのぶんだけ賭けの選択肢も増えるという事ですね。さらに言えば、ブックメーカーによってこれらのオッズがホームチーム、アウェイチームごとに用意されているケースもあります。

そして「○○選手がタッチダウンを決める&そのチームが勝利」という、結果を複合して1つのオッズになっている賭け方というのも存在します。ほかにも、セイフティ(自殺点)の有無を予想、攻守交替のターンオーバー数予想、などのオッズも用意されているケースがあります。

インプレーオッズ

インプレーオッズは上記の試合ごとのオッズが、試合の展開に合わせて変動していくというものです。最終的な結果に対する賭けプラス、現在のクォーター内での結果やタッチダウンの有無、スコアなどに賭けることが可能です。ハンデをつけた勝敗予想、特典さの予想などは試合前よりも選択肢が増えるという事になるので、とても白熱した賭けを楽しむことができそうですね!

スーパーボウル関連の特別オッズ

スーパーボウルの開催というのは、毎年2月の第一日曜日(スーパーサンデー)という日になります。ですから、この数日前から大手ブックメーカーでは、スーパーボウルのために様々な特別オッズを用意し始めます。

MVP予想は一般的なのですが、中でも注目される選手に対しては「何点取るか?」「パスを何本以上成功するか?」「その選手が試合中に何ヤード獲得するか?」と言ったオッズも登場します。

ブックメーカーのアメフトベッティング解説まとめ

アメリカンフットボールは賭ける対象は限られているのですが、オッズの種類はとっても豊富です!とにかく様々なオッズを楽しむことができるのが、大きな魅力と言っていいでしょう。アメリカンフットボールのルールは少し複雑ですが、知れば知るほどにその奥深さを感じることができるスポーツです。

NFLのシーズン期間は、プレシーズンの試合が8月に行われており、レギュラーシーズンは9月から12月になります。トーナメントのポストシーズンは1月で、2月の第一日曜日がスーパーボウルとなります。

事前に公式サイトをチェックしたり、ネットなどで情報を収集してスーパーボウルに向けて、またシーズンに向けて準備を整えて賭けを楽しみましょう!

【詳細解説】ブックメーカーのゴルフオッズの種類・賭け方・対象となる大会などについて

ゴルフもブックメーカーで主要な賭けの対象としてオッズが用意されています。

もちろん、オッズの種類も豊富です。

今回は、ゴルフベッティングの詳細(賭けられる大会・オッズの種類・賭け方など)をわかりやすく解説していきます。

なので、はじめる前の参考にしてください!

ブックメーカーで賭けられる主なゴルフの大会

ブックメーカーで賭けられるゴルフの大会やオッズの解説

ゴルフの賭けは、実はテニスと似ています。

テニスでは、男子プロの大会はATP・女子はWTAという団体が主催しており、すべての大会が男女共に賭けの対象となっています。

ゴルフでは、PGAツアー(PGA Tour)とヨーロピアンツアー(European Tour)主催の男子の各大会、LPGA(Ladies Professional Golf Association→女子プロゴルフ協会)主催の女子の各大会、これら一年間に開催される大会を総じて「ツアー」と呼び、驚くことにこのツアーの大会ほぼすべてが賭けの対象です。

中には、メジャー選手権と称される全英オープン・全豪オープン・全米プロゴルフ選手権・マスターズ・トーナメントという四大大会、また女子はANAインスピレーション・全米女子プロゴルフ選手権・全米女子オープン・全英女子オープン・エビアン選手権などがあります。

個人戦はもちろん、アメリカツアー・ヨーロピアンツアー代表選手によるチーム対抗戦であるライダーカップ(Ryder Cup)も賭けの対象となっており、世界中のゴルフファン・ゴルフに賭けるプレイヤー達の注目の的となっています。

オッズの種類について

ゴルフの基本的な賭け方は、大会ごとに賭ける優勝予想オッズです

ゴルフベッティングページを見てみると・・・

To Win OutrightTournament Winnerという見出しが踊り、各選手ごとの予想オッズが並んでいます。

あなたが利用しているブックメーカーがあれば、一度確認してみて下さい。

優勝予想に似た賭け方では、各選手ごとに「トップ5入りするか?」「トップ20入りするか?」を予想するオッズも用意されています。

大会期間中の総合スコアを予想対象、2人の選手を比較し「どちらの選手が良い成績か?または同点か?」という3択に賭ける「72 Hole Match Betting」もあります。

その他のオッズには、出場選手を大陸・国籍別に分け「最も成績が良い欧州のプレイヤーは?」「最も成績が良い○○人は?」なんて賭けもあります。

【賭けられるオッズ例】

大手ブックメーカーで賭けられる主なオッズを以下で紹介します。

To Win Outright
優勝予想は、ゴルフ対象の賭けの中でも基本的な賭け方です。Tournament Winnerと表示されているブックメーカーもあります。

Margin Of Victory
優勝者が2位と何打差かを予想。

Top 5 Finish
5位以内に入るか?を予想。

1st Round Leader
大会初日(第1ラウンド)終了時点の1位予想。

1st Round 3 Balls
出場選手中、ブックメーカー側に組み合わせられた選手3人のうち、誰が第1ラウンドの結果が一番良いかを予想。

ちなみに同様の賭けで、1st Round Six Shooter(6人の第1ラウンドの成績比較)1st Round 2 Balls(2人の第1ラウンドの成績比較)、3rd Round 2 Balls(2人の成績を第3ラウンドまでの結果で比較)なども。

Top American
出場選手のアメリカ人の中で、最も好成績の選手を予想。

Top European
出場選手の中のヨーロッパ圏の選手のうち、最も好成績の選手を予想。

Top Continental European
イギリス・アイルランド・アイスランド・マン島・チャンネル諸島を除くヨーロッパ各国から出場する選手中、最も好成績の選手を予想。

Top GB & Ireland
出場するイギリス・アイルランド選手から最も好成績の選手を予想。

Top Korean
出場する韓国人選手から最も好成績の選手を予想する賭け。

Top Australian
出場選手のオーストラリア人から最も好成績の選手を予想。

Top Swede
出場選手のスウェーデン人から最も好成績の選手を予想。

Top Spaniard
出場選手のスペイン人から最も好成績の選手を予想。

Top Irish
出場選手のアイルランド人から最も好成績の選手を予想。

Top Scotsman
出場選手のスコットランド人から最も好成績の選手を予想。

Top Frenchman
出場選手のフランス人から最も好成績の選手を予想。

Top Rest Of World
上記のように区分けされた地域・国々以外から出場する選手の中で、最も好成績の選手を予想。

Top Debutant
初出場選手のうち最も好成績が誰かを予想。

Hole In One
大会中にホールインワンがあるかないか予想。

72 Hole Match-Betting
2人の選手のうち、大会4日間(18×4=72ホール)のトータルの成績はどちらが良いか、「選手A・選手B・同点」の3択で予想。

72 Hole Group Betting
上記のMatch Bettingは選手2人の成績比較ですが、Group Bettingは複数の選手の中で最も成績が良い選手を予想。

1st Round 18 Hole Match-Ups
2人の選手の第1ラウンドの成績比較で「選手A・選手B」の2択で予想。

Match Bettingの賭けの中では、引分けの選択肢がありますが、Match-Upオッズにはありません。

引分けの場合は返金です。

Play Off To Decide The Winner?
プレーオフ(延長)で優勝が決まるか?の予想。

特殊な賭けについて

ブックメーカーで賭けられるゴルフのスペシャルオッズ例

大手ブックメーカーの一部では、特殊なオッズが発表されることがあります。

ある選手が一年間でメジャー選手権をいくつ優勝するのか」という内容のオッズです。

例えば、タイガーウッズやローリー・マキロイやセルヒオ・ガルシアらが、この特殊オッズの対象となったことがあります。

ブックメーカーのゴルフのページを見て、そこに「スペシャル」という項目があれば、このような特殊オッズが用意されています。

なので、シーズン開幕前からサイトをしっかりチェックしてみて下さい。

ブックメーカーのゴルフベッティングに関するまとめ

ゴルフを自分でプレーすのも観戦するのも両方好きなら、ブックメーカーでのゴルフベッティングは「予想」という新しい扉を開く楽しみとなり、利益を得られる機会ともなります。

サッカー・野球・テニスなどと同じく、ゴルフにもインプレーベッティング(競技中の賭け)があります。

TV中継を視聴しながら、もしくは現地で観ながらPC・スマホで賭けることが可能となっています。

PGAツアーの大会は、毎年10月開始~翌年9月までの年中シーズン期間です。

ヨーロピアンツアーの場合は、11月からスタートして翌11月まで、こちらも1年間シーズン期間です。

四大大会のマスターズは4月、全米オープンは6月中旬、全英オープンは7月中旬、全米プロゴルフ選手権は8月中旬開催です。

メジャー選手権は春~夏にかけて集中、とゴルフは年中大会が開催されているため、ブックメーカーでも1年通して賭けることができます

何かしらのオッズがいつでも並んでいるので、サイトをチェックしてみるといいでしょう。

以上、ここまで説明してきましたが参考になりましたか?

ゴルフベッティングの入門知識として参考になればと思います!

【詳細解説】クリケットベッティングの賭けの対象・オッズの種類などについて

多くのブックメーカーで「クリケット」に賭けることが可能です。

私たちの住む日本では、今のところクリケットの知名度は高いとは言えませんが・・・

英国・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカでは、夏に注目されるスポーツのひとつ!

また、インド・パキスタン・スリランカ・バングラディッシュなどでは、国民的スポーツとも呼べるものです。

そこで今回は、クリケットのルール概要・ブックメーカーでのクリケットベッティングの詳細(賭けられるリーグ・大会・オッズの種類など)をわかりやすく解説しています。

参考にしていただければ幸いです!

「クリケット」とは一体どんなスポーツ?

クリケットとはどんなスポーツか?

日本では知名度が低いものの・・・世界の多くの国でクリケットはプレーされ、非常に人気のあるスポーツです。

特にインドでは、国民全員がプレーできるとされるほどにクリケットの普及率が高く、インドのプロリーグのプレミアリーグ(IPL)はクリケット界の最高峰リーグと称されています。

そもそもクリケットの起源はイギリスで、昔は上流階級の社交の場としての側面がありました。

そのことから別名「紳士のスポーツ」と呼ばれます。

一試合のプレー時間がとても長いスポーツ(伝統的な試合形式の場合、最長5日!1日ごとに時間を区切りって対戦)で、社交的側面の名残として試合中にランチタイム・ティータイムが現在も設けられており、その時間中は選手も審判も談笑を交わします。

クリケットのルールの概要について

もしもあなたがクリケットについて全然知らないなら、最初に以下のポイントをおさえると理解がぐんぐん進みます。

・1チーム11人で2チームが勝敗を争う球技
・大きな丸い球技場でプレー
・攻守は交代制。片方のチームが攻撃(点を得る側)で、片方が守る(点を阻止する側)
・コイントスで先攻・後攻を決める
・攻撃側が全員アウト、もしくは守備側が規定の投球数に達すると攻守交替(ただし、試合形式により対応が異なるので注意)
・より多くスコアを取ったほうが勝ち

簡単にクリケットの競技としての全体像を示してみました。

クリケットの全体の流れは、野球に似ていると思います。

片方が投げ、片方が打つ・・・交代は規定のタイミングで攻守交代します。

ただし、野球と同じように9回までイニングが続くわけではありません。

クリケットは、長い試合形式で2回の表裏までです。

しかし、短いものなら1回の表裏で終わります。

・・・それでも数時間~1日、もしくはそれ以上かかります。

これは、攻守交替のルールが野球と全く違うためです。

攻守交替のタイミングの違い・試合形式

クリケットの攻守交替は、打者全員がアウトになったら攻守が入れ替わります。

打者は2人ペアでフィールドに出るため、11人中10人がアウトになるともうペアとなれないために交換となります。

つまり、10アウトが基本的な攻守交代のタイミングとなります。

投手側にもルールがあり、投手は6球ごとに次の投手と交代となります(6球=1オーバー)。

オーバー数の制限の有無で試合形式が分かれています。

例えば、ワールドカップでの採用形式は50オーバー(50×6=300球)制、つまり300球に達した時点で打者側が10アウトになっていなくても攻守交替となります。

一方、伝統的なテストマッチにはオーバー制限がありません。

なので10アウトになるまで片方の攻撃(得点チャンス)が続きますので、300対0点なんて酷い点差の状況も珍しくありません。

クリケットの主な試合形式は、次の3つが挙げられます。

ワンデイ・インターナショナル(ODI)

ワールドカップなど国際大会での採用ルール。

50オーバー(6×50=300球)の1イニング制。

ちなみに1試合は数時間~半日程度。

テストマッチ(Test Match)
伝統的な国別対抗戦のルール。

球数無制限の2イニング制。

ちなみに、1試合が最長5日間。

トゥエンティトゥエンティ(Twenty20)
短時間で決着がつくIPLなどで採用されている形式。

20オーバー(6×20=120球)の1イニング制。

ちなみに1試合は数時間。

試合の流れについて

上で説明した試合形式を理解しておけば、具体的にどう試合が進行するか?どんな行為が得点になるか?どんな行為がアウトになるか?をしっかり把握すれば、十分にクリケットの観戦・クリケットベッティングを楽しめるでしょう。

クリケットのルールは非常に細かいため、今回は最も重要なピッチ周辺部分のことに絞って解説しています。

・フィールド中央の縦長のエリアは「ピッチ」
・ピッチの両端にはウィケット(Wicket)と呼ばれる杭が刺さっている

・ウィケットの前に打者が1人ずつ、ピッチに2人が立つ(バッツマンという)
・第1打者がストライカー、第2打者がノンストライカーと呼ばれる
・ボウラーは片方のウィケット側に立ち、ストライカー側にボールを投げる
・第1打者がアウトでピッチを去ると、第2打者がストライカーになり、第3打者がノンストライカーになる
・ボウラーは6球投げて次のボウラーに交代する

ボウラーの目的は、打者からアウトを取ることです。

バッツマンがアウトになる10通りのパターンがあり、主に「直接ウィケットをボウラーの投げたボールで倒す」「守備がバッツマンが打ったボールをノーバウンドでキャッチ」「バッツマンが打ったボールが送球でフォールダー(捕手)に戻され、ウィケットを倒す」など。

つまり、ボウラーの直接的な一番の目的は、ボールを投げてウィケットを倒すこと。

一方、バッツマンはウィケットを倒されないよう防ぎながら得点するのが目的です。

ボウラーの投げたボールがウィケットに当たらないよう、バットで防ぐもしくは打ち返します。

打ち返した球が遠くまで転がったときが得点のチャンス!

もう1人のバッツマン・ウィケット間を往復します。

お互いが反対のウィケットまで走ると1点、往復なら2点、さらに反対へ走ると3点・・・と言う感じで加算されていきます。

返球の具合を見て、その時の判断でアウトにならないように止まります。

打ち返した球をバウンダリー(フィールドの境界)を越えて飛ばすと6点、ゴロで越えると4点。

クリケットはフィールドの360度どこへ飛んでも有効打、野球みたいなファールの概念がないんです。

ウィケットを守り続けてアウトにならない限り、見送りの回数は自由です。

打球の距離に対してあなたが走るか否かは、2人のバッツマンの判断次第です。

ブックメーカーで賭けられるクリケットの主なリーグ・大会

ブックメーカーで賭けられるクリケットのリーグや大会

冒頭で挙げたイギリス・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ・インド・パキスタン・バングラディッシュなどで開催されるリーグ戦およびカップ戦、国際大会にも賭けることができます。

具体的な例を挙げるなら・・・イギリスのイングランドとウェールズのチームによるリーグ戦のトゥエンティ・トゥエンティ・ブラスト(T20 Blast)、カウンティ・チャンピオンシップ(County Championship)の1部・2部リーグ、カップ戦のワンデイ・カップ(One Day Cup)、インドのプレミアリーグ(India Premier League)、ランジ・トロフィー(Ranji Trophy)、オーストラリアのビッグ・バッシュ・リーグ(Big Bash League)、ワンデイ・カップ、シェフィールド・シールドなどです。

国際大会は、ICCクリケットワールドカップICCチャンピオンズトロフィーICCワールドトゥエンティ20、イギリスとオーストラリアの代表チームによる対戦のジ・アッシズ(The Ashes)、他の国別のテストマッチ(伝統的な国別対抗戦)も、もちろん賭けの対象です。

ブックメーカー提供のクリケットの主なオッズについて

クリケットのベッティングオッズも他のスポーツと同じく「リーグ・大会全体が対象」「試合ごとが対象」「インプレーオッズ(試合中の賭け)」3つに分けられます。

国別対抗戦のテストマッチは専用の賭け方があります。

リーグ戦・大会全体が対象のオッズについて

リーグ・大会全体が予想対象となる場合、他のスポーツと同じく優勝予想が一般的です。

あなたが賭けたチームがもしも優勝すれば、賭けた時点のオッズできっちりと払戻しを受け取ることができます。

カップ戦・国際大会なら決勝に進む2チームを予想するザ・ファイナリスト(The Finalists)もあります。

リーグ・大会全体が対象のタイプの賭けの場合、個人単位のオッズもあります。

シーズン最多得点のバッツマン予想・1試合における最多得点者予想も同様にあります。

【大会全体が対象のオッズ例】

ICCチャンピオンズトロフィーの大会全体を対象とするオッズ例が以下になります。

To Win Outright
優勝予想。

Group Betting
グループステージの各グループの1位予想。

Top Batsman
大会全体で一番成績が良かったバッツマン予想。

Top Bowler
大会全体で一番成績が良かったボウラー予想。

Top Team Batsman
チームごとの一番成績が良かったバッツマン予想。

Top Team Bowler
チームごとの一番成績が良かったボウラー予想。

Name the Finalists
決勝の対戦カード(2チームの組み合わせ)予想。

Team with Highest Innings Score
1イニングで一番多く得点するチームの予想。

Player of the Tournament
大会の最優秀選手予想。

To Reach the Final
決勝に進むか?Yes・Noの2択で予想。

大会全体に対する賭けで、William Hillには「敗退ステージ」オッズもあります。

ブックメーカーで賭けられるクリケットのオッズの種類2

チームの成績(どの時点で大会から敗退するか?)を予想するもので、グループステージ敗退・準決勝敗退・準優勝・優勝などの選択肢があります。(優勝の選択肢を選ぶことは、実質的に優勝予想オッズと同じ)

シリーズ対象のオッズについて

国別対抗戦のテストマッチは、1試合がなんと最長5日間かかる最もクリケットの伝統的な試合形式で行われます。

クリケットのテストマッチは、1つの対戦カードが1~2週間おきに数試合行われ(例を挙げるなら、イングランド代表vsオーストラリア代表のThe Ashesは5試合)、この期間のことをシリーズと呼びます。

シリーズとは、通算成績が何勝何敗かを予想するオッズ(例えばThe Ashesならイングランド3勝・オーストラリア2勝の3-2に賭けるなど)、最多得点バッツマンの予想などがあります。

各試合ごとのオッズについて

試合ごとのオッズの対象は、勝敗・スコア・選手の成績が分けられています。

多様な賭け方があり、中でも勝敗の基本的な賭けは、勝つか負けるかの2択予想です。

スコアに関しては、合計得点を予想する・チーム単位で予想する・イニング単位で予想するなどがあります。

「試合中に100点を超えるか?(Century To Be Scored?)」なんてオッズもあり、スポーツの中でもスコアが動きやすいクリケットならではの賭け方です。

【各試合ごとに賭けられるオッズ例】

To Win the Match
どちらのチームが勝つかを予想する2択。

To Win the Toss
試合前に先攻・後攻を決めるコイントスにどちらのチームが勝つか予想。

Top Team Batsman
チームごとの最多得点バッツマン予想。

Top Team Bowler
チームごとの一番成績が良かった予想(アウトを取った)

Player Performance
プレイヤーごとの得点数を予想。

Man of the Match
名前どおりマンオブザマッチに選ばれる選手を予想。

Total Runs in Match
ブックメーカー側が設定した数値を試合中の両チーム合計の総得点数が上回るか下回るかの2択で予想。

1st Innings Score
第1イニングの得点数を予想。

1st Over Total Runs
第1オーバー(1人目のボウラー投球時)に動く得点数を予想。

Highest Individual Score
設定された数値を最も得点する打者の得点数が上回るか下回るかの2択で予想。

Race to Ten Runs
どのバッツマンが最初に10得点するかを予想。

Match Handicap
ウィケット数・ラン数(得点数)の両方にハンディキャップをあらかじめ設定、そのハンデを試合終了時の成績に足し引きして勝敗を決める賭け。

Highest Opening Partnership
どちらのチームの最初のバッツマンが多く得点するかを予想。(引分けもある3択)

ブックメーカーでできるクリケットへの賭けに関するまとめ

世界的に人気があるスポーツのクリケットは、ブックメーカーでのオッズの取扱いも豊富です。

ワールドカップなどの国際大会、IPLやT20ブラスト、ビックバッシュなどの各国リーグ戦、クリケットの賭けの対象はたくさんあります。

また、一試合あたりの競技時間が長いクリケットは、特にインプレーベッティングでは、「現ボウラー中に打者が何点取るか?」などのわずか数分ほどで決着がついて払戻される賭けが何度も長時間楽しめることが魅力となっています。

【詳細解説】アイスホッケーベッティングの賭けの対象&オッズの種類について

今プレイヤーが増えているオンラインブックメーカーでは、アイスホッケーも賭けの対象となっています。

北米・北欧で特に盛んなスポーツがアイスホッケーであり、各国リーグ戦・国際大会にオッズが各種用意されます。

そこで今回は、アイスホッケーベッティングに注目してみました!

賭ける前の参考に、ぜひご覧下さい。

ブックメーカーで賭けの対象となる主なリーグ・大会

はじめにも書きましたが、主に北米・北欧でアイスホッケーは非常に人気のスポーツで、プロリーグもあります。

そして各国リーグ戦が賭けの対象です。

北米は、カナダ・アメリカのクラブチームによるNHL(National Hockey League)、ヨーロッパは、スウェーデンのSHL(Swedish Hockey League、現地語でスヴェンスカ・ホッケーリーガン)、フィンランドのSMリーガ、チェコのエクストラリーグ 、ロシアのKHL(Kontinental Hockey League)、ドイツのアイスホッケーリーガなど。

国際大会は、アイスホッケー世界選手権(IIHF World Championship)、冬季オリンピック、ユーロアイスホッケーチャレンジ(Euro Hockey Challenge)などへ賭けられます。

アイスホッケーのオッズの種類について

ブックメーカーが用意しているアイスホッケーのベッティングオッズは、他の賭けの対象となっているスポーツ同じく、リーグ・大会全体が対象、各試合ごとの勝敗・スコアに関する賭け、に分けられます。

NHLはリーグ・大会全体が対象のものに、さらに各種賞への予想が加わり、とても多彩な賭けを楽しめます。

リーグ・大会全体が対象

リーグ・大会への賭けでも特に一般的なのは、「優勝予想オッズ」ですね。

北米のNHLには、優勝予想意外にもオッズが用意されます。

NHLは、アメフトのNFL、バスケットボールのNBAと似た仕組みとなっています。

計30チームが2つのイースタン・ウェスタンというカンファレンスに振り分けられ、さらに各カンファレンス内でまた2つのディビジョンに分けられています。

流れは、レギュラーシーズンの試合→成績上位チームがプレーオフに進出→シーズン優勝をスタンレー・カップ・ファイナル(Stanley Cup)という最終戦で決めるというもの。

なのでシーズン開幕の10月前には、優勝予想はもちろん、各カンファレンスごとの1位予想、各ディビジョンごとの1位予想、ディビジョンのどのチームが優勝するか?などのオッズが用意されることになります。(ちなみに仕組・オッズはロシアのKHLも同様)

各種成績に対する賞について

NHLには、個人の成績・シーズン中のチームの成績に対して賞が用意されています。

なので、どのチームもしくはどの選手がこの賞を受賞するのかに対してもオッズが用意されています。

具体的に次のような賞があります。

プレジデンツトロフィー(Presidents’ Trophy)…レギュラーシーズン最高成績チーム
モーリス・“ロケット”・リシャール賞(Maurice ‘Rocket’ Richard Trophy)…レギュラーシーズン最多ゴール賞
ハート記念賞(Hart Memorial Trophy)…レギュラーシーズン最優秀選手賞
コーン・スマイス賞(Conn Smythe Trophy)…プレーオフ最優秀選手賞
カルダー記念賞(Calder Memorial Trophy)…新人王
ジェームス・ノリス記念賞(James Norris Memorial Trophy)…最優秀ディフェンス選手

そしてこういった賞は他にもあり、ブックメーカーによっては取り扱っている場合があるので賭けることができます。

試合ごとのオッズについて

ブックメーカーのアイスホッケーへの賭けオッズ例

アイスホッケーの各試合ごとのオッズは、単純な勝敗予想であるマネーライン(Money line)、ハンディキャップ加算で勝敗予想するパック・ライン(スプレッドやハンディキャップと表記されている場合もある)、試合中の総スコア数予想のオーバーアンダーが一般的なものです。

この3種は、アイスホッケーを対象としているほぼすべてのブックメーカーで賭けることができます。

大手ブックメーカーの場合は、取り扱うオッズの種類が多様化していますので、上記意外にも正確なスコア予想をするオッズ、ピリオド単位で結果予想するオッズ、何分までに1点目が入るかを予想するオッズ、点差予想のオッズ、ゴールを誰が決めるか予想するオッズ、引き分けで返金となる2択の勝敗予想オッズ、先に3点取るのはどちらのチームか予想、試合結果は何点差になるか予想、両チーム共にスコアを得るかどうか予想、最もスコアが動くのは何ピリオド目かの予想、総スコア数は奇数か偶数か予想・・・

など、実にいろんな賭け方が用意されています。

ブックメーカーのアイスホッケーの賭け関するまとめ

アイスホッケーベッティングは、アイスホッケーが盛んでプロリーグがある地域で人気です。

NHLは、10月にレギュラーシーズンがスタートし、スタンレーカップ・ファイナルは翌年6月。

ロシアのKHLは、8月末~翌2月までがレギュラーシーズン、プレーオフ最終戦のガガーリン・カップは4月開催です。

非常に多くの試合が開催されるので、膨大な賭けの機会があります。

ぜひあなたもお気に入りのアイスホッケーチームをみつけてお楽しみ下さい。

【詳細解説】F1ベッティングで賭けられるレース&各オッズの賭け方について

今話題のブックメーカーでは、モータースポーツであるF1(Formula One)、モトクロス(Motocross)、ナスカー(Nascar)、ラリー(Rally)なども賭けの対象としている場合があり、特にF1は多くのファンが参加しています。

今回は、F1ベッティングの賭けの対象・オッズの種類などをわかりやすく解説していきます。

モータースポーツが好きで賭けに関心がありましたら、ぜひ参考にお役立て下さい!

ブックメーカーで賭けられるF1の大会・レースについて

F1のオッズや賭けられるレースについて

F1(フォーミュラ・ワン)とは、モータースポーツのひとつのカテゴリです。

そして「F1世界選手権」がプロによる競技の名称となります。

国際自動車連盟 (FIA)が運営し、毎年世界各国でレースが開催されています。

簡潔に説明しますと、順位に応じて与えられるチャンピオンシップ・ポイントの総計によって、ドライバー・車体製造者(コンストラクター)の各チャンピオンが決まります!

ブックメーカーでは、世界選手権のすべてのレースが基本的には賭けの対象となります

世界選手権開催シーズンは、毎年3月~11月までとなっており、開催地はシーズンで変更されることがありますが、2017年はオーストラリア、中国、バーレーン、ロシア、スペイン、モナコ、カナダ、アゼルバイジャン、オーストリア、イギリス、ハンガリー、ベルギー、イタリア、シンガポール、マレーシア、日本、アメリカ、メキシコ、ブラジル、アブダビとなっています。

世界3大レースの1つと呼ばれるモナコグランプリは、注目度が毎年高いので特別オファーが用意される場合もあります。

各グランプリは、フリー走行→予選(Q1~Q3の3回)→決勝といった流れで開催されます。

また、大手ブックメーカーでは、グランプリ開催前(フリー走行前)から様々なオッズが提供され、賭けることも可能です。

ブックメーカーで賭けられるF1のオッズの種類について

F1は、ウィリアムヒルなどほぼ全てのブックメーカーで賭けることが可能です。

ウェブサイトをみた時に、F1Formula Oneなどの見出しがある、ない場合はMotor Racingというカテゴリにある場合もあります。

ご確認下さい!

そして賭けられるオッズは、シーズン全体の成績が対象の年間チャンピオン予想各レースごとの細かなオッズという大きく2種類に分けられます。

シーズン全体が対象のオッズについて

世界選手権のシーズン全体が対象のオッズは、ドライバーズ・ワールド・チャンピオンの予想コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンの予想という2種類です。

シーズン開幕前・シーズン中に賭けることが可能です。(レース消化、最新獲得ポイント状況に応じオッズは変化していきますが、賭けた時点の倍率で払戻されます)

各グランプリが対象のオッズについて

シーズン全体を対象としているオッズは、ドライバー・コンストラクターの優勝予想にほぼ限られています。

しかし、各グランプリごとのオッズは実に多彩な賭け方が用意されます。

基本的にドライバー対象・コンストラクター対象に分けられます。

もちろん両方を組み合わせたもの、その他特殊な賭け方も用意されていることがあります。

ドライバーが対象のオッズについて

ドライバー対象の賭けには、次のものがあります。

To Win Outright
レースの優勝予想。

Podium Finish
表彰台にあがる3位以内に入れるか?の予想。

Top 6 Finish
6位以内の入賞予想。

Points Finish
予選突破し、ポイントが発生する決勝に進出するか(=10位以内か)を予想。

Fastest Qualifier
予選最速タイムドライバー予想。

Fastest in Practice1
フリー走行最速ドライバー予想。

Fastest Lap
最速ラップを出すドライバー予想。

To be Classified
レースを完走するか(もしくは完走扱い)の予想。

Driver Specials
「最初にハミルトンがピットインするか?」「ハミルトンが予選最速タイムを出すか&優勝するか?」などなど、ドライバーごとのさまざまな結果に対する賭け。

First Driver to Retire
最初にリタイアするドライバー予想。

Combination Podium Finish
「ハミルトンとライコネンが3位以内に入るか?」などなど、ドライバーを2人組み合わせて表彰台にあがるか?を予想。

各グランプリで自分の好きなオッズに賭けることができます。

コンストラクターが対象のオッズについて

車体製造者(コンストラクター)対象のオッズには、次のようなものです。

Winning Car
優勝するコンストラクターの予想。

メルセデス・フェラーリ・レッドブルなど選択肢から選んで賭けます。

Qualifying Winning Car
予選最速のコンストラクターを予想。

First Constructor Retirement
最初にリタイアするコンストラクター予想。

その他について

優勝ドライバーの国籍予想(Winning Nationality)、どのドライバーが予選最速&最速ラップ&優勝するか予想、どのスターティンググリッドのドライバーが優勝するか(Grid Position Of Winner)、決勝でのタイム差を予想(Winning Margin)、予選タイムの差を予想(Qualifying Winning Margin)、完走(もしくは完走扱い)になるドライバーの人数予想(Number of Classified Drivers)などもあります。

ブックメーカーのF1への賭けに関するまとめ

F1に対してブックメーカーは、ドライバーとコンストラクターの年間優勝予想、各グランプリへの細かなオッズなどを提供しています。

用意してあるオッズの種類は、野球・サッカー・テニスなど球技に比べるとちょっと少なめではありますが、ファン心理をくすぐる賭け方となっています。

そして他のスポーツと同じく、大手ブックメーカーほど基本的にオッズの種類が豊富なので、初めて賭ける場合はウィリアムヒル・10betなどオッズが豊富に用意されているブックメーカーからチェックし、情報収集・分析をしながら予想を立てて楽しみながら賭けて下さい!

【詳細解説】ブックメーカーでの競馬オッズ&対象レースの種類&EachWayのルールについて

世界各国のブックメーカーで、競馬を対象にした賭けがあります。

もともとブックメーカー自体が、1790年代イギリスの競馬場で始まったものなんです。

後からスポーツの賭けは追加されたものなので、競馬への賭けは近代ブックメーカーの原点とも言えるものなんですね。

日本馬が出走するドバイワールドカップはもちろん、凱旋門賞などの国際レースは、毎年注目を集めて大盛り上がりです。

今回は、ブックメーカーで取り扱っている競馬の主な対象レース・オッズの種類、さらに少し特殊な賭け方であるEach Way(イーチウェイ)の仕組みなどを解説しています。

参考に目を通してお役立て下さい。

ブックメーカーで対象となる主な競馬レース

ブックメーカーで賭けられる競馬レースやオッズの種類

世界各地で競馬レースが開催されていますが、基本的にはイギリス、アイルランド、オーストラリア、アメリカ、南アフリカなどで開催されるレースが対象です。

ブックメーカーのサイトをみて見ると、国別・競馬場別でカテゴリが用意され、各カテゴリの中に出走時刻ごとにレースが並んでいます。

気になったものをクリックしてみると、出走馬ごとのオッズが表示されます。

特に注目される世界的レースは、「International」・「国際」、または「Feature Races(注目のレース)」などの特別カテゴリに含まれています。

例を挙げるのなら、UAEのドバイ・ワールドカップを含むドバイ・ミーティング(3月)の各レース、フランスの凱旋門賞を含むアークウィークエンドの各レース(10月)、香港国際競走の各レース(12月)など・・・

レースの前からオッズに賭けることが可能です。

注目の大きな競馬のイベント

特に注目度が世界的にも高いレースが次になります。

競馬好きな方は、ぜひレース前にブックメーカーのサイトをチェックしてみてください!

ドバイ・ワールドカップ(Dubai World Cup)…UAE、3月
チェルトナム・ゴールドカップ(Cheltenham Gold Cup)…イギリス、3月
グランドナショナル(Grand National)…イギリス、4月
ケンタッキー・ダービー(Kentucky Derby)…アメリカ、5月
アスコット・ゴールドカップ(Ascot Gold Cup)…イギリス、6月
凱旋門賞(Prix de l’Arc de Triomphe)…フランス、10月
ブリーダーズカップ・クラシック(Breeders’ Cup Classic)…アメリカ、10月
メルボルンカップ(Melbourne Cup)…オーストラリア、11月
キングジョージ6世チェイス(King George VI Chase)…イギリス、12月
香港カップ(Hong Kong Cup)…香港、12月

複数の重賞レースが開催されるイベント

ドバイ・ワールドカップは、ドバイミーティング(ドバイ・ワールドカップ・ナイトとも呼ばれます)のメインレースであり、同日開催されるドバイ・ターフ(Dubai Turf)、ドバイ・シーマクラシック(Dubai Sheema Classic)やその他のレースも賭けの対象となっています。

同じく、チェルトナム・フェスティバル、ロイヤルアスコット開催、凱旋門賞ウィークエンド、ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップ、香港国際競走のメインレース以外にも賭けられます。

ブックメーカー提供のオッズの種類について

ブックメーカーの競馬の賭け方解説

ブックメーカーで賭けられる一般的な競馬のオッズは、選んだ競走馬が1着になるか?(To Win)が基本となっています。

そして他にEach-Way(イーチウェイ)という、2着や3着までに入れば多少の払戻しがあるリスクヘッジした賭け方も。

さらにもうひとつ、SPという選択肢もあります。

これはStarting Priceを意味しており、レース直前の最終的なオッズで賭けます。(SPは日本の競馬と同じ)

SP以外のオッズに賭けて勝った場合、テニス・サッカーなどのスポーツへの賭けと同じく、賭けた時点のオッズで払戻しがされます。

日本の競馬である締め切り時点のオッズではないので注意して下さい。

ちなみに、オッズが表示されたページを見てFやFAVと書かれているのは、Favorite(本命)のことで一番オッズが低いことを意味します。

2Fは、2nd Favoriteで2番目にオッズが低いことを意味します。

Each Way(イーチウェイ)について

ブックメーカーの競馬の賭け方解説

競馬の基本的な賭けといえば選んだ馬が1着になれば勝ちというシンプルなもの、しかしEach-Wayは少し異なります。

ブックメーカーの競馬のページを見てみると、Each WayやE/Wと書かれているのを頻繁に見かけることになります。

意味は、選んだ競走馬が2着~3着に入っても、本来1着の時に払い戻されるオッズの3分の1もしくは4分の1の倍率で払戻しがある賭け方です。

何着以内まで有効か?・何倍になるのか?は、出走数で異なります。(オッズのそばに何着まで対象か表記があるのでチェックしてください)

Each Wayを選択すると、2倍賭ける(賭け金入力フォームに打ち込む金額の倍)ことになります。

半額は選んだ馬が1着になった場合のみ的中扱いで、残りの半分は指定された2着以降の範囲でも的中扱いになります。

さらに具体的な計算は、以下をご覧ください。

例えば・・・あなたがAという馬に賭けるとします。

1着予想のオッズは、大穴気味の50倍、Each Wayの範囲は1~3着まで、そしてオッズ設定が4分の1だとしましょう。

そこで100ドルを賭け金入力フォームに打ち込むと・・・

実際は200ドル賭けることになります。

【2着もしくは3着の場合】

1着予想に賭けた100ドルは負けなもののEach Wayの賭けは的中です。

オッズは50倍の4分の1で計算され払い戻されます。

しかし、単純に50倍÷4=12.5倍ではなく、分数形式のオッズ(フラクショナル)で計算することになります

50倍はフラクショナル表記だと49/1、この4分の1の49/4=13.25倍で計算します。

つまり賭けた馬が2着もしくは3着なら、合計200ドル使った結果・・・

1325ドルが払戻されて1125ドルが純粋な賞金です。

賭けた200ドルの内訳について

・1着予想分の100ドル→没収

・Each-Way部分→13.25倍x100=1,325ドル

【1着の場合】

大穴気味の競走馬がもしも1着になった場合、1着予想の50倍は的中なので5000ドルが払戻されます。

そしてEach-Wayの部分も的中扱いなので、さらに1325ドルが追加されます。

つまり合計の払戻しは・・・6325ドル、6125ドルが賞金です!

ここでは、Each-Way部分の計算が比較的わかりやすくなるように倍率の高い事例を説明しました。

つまりイーチウェイは、「賭け金は倍、でも2着以下でも賞金獲得の可能性がある」賭け方です。

ただし、オッズが小さいFAVや2nd FAVなどの馬にイーチウェイを使った場合、3着以内に入っても払い戻しがほとんどない場合もありますので、リスク&リターンのバランスを考えて判断しましょう。

その他の賭け方について

ブックメーカーの競馬の賭け方解説2

大手のブックメーカー(ウィリアムヒルなど)では、1着予想以外の賭け方も選択できます。

具体的には次のようなものがあります。

Place Only 2
2着以内なら的中の予想。

Place Only 3
3着以内なら的中の予想。

この2つの賭け方は、Each-Wayと違い賭け金を倍増することも複雑な計算もありません。

シンプルに1~2着もしくは1~3着までに入ると、表記されたオッズで払戻しされます。

Match Betting
2頭の競走馬を比較、そしてどちらの方が順位が上か予想。

Insurance 2 Places
Insurance(インシュランス)は保険の意味、こちらに賭けると1着なら的中、2着なら返金

同じルールの賭け方では、2~3着なら返金されるInsurance 3 Placesもあります。

Betting Without
Withoutは除くという意味です。

この賭けは、一番オッズが低い馬が選択肢から外されます。

本命以外による1着予想。

賭けた馬が1着になるか、除外されている本命馬が1着の場合、賭けた馬が2着になると的中になる賭けです。(William Hillで除外される馬にはW/Oと表記。本命馬のみの除外、本命馬と対抗馬の2頭を除外、3番人気までを除外といった賭け方もあります)

ブックメーカーの競馬への賭けに関するまとめ

ブックメーカーで賭けられる競馬のオッズ・対象レースの種類・Each-Wayの仕組みなどが、ここまででご理解いただけましたか?

他の野球やテニスなどのスポーツほど多彩ではありませんが、変則的な面白い切り口のオッズがいくつかあり、楽しく賭けられるのがブックメーカーの用意している競馬ベッティングの特徴です。

日本の競馬好きの方にとって、賭けた時点のオッズが有効なのも大きな魅力です。(複数買った結果、予想が当たってレース直前でオッズが下がり、最終的なトータルは損していた・・・なんて心配は無用です)

世界的に注目されるチェルトナム・フェスティバル、ドバイワールドカップ、凱旋門賞、メルボルンカップなどのレースは、世界中の競馬ファンが注目して賭けており、毎年ブックメーカー内でも大々的に取扱われます。

オッズも前から提供されるので、競走馬の参戦が発表されたらサイトの方を一度ご覧下さい。

イギリス、アイルランド、オーストラリアなど各国のレースは、ほぼ毎日のように賭けの機会があります。

そしてオッズが並んだ出馬表には、レース概要・過去の成績など情報が併記されています。

なので情報分析しながら楽しめますよ。

そもそもの話、各ブックメーカーで競馬の取扱い有無は異なります

日本語対応サイトの中でもウィリアムヒルが非常に充実しており、国際レースで特別オッズ(最近では、2018年のドバイワールドカップデーで何頭の日本馬が優勝するか?というものがありました)が発表される場合もありますので、主に競馬で賭けるなら好きなブックメーカーでアカウント登録をしておくと重宝します。

ちなみに、競馬の取り扱いが10betJapanでもありますから、アカウント登録している方は気になるレース前にチェックしてみましょう。

William Hillの詳細解説

【詳細解説】ラグビーベッティングの賭けの対象&オッズの種類について

ラグビーもブックメーカーでは賭けの対象となり、世界中のプレイヤーを魅了する市場となっています。

ラグビーと一口に言っても、ラグビー・ユニオン(Rugby Union)とラグビー・リーグ(Rugby League)というルールが異なる2つの競技があり、どちらも世界各地で普及しているからです。

ブックメーカーでは、基本的にユニオンとリーグという見出しで別々のページが設けられています。

今回は、違い・賭けの対象・オッズの種類などをわかりやすく解説していきます。

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違いについて

ラグビーユニオンとラグビーリーグの違い

基本的にラグビーユニオンとラグビーリーグは、どちらもラグビーという競技ではありますが、ルールのさまざまな部分が全く異なっています

ユニオンとリーグという違いについて歴史を紐解くと・・・理解が進みます。

ラグビーの原型は、1863年にイギリスでサッカーから分化し誕生、1871年に競技運営を統括するラグビー・フットボール・ユニオン(RFU)が発足。

そこから選手への補償や金銭面での問題などが噴出し、イギリス北部地域のラグビークラブがRFUに反発、1895年にノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン(NRFU)発足・・・という流れです。

これと同様の分裂がオーストラリアやニュージーランドでも起こり、ラグビー・リーグの起源となり、2つの競技へと別々の道へと進んでいくことになったんです。

RFUから分化したNRFUが独自ルールへと進化していったのですが、一番の方針は「ケガを減らす」ということ。

当時、多くの選手が他に仕事を持つ兼業者であったための方針であり、ラグビーリーグでは密集戦となるラックやモールやラインアウトなどが廃止されています。

しかし、形式的にスクラムは残されています。

タックル成立時もユニオンで起こるボールの奪い合いはなく、一旦プレーは止まります。

そしてタックルが6回成立すると攻守交替です。

その他にユニオンが15人でリーグは13人、フィールドの大きさなどの違いもあります。

そうして密集戦が起こらなくなった結果、ラグビー・リーグはスピーディーな展開になり、観客にとても分かりやすいスポーツとなりました。

現在、ラグビーユニオンの方がどちらかというと世界的普及率が高く(日本で言うラグビーもラグビーユニオン)、一方でラグビーリーグはイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、トンガ、パプア・ニューギニアなどの地域で人気があります。

どちらも世界中でプレーされ愛されているスポーツなため、オンラインブックメーカーにとって良い賭けの対象なんです。

ラグビーユニオンで賭けられるリーグ・大会の主なもの

主なラグビーユニオンの賭けの対象には次のようなものがあります。

ワールドカップ、シックスネイションズ、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、欧州ネイションズカップ、アジアラグビーチャンピオンシップ、ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ、スーパーラグビー、ライオンズツアー、プロ12、トップ14、プレミアシップ(イギリスのリーグ戦)

ラグビーリーグで賭けられるリーグ・大会の主なもの

主なラグビーリーグの賭けの対象には次のようなものがあります。

NRL(ナショナル・ラグビー・リーグ:オーストラリアとニュージーランドのクラブチームによるリーグ戦)、欧州スーパーリーグ、ワールドカップ、チャレンジカップ、ステート・オブ・オリジン、その他の国際試合

ブックメーカー提供のオッズの種類について

用意されているラグビーのオッズはとても多彩です。

ラグビーユニオンもラグビーリーグも大手ブックメーカーでの賭けとなると・・・1つの試合になんと100以上のオッズが用意されます。

リーグ・大会全体が対象の賭けでは、優勝予想グランドファイナル勝者予想MVP予想

グループリーグ+決勝トーナメントのフォーマットがあるワールドカップなどの国際大会が対象の賭けでは、グループ突破予想に賭けることができます。

各試合ごとが対象のオッズは、勝敗を2択予想するオッズ、引分を含む3択の予想、ハンディキャップを加えた予想、前半のみの結果予想、どちらが先に○ポイントに達するかの予想(Race to ~ Points)、点差の予想(Winning Margin)、合計スコアが奇数が偶数か(Odd/Even)など。

ちなみに上記のものは、ラグビー以外の他の野球やテニスなどのスポーツにもみられるスポーツベッティングの一般的な賭け方ですが、ラグビー限定のオッズを挙げるなら「どちらのチームが先にトライを決めるか?」「最初の得点はトライ・ドロップゴール・ペナルティのどれか?」「最初にコンバージョンを成功させるチームはどちらか?」「最初のトライは試合中何分までに決まるか?」「トライを決める選手は誰か?」「試合中のトライ数は?」「最後にトライを決めるチームはどちらか?」など。

ラグビー限定のオッズは、ゴール関連のものがいくつも用意されます。

ラグビー試合ごとに賭けられるオッズの例がこちら

ラグビーユニオンのブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズによる遠征試合に対して、William Hillにて提供されていたオッズの抜粋がこちらになります。

Match Betting
試合の勝敗予想。

ホーム勝利、引分け、アウェイ勝利の3択で予想する賭け。

80 Minutes Handicap

ハンディキャップを与えてホーム勝利、アウェイ勝利、引分け(点差がハンデの数字どおりか?)を予想する賭け。
(試合終了時のスコアに、賭けたオッズのハンデを足して結果を判断)

なお、ハンデを足した勝敗予想は、前半のみ、後半のみなどバリエーションがあります。

ハンデの数値も選択肢が用意されています。

No Draw Handicap
No Drawの名のとおり引分けの選択肢がない賭けで、ハンディキャップを加えた2択の勝敗予想。

Half Time
前半のみの結果でホーム勝利、引分け、アウェイ勝利を予想する賭け。

Double Result
前半結果と試合の最終結果を組み合わせて予想する賭け。

例えば・・・前半はホームがリードしても、最終的にアウェイが逆転勝利したら「ホーム/アウェイ」という選択肢が的中です。

前半は引分け、最終的にホームが勝った場合は、「ドロー/ホーム」が的中です。

Try Scorer Markets
誰がトライを決めるか?

選手ごとにオッズが用意されます。

先制点、最後、2点以上、3点以上などの選択肢があります。

Either Team To Win Both Halves
どちらかのチームが前半・後半ともに勝つかどうか?

YesかNoの2択予想です。

Highest Scoring Half

前半・後半でより多く得点が入るのはどちらのチームか、前半・後半・同じの3択予想する賭け。

Fist Scoring Points

先に得点するのはどちらのチームか。

それとは反対に、最後に得点するチームを予想する賭けもあります。

Total Match Points

試合中の両チーム合計の得点が何点になるかを予想する賭け。

Total Home Points
ホームチームの総得点が何点になるかを予想する賭け。

こちらにはアウェイチームのオッズもあります。

1st Half Points
前半の総得点が何点か予想する賭け。

Race To 10 Points
試合中、先に10点取るのはどちらのチームかを予想する賭け。

Total Tries
設定された数値より試合中の総トライ数が上回るか下回るかで予想するOver/Under式の賭け。

もし、Odd/EvenとあるならOdd(奇数)かEven(偶数)を予想する賭けです。

Shirts Numbers
シャツナンバーオッズは、背番号が予想対象となります。

試合中にトライを決める選手の背番号の合計がいくつになるか?設定された数値を超えるか超えないか?といった2択で予想します。

背番号対象の賭けはいくつか用意されています。

ホームチームのトライを決めた選手の背番号合計予想、アウェイチームの同オッズ、最初にトライを決めた選手の背番号が奇数か偶数かまであります。

Team of 1st Try Scorer
最初にトライを決めるのはどちらのチームの選手か、または誰もトライしないかの3択で予想します。

Time of 1st Try
最初のトライが試合開始何分までに決まるかを予想する賭け。

First Scoring Play
最初に得点が入る時のプレーがトライ・ドロップゴール・PKかを予想する賭け。

Exact Match Tries
正確に試合中の総トライ数を予想する賭け。

ホームチームのみの予想、アウェイチームのみのオッズもあります。

Position of 1st Try
どのポジションの選手が最初にトライを決めるかを予想する賭け。

フォワード・ウィングまたはフルバック・その他のバックの3択。

Will the 1st Try Be Converted?
最初のトライ後のコンバージョンキックは成功するか?

Winning Margin
何点差でどちらのチームが勝つかを予想する賭け。

選択肢がいくつか用意されます。

他にもCard Marketsという欄をみてみると、カードが何枚提示されるか、レッドカードは出るかなどの賭けもあります。

ブックメーカーのラグビーベッティングに関するまとめ

ラグビーユニオンのワールドカップは、4年に1度・・・次は2019年開催で、さらにその次は2023年開催予定です。

シックスネイションズは、毎年2~3月。

ラグビーリーグのNRLは3月開幕。

欧州スーパーリーグは2月開幕。

そして両リーグのチャンピオンは、10月開催のワールドクラブチャレンジにて対戦します。

世界中で人気があるラグビーユニオン&ラグビーリーグは、エキサイティングなスポーツであるということは同じ!

どちらか片方のみのブックメーカーはありません。

気になる大会・試合がありましたら、ブックメーカーにてチェックしてみて下さい!